ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP >

ラフレシア(XMA-01) / 機動戦士ガンダムF91 登場モビルアーマー紹介





ラフレシア
Lafressia
型式番号:XMA-01
生産形態:試作機
全高:37.5m
本体重量:184.6t
全備重量:263.7t
出力:31,650kW
推力:52,020kg×5
   43,350kg×5
   28,900kg×20
   1,054,850kg(総推力)
装甲材質:チタン合金ハイセラミック複合材
武装:葉部メガビームキャノン×5
   支部メガ粒子砲×5
   茎部拡散ビーム砲×8
   テンタクラーロッド×125
   Iフィールドジェネレーター
搭乗者:カロッゾ・ロナ
その他:アポジモーター×40(本体)


 
 ラフレシアは、CVの最高司令官カロッゾ・ロナ大将の研究課題である「ラフレシア・プロジェクト」の遂行の為に開発された試作型MAである。
対人感応殺傷兵器「バグ」と共にザムス・ガルに収容されているが、CVには登録されていない。ガンダム関連のゲームにおいてはバグを兵装として搭載しているケースが多いが、本来バグはザムス・ガルで運用される兵器である。
 
 巨大な花の形をしており、5基の花弁部と本体から構成されている。新型のネオ・サイコミュシステムを搭載し、機体の全てが直接パイロットの思考で制御されている(このネオ・サイコミュシステムは後にアナハイム・エレクトロニクス社に渡り、ネオガンダムにも搭載された)。
5基の葉部ユニット内には、各25基、計125基の攻撃用触手「テンタクラー・ロッド」を装備しており、ロッドはビーム砲とチェーンソーを内蔵している。Iフィールドジェネレーターによる防御力に加え、全身に装備されたメガ粒子砲により、圧倒的な戦闘力を有している。なお、コクピットは花の雌しべを思わせる中心部に設置されている。

 
劇中での活躍
 コスモ貴族主義の名の下での「無差別の粛正」を旨とするカロッゾ・ロナが搭乗し、地球連邦軍の援護艦隊を一瞬で壊滅させ、実子であるベラ・ロナが搭乗したビギナ・ギナを中破させる。しかしF91との戦闘では「質量を持った残像」を捉えきれず、最終的に自機のコックピット付近の残像に攻撃し、自滅という形で撃破された。
小説版では「F91が至近距離からビームランチャーを撃った」という撃破方法になっている。

 
ラフレシア・プロジェクト
 ラフレシア・プロジェクト(Lafressia Project)は、『機動戦士ガンダムF91』に登場する計画である。クロスボーン・バンガードの最高司令官、鉄仮面ことカロッゾ・ロナの研究課題、及び余剰人口抹殺計画とされている。
劇中ではバグと呼ばれる無人の殺戮兵器をコロニー内に放ち、フロンティア1の市民を虐殺した。機械による無作為の虐殺のメリットとして、劇中で「誰も良心を痛める事のない良い計画」とカロッゾが語っている。
なお、このプロジェクトはカロッゾが単独で極秘裏に進めていたもので、ザビーネ・シャル以下の他の幹部たちはおろか、ラフレシアの母艦ザムス・ガルの艦長であるジレ・クリューガーですら詳細を知らされていなかった。



『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサーサイト



ラフレシア(XMA-01) / 機動戦士ガンダムF91 登場モビルアーマー紹介





ラフレシア
Lafressia
型式番号:XMA-01
生産形態:試作機
全高:37.5m
本体重量:184.6t
全備重量:263.7t
出力:31,650kW
推力:52,020kg×5
   43,350kg×5
   28,900kg×20
   1,054,850kg(総推力)
装甲材質:チタン合金ハイセラミック複合材
武装:葉部メガビームキャノン×5
   支部メガ粒子砲×5
   茎部拡散ビーム砲×8
   テンタクラーロッド×125
   Iフィールドジェネレーター
搭乗者:カロッゾ・ロナ
その他:アポジモーター×40(本体)


 
 ラフレシアは、CVの最高司令官カロッゾ・ロナ大将の研究課題である「ラフレシア・プロジェクト」の遂行の為に開発された試作型MAである。
対人感応殺傷兵器「バグ」と共にザムス・ガルに収容されているが、CVには登録されていない。ガンダム関連のゲームにおいてはバグを兵装として搭載しているケースが多いが、本来バグはザムス・ガルで運用される兵器である。
 
 巨大な花の形をしており、5基の花弁部と本体から構成されている。新型のネオ・サイコミュシステムを搭載し、機体の全てが直接パイロットの思考で制御されている(このネオ・サイコミュシステムは後にアナハイム・エレクトロニクス社に渡り、ネオガンダムにも搭載された)。
5基の葉部ユニット内には、各25基、計125基の攻撃用触手「テンタクラー・ロッド」を装備しており、ロッドはビーム砲とチェーンソーを内蔵している。Iフィールドジェネレーターによる防御力に加え、全身に装備されたメガ粒子砲により、圧倒的な戦闘力を有している。なお、コクピットは花の雌しべを思わせる中心部に設置されている。

