ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > 機動武闘伝Gガンダム

マスターガンダム / 機動武闘伝Gガンダム 登場モビルファイター紹介




 
マスターガンダムは、テレビアニメ『機動武闘伝Gガンダム』に登場する兵器。
第13回ガンダムファイトで東方不敗マスター・アジアが搭乗するネオホンコン代表モビルファイター (MF)(大会登録番号:GF13-001NHII (注:番号末尾の「II」はローマ数字の2である))。
 
機体解説
マスターガンダム
MASTER GUNDAM
登録番号 GF13-001NHII
所属 ネオホンコン
開発 不明
全高 16.7m
重量 7.2t
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタル・ハイブリッド多層材
DG細胞
武装 マスタークロス
ディスタントクラッシャー
ニアクラッシャー
必殺技 ダークネスフィンガー
ダークネスショット
酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ
十二王方牌大車併
超級覇王電影弾
帰山笑紅塵
石破天驚拳 他
搭乗者 東方不敗マスター・アジア
 
手続き上は東方不敗マスター・アジアがクーロンガンダムから乗り換えた機体である。しかしその詳細は謎に包まれており、事実上詳細を知るのは東方不敗本人とネオホンコン首相ウォン・ユンファのみである。
この機体にはかつて東方不敗が搭乗したMFと幾つかの共通項または類似点が存在し、一般的にクーロンガンダムがDG細胞で変異した機体といわれている。元々クーロンガンダム自体、東方不敗がかつて搭乗していたシャッフル・ハートの残骸から組み上げられた機体といわれており、以前の特徴がDG細胞により復活したものと考えられているが、実際には四天王の機体は全て、オリジナルとは無縁でDG細胞がオリジナルに擬態している。
機体装甲はDG細胞で構成されているが、東方不敗の強靭な精神力によって完全に制御され、自己増殖や自己進化を遂げる事は無く、機体修復のみに活かされていた。
また、一般的にMFの搭乗者はファイティングスーツと呼ばれるナノマシンが織り込まれた素材で作られた専用パイロットスーツを装着するが、東方不敗は、自身の嗜好により初期のガンダムファイトで使用されていた通常の服にファイティングスーツの機能が組み込まれた服を着用している。初期の技術とはいえ、東方不敗の動きが完璧に機体にトレースされており、各国の査察団による検査でもレギュレーション違反の疑いは皆無であった。
グランドマスターガンダムにはマスターガンダムの上半身のコピーが流用されている。
 
武装解説
 マスタークロス
ビームで生成された伸縮自在の布状の武器。ビームサーベルと同様に切断能力を有する他、相手を絡めとることができる。モビルトレースシステムによってコクピット内の東方不敗の腰布と連動する。
 ニアクラッシャー
肘から先を伸縮させて手刀を叩き込む武器。
 ディスタントクラッシャー
肘から先を有線式で射出して手刀を叩き込む武器。
 シールド
背面に二基装備された防御用装備。シールドをマント状に展開して全身を覆った状態をノーマルモード、
ウイングとして背中に折り畳んだ状態をアタックモードと呼ぶ。
 
デザイン
デザインはカトキハジメが担当した。なおバンダイからプラモデル化される際、設計担当者がシールドの変形ギミックに悩んでいた所、カトキが「こうすれば変形できますよ」と描いた図案を元に設計したら難なく変形できたという逸話がある。この事が後にガンプラの「マスターグレード(MG)」シリーズなどのデザインにカトキが起用される一因となっている。
なお、MG化の際は新たなリファイン画稿は起こされず、アニメ用の設定画をそのまま使用している。アクション重視の為、シールドは小さく造形され変形機構はオミットされている。その代わり、旧1/100シリーズのプラモデルのシールドパーツがそのまま流用できるようになっていて、これを利用すればシールドの変形機構を再現出来る。HGFC化の際は初キット化となる風雲再起とのセットとなり、シールドの変形も再現されている。右側のシールドのみ可動し、シールドから右腕を出した状態も再現することができる。
本編準備稿段階の仮名称は「中堅幹部ガンダム」であった。
黒いボディに2本の特徴的な角と、監督の今川お気に入りの『鉄人28号』に登場したブラックオックスの意匠が組み込まれている。
デビルガンダムの一部として繰り出されるガンダムヘッドは、マスターガンダムの頭部から2本角を取り去った状態と共通の意匠をもっている。
 
劇中での活躍
第13回ガンダムファイト開催期間中、東京の旧新宿地区にて始めて姿を現わす。東方不敗の愛機として、その弟子のドモン・カッシュを始めとする新生シャッフル同盟の前に立ちはだかり、強敵として幾度となく苦しめたが、ランタオ島での決戦においてゴッドガンダムの石破天驚ゴッドフィンガーの前に敗れた。既に病魔に侵され自身の死期を悟っていた東方不敗は、自分を超えた弟子の成長を喜び、その腕に抱かれ安らかに息を引き取った。
 
マスターガンダム(レプリカ)
ゲーム『スーパーロボット大戦R』に登場するマスターガンダム。
ゲーム中、『Gガンダム』は原作終了後の扱いでデビルガンダム事件は解決し(とある事情でデビルガンダムそのものは復活登場するが)、東方不敗も死亡したことになっているため、オリジナルのマスターガンダムは存在しない。そのため、完全復活した東方不敗の搭乗機としてレインが新たに用意した機体が本機である。
武装や外観はオリジナルのマスターガンダムとほぼ同じものが再現され、東方不敗の気力が高まると機体が金色に光り輝く能力も再現されている。しかしDG細胞で構築された機体ではないため自己修復能力を持たず、性能もオリジナルに比べ劣っているとレインが語っているが、東方不敗は自身の腕で性能低下をカバーしてみせると一蹴。オリジナル機に引けを取らない戦闘能力を発揮した。
 

【あなたの悩みを解決する方法】

「もっとお金が欲しい」「彼女が欲しい」
「コンプレックスがある」「家庭がうまくいってない」
「あの情報が知りたいけどコネがない」


そんなあなたにオススメなのが
日本最大の情報ポータルサイト
サクラ通信

1万点以上の情報を集約した日本最大の情報量!!
きっとあなたの悩みを解決する情報が見つかります。


サクラ通信公式サイトはコチラ






にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサーサイト

東方不敗マスターアジア / 機動武闘伝Gガンダム 登場人物紹介




東方不敗マスターアジア(とうほうふはい マスターアジア)は、アニメ『機動武闘伝Gガンダム』に登場する人物。本名はシュウジ・クロス(声:秋元羊介)。
 
人物紹介
生年月日:F.C10年2月22日
年齢:49歳
身長:193cm
体重:80kg
血液型:AB型
星座:魚座
趣味:AB型
特技:流派東方不敗、四川料理、詩歌
 
概要
主人公ドモン・カッシュの師匠であり、中盤以降のライバル、出身地球(ネオ・ホンコン)。年齢は49歳と、ガンダムシリーズのライバルキャラクターとしては最年長である。
流派東方不敗という拳法の流派を完成させた武道の達人で、その拳法の冴えは生身の体と腰布のみでモビルスーツを粉々に破壊するほどである。また、シャッフル同盟の一員であり、“キング・オブ・ハート”の称号を持つ(この称号は後にドモンに譲られた)。第12回大会では、ネオイングランドの3連覇による銃火器重視の風潮から、健全な格闘戦への回帰を目指し、ネオホンコン代表として参戦。優勝しネオホンコンに覇権をもたらした。第13回大会にも前回優勝者として引き続き出場している。
“東方不敗”は異名であり、正式名称はマスター・アジアである。番組テロップもマスター・アジア名義で表記されており、東方不敗は企画時の仮名称が本編でも残ったものである。本放送当時のムックなどでも名称は統一されているが、『スーパーロボット大戦シリーズ』などのゲーム作品では、東方不敗が通称として表記されることもある。また、名称の由来は武侠小説『笑傲江湖』に登場するキャラクター東方不敗であり、初登場時は映画『スウォーズマン/女神伝説の章』の東方不敗役のブリジット・リンを模倣したシチュエーションを披露した。
また、マスター・アジアの若い頃を描いた漫画『機動武闘外伝ガンダムファイト7th』では、本名はシュウジ・クロスでネオジャパン所属の日本人としている。ネオジャパン代表ファイターとして第7回ガンダムファイトに挑む(搭乗機はヤマトガンダム)が、その最中Dr.カオスの陰謀を知り、その企てをつぶすために奔走することとなった。なおこの作品において彼は当大会優勝者であるウォルフ・ハインリッヒの駆るカイザーガンダムの前に完敗している。「ガンダムエース」誌掲載の紹介文によれば、その後決勝戦を放棄したことによりネオジャパンを放逐され、ネオホンコンにたどり着いたとされる。
 
師弟関係
ドモン・カッシュに幼い頃から拳法を仕込んだ師匠である。出会いはドモンが8歳の頃。自分の置かれている環境に疑問を持ち家出をしたドモンは、武器密輸船に潜りこんでコロニーを出ようとするが、密輸船の乗員に捕まってしまう。そこに偶々潜入していた東方不敗に助けられ、その強さに憧れ弟子入りするに至る。
 
思想
第12回大会で地球の自然の惨状を見てきた彼は、後にはデビルガンダムと遭遇し、強靭な精神力でDG細胞の感染を跳ね除けるが、地球浄化に共感してそれに協力。全ての環境汚染の原因は人間であるとして、これを地球上から排除せんとする。そのため、それを阻止しようとするドモンの前に敵として立ちはだかる。東方不敗自身の肉体は病に冒されており、デビルガンダムの能力を引き出すための生体ユニットとしては不適であったため、東方不敗は、傷ついたキョウジの代わりの生体ユニットとして、最高のガンダムファイターであるドモンを使おうと考えていた。なお、東方不敗が患っていた病の詳細は不明であるが、時折咳き込む場面が劇中にある。
 
劇中での活躍
第12話「その名は東方不敗!マスター・アジア見参」において初登場。生身でデスアーミー軍団を薙ぎ倒して登場を果たした。その後も流派・東方不敗を駆使し、ドモン達の前に幾度となく壁として立ちはだかる。第13回決勝大会開会式において、優勝した暁には「東西南北中央不敗・スーパーアジア」に改名すると宣言。しかし、第45話「さらば師匠!マスター・アジア、暁に死す」において、決勝のバトルロイヤルにおいて弟子のドモンとの石破天驚拳の壮絶な撃ち合いの末、石破天驚ゴッドフィンガーを浴びて敗北。とどめの一撃を食らう間際には、成長した弟子の姿に安堵を見せ、「本物のキングオブハート」として認めた。
戦闘後、虫の息でありながらもまだ生存しているところを発見される。抹殺しようとした人間もまた自然の一部だと言う答えを認め、その切っ掛けを与えてくれたドモンに感謝した。そして、後を若者たちに託し、ドモンに看取られ息を引き取る。その後も苦悩するドモンの前に幻影として現れ、キョウジらと共にドモンを叱咤激励している。『機動武闘伝Gガンダム』の武侠的な世界観を体現した人物であり、数多くの強烈な台詞回しと「濃い」キャラクター性を有している。
 
搭乗機
GF7-013NJ ヤマトガンダム
シャッフル・ハート
GF12-035NH (GF13-001NH) クーロンガンダム
GF13-001NHII マスターガンダム
 
テーマソング
 男道、獣道/マスターアジアの恨み節
作詞 - 安藤芳彦、作曲・編曲 - 兼崎順一、歌 - 秋元羊介
 ステ犬のブルース
作詞 - 安藤芳彦、作曲・編曲 - 保刈久明、歌 - 関智一、天野由梨、秋元羊介
 
その他
CDドラマ「世界高達骨牌拳」ではドモン達を映画館に招待。映画館の係員を務めていたが、ドモン達のマナーの悪さや映画館の環境の悪さに辟易し愚痴を言ったり、映画の自分にブーイングした際は、名乗り上げるよう怒鳴るなどコミカルな面が多い。最後はエンディングの最中勝手に帰ろうとするドモンと小競り合いじみた闘いの末、ドモンがゴッドガンダムを呼んだために映画館が倒壊し、弁償させられる羽目になってしまう。
ゲーム『ガンダム無双』では、ドモンと共にゲスト出演。主にヒイロ・ユイと行動を共にする他、東方不敗自身のシナリオではジェリド・メサをはじめとするティターンズと共闘する場面が多い。また、ヒイロでシナリオを進めると才能を見込んで、奥義である石破天驚拳を伝授するために勝負を挑む展開もある。『ガンダム無双2』のシナリオでは、ガンダムパイロット達や女性パイロットに対し、戦いや武闘家の心構えを教えようとドモンと共に奔走する。特にキラ・ヤマトとアスラン・ザラに対しては兵器の力に頼りすぎることで敵に敬意を払えなくなるという考えを二度の戦闘で拳を通じて教え込む。
ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』では、条件を満たせば仲間に加わる展開が用意される事が多い。特に『スーパーロボット大戦R』では、デュミナスによって死後にDG細胞を植え付けられ復活、デビルガンダムの生体コアとして登場する。条件を満たすとゲッター線によってDG細胞が取り除かれて完全復活、自軍に参入する。また『新スーパーロボット大戦』では、正体が異星人というオリジナル設定で登場した。
コスパのラジオCMにドモンと共に登場している。音泉の番組内などで聴ける。
 
流派東方不敗
流派東方不敗は、アニメ『機動武闘伝Gガンダム』に登場する架空の流派である。
漫画版では天と地の霊気を父母とし、天地自然の大いなる力をうけて生まれた拳法。小説版によると釈尊を護るためにその弟子達が編み出したインド拳法の流れを汲む流派である。それ故に感情の赴くままの破壊を禁じている。精神の力をもって肉体の限界を超越することを基本としていると思われる。その歴史については諸説あり謎も多い。源流にあるインド拳法から数えてのものか、マスターアジアをして「中興の祖」と称している場合もある。マスターアジアの他には弟子であるドモン・カッシュ、またその弟子のユウゴ・カガミが体得している。ときた洸一の4コマ漫画『がんばれ!ドモンくん』では愛馬である風雲再起も会得しているらしい。流派東方不敗の人間同士が出会った際は、「流派東方不敗は 王者の風よ 全新系列 天破侠乱 見よ!東方は赤く燃えている!!」という漢詩を訓読しつつ互いの拳を合わせた挨拶をする。
ちなみに『機動武闘伝Gガンダム』のLD版に付属した今川泰宏監督のインタヴューによると、演出上の事情から『特定の型を持たずに自在に変化する無形の流派』という設定になったとの事。
また、流派東方不敗では格闘術以外にも、兵法や武器の作成法などの戦になった際に活用され役に立つ技術または戦術を教えのひとつとして伝えている。
ここでは便宜上ドモン・カッシュの持ち技も説明する。
 
主な技
 王家・索命陰霊拳(おうけ・さめいいんれいけん)
 超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)
 超級覇王聴演舞(ちょうきゅうはおうちょうえんぶ)
 劔覇千王気炎弾(けんはせんおうきえんだん)
「B-CLUB」誌 vol.110に掲載された東方不敗インタビューにおいて明らかとなった技。TV本編には登場しないが、ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズにおいて生身の東方不敗が繰り出す突きの連打としてヴィジュアル化された。またシンジュクシティでゾンビ兵を燃やした技が劔覇千王気炎弾であるという説がある。
 
掌法(フィンガー系)
 光輝唸掌(こうきおんしょう)
島本和彦の漫画「超級!機動武闘伝Gガンダム」の第一話でドモンが生身で使用している気を込めた掌打。
流派東方不敗の基本技の一つ。
 灼熱サンシャインフィンガー
第7回大会でヤマトガンダムが使用した必殺技。
 ハートフルフィンガー
シャッフル・ハートに乗った際に放つ技。
 クーロンフィンガー
クーロンガンダムに乗った際に放つ技。
 ダークネスフィンガー
シャッフル・ハート、クーロンガンダム、マスターガンダムの必殺技の一つ。シャイニングガンダムの「シャイニングフィンガー」や、ゴッドガンダムの「爆熱ゴッドフィンガー」に酷似した技。威力はシャイニングフィンガーを凌駕し、ゴッドガンダムのゴッドフィンガーに匹敵する。使用時に掌が黒く輝くが、前述の2機と同じく液体金属によるものか、それとも別のものであるかは不明である。気を纏った手刀で突き刺す性質や手刀で相手を突いた後に掌底打に変化したり、さらに相手を握り潰す攻撃に変化したりもする。
 ダークネスフィンガーショット
ダークネスフィンガーで気を練りその気を相手に放つ。下のダークネスショットとは別の技。
 ダークネスショット
マスターガンダムの技。ダークネスフィンガーの応用技。掌に五つ並んだ小口径ビーム砲門からダークネスフィンガーのエネルギーを気弾にして撃ち出す。
 ディスタントクラッシャー
マスターガンダムの腕部特性を用いた技。伸縮可能な前腕部で相手を貫くのがニアクラッシャー、それを前腕部ごと射出して相手を貫くのがディスタントクラッシャーである。分離した腕部はビームワイヤーで本体と接続されているため、即座に引き戻すことが出来る。
 シャイニングフィンガー(小説版)
小説版では東方不敗がドモンに授けた技のひとつ。ガンダムに乗らずとも生身で使用可能な技として描かれている。掌底打として機能もするが三本の指先に「気」を集中して相手の額に放つ事で、脳神経を麻痺させる事ができるのが本来の技の性質である。また、気弾を放つ事も可能である。力技でそのまま相手の額を突き破り殺傷する事も可能だが、釈尊を護るための拳法に由来する流派東方不敗ではそれを禁じ手としている。シャイニングガンダムのシャイニングフィンガーの特性はシャイニングガンダムの項目で説明。
 
刀類を使用する技
 シャイニングフィンガーソード
刀に気を送り気のか大きい刀をつくり相手に斬りつける。
 ゴッドスラッシュタイフーン
二刀をそれぞれの両手に持ち回転し竜巻を起こしながら斬る技である。
 
布類を使用する技
いずれも東方不敗が得意とする布を用いた攻撃を、布状のビームを用いてモビルファイターで再現する。なお、弟子であるドモン・カッシュはガンダムファイトでは布を用いた攻撃を使用していないが、第28話においては自分のハチマキでキラル・メキレルのゴーグルを破壊する技を見せている。
 ハートクロス
シャッフル・ハートに乗った際に放つ技。
 クーロンクロス
クーロンガンダムに乗った際に放つ技。
 マスタークロス
マスターガンダムに乗った際に放つ技。
 アンダーマスタークロス
スーパーファミコン用ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』に登場する必殺技。
 電撃布(エレクトリッククロス)
スーパーファミコン用ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』に登場する必殺技。相手を縛り上げ、電撃の様な気を流し衝撃を与える。
 回転布
ゲーム『SUNRISE WORLD WAR from サンライズ英雄譚』にて生身で使用した技。布で輪を作り、その中を走ることで高速で敵陣を駆け抜ける技。
 
脚技系
 背転脚
スーパーファミコン用ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』に登場する必殺技。
 ニアクラッシャー
スーパーファミコン用ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』に登場する必殺技。
 
主な奥義
 十二王方牌大車併(じゅうにおうほうぱいだいしゃへい)
掌を前面に突き出し、大きく円を描くように動かしながら梵字を出現させ、そこから気で使用者の小型の分身を多数作り出し、対象に攻撃を仕掛ける。劇中では秘技とされている。攻撃後、分身を帰還させる「帰山笑紅塵(きざんしょうこうじん)」を使用する事で、気の消費を抑えることができる。なお『ガンダム無双』では、分身技としても使用されている。その際はゴッドガンダムの技である分身殺法・ゴッドシャドーと性質は似ている。
ゲーム『スーパーロボット大戦F』など一部の同シリーズ作品では「十二王方牌大車輪(じゅうにおうほうはいだいしゃりん)」(表記、音声)となっている。
 十二王方牌(じゅうにおうほうはい)
スーパーファミコン用ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』に登場する必殺技。通常技を十数発相手に叩き込んだ後に十二王方牌大車併を相手に放つ。技名の十二王方牌に大車併や大車輪などの言葉は付かない。
 超級覇王日輪弾(ちょうきゅうはおうにちりんだん)
掌から放つ高熱気弾。相手をガンダムごと蒸発させてしまうほどの威力を持つ。若き日のシュウジ・クロスにとって、石破天驚拳の完成以前はこの技が彼の一番の最強の技だったという。
 超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)
超級覇王日輪弾は気を放つ技であるが、超級覇王電影弾は使用者の頭部以外の全身を気弾で渦巻き状に包み、頭から敵陣を突き抜け、多数を攻撃する。東方不敗が使用した場合、最後に「爆発!」の掛け声と合わせ、一気に粉砕する。
実は2人の体得者による合体技としても使用可能な技である。その場合は1人がエネルギーを纏った砲弾となり、もう1人はその砲弾に自分のエネルギーを与えながら撃ち出す役目をする。使用する際に搭乗者の頭部が出てくる。初めて使用した際には無尽蔵に現れたデスアーミーを一掃している。
 酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ(すいぶ さいげんこうこデッドリーウェイブ)
気の波動を発しながら対象に突撃し、「爆発!」の掛け声と共に粉砕する。気の波動は残像のように動きの軌跡を見せる。もともとはTVシリーズ放送中に発売されたスーパーファミコン用ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』に登場するオリジナル技「デッドリーウェイブ」だったが、本編においてこの名で正式に採用されたという経緯を持つ。
 ゴッドウェイブ
スーパーファミコン用ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』に登場する必殺技。ゴッドガンダムに乗るドモンが使用する技で「デッドリーウェイブ」のゴッドガンダム版といった扱い。
 石破天驚拳(せきはてんきょうけん)
流派東方不敗が最終奥義。天然自然の力を借り、それを拳の形の気功弾として撃ち出す。生身での使用時は手のひらの真ん中に「驚」の字がある巨大な張り手のような形となる。漫画版ではドモンが生身で放ち、デビルガンダムが生み出したガンダムヘッドを破壊している。『スーパーロボット大戦R』では東方不敗の生存フラグを満たせなかった場合、「ゾンビ兵のような人々に害を為す存在になりたくない」という東方不敗の頼みに応じたドモンが生身で放ち、師を完全に葬り去る。
 石破天驚ゴッドフィンガー
ドモンが東方不敗との最後の戦いの際に放ったドモンが編み出した新必殺技である。石破天驚拳は拳の形の気功弾を打ち出すが、その気功弾を巨大な掌に変化させて握り潰し燃やす。ドモンの師匠超えの技である。
 石破ラブラブ天驚拳
ドモン・カッシュとレイン・ミカムラによる合体技。二人分の石破天驚拳の気功弾が合わさった技である。そのエネルギーは、キング・オブ・ハートの紋章に宿る力強い王の姿を成し、デビルガンダムにハート型の風穴を開けた。
 
その他の技
 究極石破天驚拳/石破究極天驚拳
ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』に登場する必殺技。東方不敗とドモンが同時に石破天驚拳を繰り出す合体攻撃。『スーパーロボット大戦F完結編』で初登場。その後も各作品で登場している。名称とは異なり呼称は「石破究極天驚拳」の流れである。掛け声は「今こそ!流派東方不敗が最終奥義!」。合体攻撃として登場したのは『スーパーロボット大戦A』からで、『スーパーロボット大戦A PORTABLE』では、原作第45話の石破天驚拳撃ち合いシーンを再現し、両者の石破天驚拳で敵を叩き潰す。いずれの作品でも、「東方不敗・王者之風」の書き割りが入る演出がある。
 ダブルダークネスフィンガー(爆熱究極拳)
『スーパーロボット大戦IMPACT』に登場する必殺技。東方不敗とドモンがダークネスフィンガーとゴッドフィンガーを同時に繰り出す合体攻撃。掛け声は「我らのこの手が真っ赤に燃える!悪を倒せと轟き叫ぶ!」。『スーパーロボット大戦A』などでは爆熱究極拳、『スーパーロボット大戦R』ではダークネス・ゴッドフィンガーという名称で使用された。
 シャッフル同盟拳
新生シャッフル同盟全員の力を結集して放つ石破天驚拳。グランドマスターガンダムを消滅させた。
 風雲烈火
『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場する必殺技。敵の周囲を風雲再起と共に高速回転した後、2体がかりで敵に猛烈な高速打撃を浴びせる技。
 
流派東方不敗の兵法
 東方不敗・八卦の陣(とうほうふはい はっけのじん)
第17話において、東方不敗がドモン・カッシュを罠に陥れる際に使用。
 
流派東方不敗の作成武器
 聖なる爆弾
CDドラマ「爆熱! 世界高達骨牌拳」中の劇中劇において東方不敗が使用。


【あなたの悩みを解決する方法】

「もっとお金が欲しい」「彼女が欲しい」
「コンプレックスがある」「家庭がうまくいってない」
「あの情報が知りたいけどコネがない」


そんなあなたにオススメなのが
日本最大の情報ポータルサイト
サクラ通信

1万点以上の情報を集約した日本最大の情報量!!
きっとあなたの悩みを解決する情報が見つかります。


サクラ通信公式サイトはコチラ





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

ゴッドガンダム(Gガンダム) / 機動武闘伝Gガンダム 登場モビルファイター紹介





ゴッドガンダムは、テレビアニメ『機動武闘伝Gガンダム』に登場する兵器。
第13回ガンダムファイト後半戦より、主人公ドモン・カッシュが搭乗するネオジャパン代表モビルファイター (MF)(大会登録番号:GF13-017NJ II (注:番号末尾の「II」はローマ数字の2である))。
メカニックデザインは大河原邦男が担当。
 
機体解説
ゴッドガンダム(Gガンダム)
GOD GUNDAM (G-GUNDAM)
登録番号 GF13-017NJ II
全高 16.6m
重量 7.5t
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタル・ハイブリッド多層材
武装 ゴッドスラッシュ(ビームソード)×2
バルカン砲×4
マシンキャノン×2
必殺技 爆熱ゴッドフィンガー
爆熱ゴッドスラッシュ
石破天驚拳
石破天驚ゴッドフィンガー 他
搭乗者 ドモン・カッシュ
 
11ヶ月にも及ぶ予選「サバイバルイレブン」を戦い抜き、満身創痍となったシャイニングガンダムに替わる機体として、ミカムラ博士がほぼ独力で開発した最新鋭MF。
外観は無骨な鎧武者をモチーフとしたシャイニングガンダムに対し、仏像を思わせる流麗なラインが特徴的である。背部には六枚の羽状のエネルギー発生装置を持ち、正面からみて展開時の位置で左上、右上、左、右、左下、右下の順にそれぞれ夢、幻、泡、影、露、電という銘を持つ。これは金剛般若経の 一切有為法 如夢幻泡影 如露亦如電 応作如是観 からとられている。
その性能はノーマルモードですらシャイニングガンダムのスーパーモードに匹敵する。さらに搭乗者であるドモン・カッシュがギアナ高地での修行で体得した明鏡止水の境地の心でより強力な「ハイパーモード」へと進化。シャイニングフィンガーを発展させた「爆熱ゴッドフィンガー」など、シャイニングガンダムの技はより強化された形で反映されている。
 ハイパー・モード
搭乗者のドモン・カッシュがギアナ高地の修行で体得した、明鏡止水の心境に感情システムが反応し、発動する。ハイパーモード時は、背部のエネルギー発生装置が展開して日輪のような光の輪を発し、胸部中央の装甲が展開して内部のエネルギーマルチプライヤーが露出、キング・オブ・ハートの紋章が浮かび上がり、ノーマルモードの1.3倍、シャイニングガンダムの2倍の性能を発揮する。
 明鏡止水(めいきょうしすい)
搭乗者であるドモン・カッシュが真の明鏡止水の境地に達することで発現し、機体が黄金色に輝く。最初は、ギアナ高地に出現したデビルガンダムとの戦闘中に、怒りで戦おうとするドモンをシュバルツが庇って重傷を負ったことにより、己の未熟を認識したドモンが明鏡止水の境地に到達し、シャイニングガンダムに発現した。
この状態はゴッドガンダムだけでなく、シャッフル同盟のファイターの搭乗機、およびマスターガンダムにも発現が見られ、機体に搭載されているシステムではなく、搭乗者の明鏡止水の境地、人機一体の境地の体現である。
必殺技
 爆熱ゴッドフィンガー
ハイパーモード時のみ使用可能。背面ジェネレーターで増幅されたエネルギーを掌に集め、一気に放出する。敵機に直接接触し高熱で装甲を融解させる、火球を打ち出すなどのバリエーションがある。発動時は前腕カバー「ゴッドフィンガープロテクター」(資料によっては「Gナックル」とも)が手の甲を覆う様に展開し、エネルギーロスを最小限に抑えつつ確実に攻撃対象を破壊する。
敵機に直接