 
劇中での活躍
 コスモ貴族主義の名の下での「無差別の粛正」を旨とするカロッゾ・ロナが搭乗し、地球連邦軍の援護艦隊を一瞬で壊滅させ、実子であるベラ・ロナが搭乗したビギナ・ギナを中破させる。しかしF91との戦闘では「質量を持った残像」を捉えきれず、最終的に自機のコックピット付近の残像に攻撃し、自滅という形で撃破された。
小説版では「F91が至近距離からビームランチャーを撃った」という撃破方法になっている。

 
ラフレシア・プロジェクト
 ラフレシア・プロジェクト(Lafressia Project)は、『機動戦士ガンダムF91』に登場する計画である。クロスボーン・バンガードの最高司令官、鉄仮面ことカロッゾ・ロナの研究課題、及び余剰人口抹殺計画とされている。
劇中ではバグと呼ばれる無人の殺戮兵器をコロニー内に放ち、フロンティア1の市民を虐殺した。機械による無作為の虐殺のメリットとして、劇中で「誰も良心を痛める事のない良い計画」とカロッゾが語っている。
なお、このプロジェクトはカロッゾが単独で極秘裏に進めていたもので、ザビーネ・シャル以下の他の幹部たちはおろか、ラフレシアの母艦ザムス・ガルの艦長であるジレ・クリューガーですら詳細を知らされていなかった。



『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

クリスチーナ・マッケンジー / 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 登場人物紹介





クリスチーナ・マッケンジー 
Christina Mackenzie
声 - 林原めぐみ(全話に登場)
 
 地球連邦宇宙軍中尉。ニュータイプMSの開発を行っているG-4部隊のテストパイロット。愛称はクリス (Chris)。年齢は21歳。
高校卒業後の宇宙世紀0076年9月連邦宇宙軍士官学校入学。0078年に首席卒業。
在学中から戦闘機のパイロットを目指し、配属先にはエリート部隊である戦技研究団を希望、配属とほぼ同時に一年戦争勃発。新米らしからぬ操縦技術を買われて宇宙軍統合技術研究本部麾下の試験部隊に入る。その後試験部隊は再編成されG-4部隊となりアレックスの専任パイロットに抜擢された。生粋のテストパイロットではなく、本分はあくまでコンピューター技師である。
機体の調整を担当する「シューフィッター(個々人の足に合わせた靴を作る製靴職人の意味から)」として、ガンダムNT-1の調整を受け持つ。主人公アルフレッド・イズルハの幼馴染でもあり、お互い隣の家に住んでいた。容貌・性格とも正に「隣のお姉さん」と言うイメージ通りの温和な美人。しかし実は見た目と違い気が強く、責任感も強い。
 
 軍務でサイド6リボーコロニーを離れていたが、新たな軍務でガンダムNT-1と共にリボーコロニーに里帰りすることになり、アルと再会する。また、アルの家を監視に来ていたバーニィを泥棒と間違えてバットで殴り昏倒させてしまった縁で知り合いになり、互いに仄かな好意を抱くようになる。

 リボーコロニー内にてケンプファーによる連邦軍秘密工場襲撃時にガンダムNT-1を起動させる。チョバムアーマーを破壊されるが、それによって使用できるようになったガトリングガンによって辛くもケンプファーを撃破。その後弾薬の補給もままならない状況でザク改の出現に際しても出動する。仕掛けられたブービートラップとヒートホークのダメージで機体は中破するものの、ビームサーベルによりザク改を撃破する。
一年戦争が終戦を迎えた後、軍務のためサイド6を離れ、地球へ赴任する。その際、クリスはその戦死を知らないため、バーニィに対してもよろしく伝えるようにアルに頼んだ。ザク改のパイロットがバーニィであったことやアルがサイクロプス隊に関わっていたことなどは知らないままであった。

 ニュータイプ専用機として開発されたNT-1は反応が敏感過ぎるため、決して低くはない彼女の操縦技術を持ってしても、フルパワーの数分の一の出力でしか運用できなかった。リボーコロニー内での一連の戦闘によってNT-1の機体は激しく損傷、間もなく終戦を迎えたこともあり、ホワイトベース隊のアムロ・レイの元へと届けられることはなかった。かわりに、マグネット・コーティングによるガンダムの強化プランが実施されることになる。
 
OVA以外での扱い
 CD『機動戦士ガンダム・オデッセイ』では、後日談的なクリスのモノローグ(アル宛ての手紙という形式)の中で「自分は軍を辞めるかもしれない」と語っていた。
 
 OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』では、第7話の中盤(AE本社の森林浴施設を写したカット)ごろ、クリスに似たアナハイム社員が登場している。ただし、これは製作スタッフによるファンサービスであり、同一人物であるという確証はない。故に単なる「そっくりさん」とする見方もある。

 アナザーストーリーにあたるゲームブック『機動戦士ガンダム0080 消えたガンダムNT』では、主人公としてOVA本編以上にMSパイロットらしい大活躍をみせる。サイド6に漂着した記憶喪失のスレッガー・ロウやテム・レイらと出会い、展開次第ではシャア・アズナブル、ジョニー・ライデンらとも対面する。


【注目!!】
<<本気で恋をしたい男性はコチラ>>



にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム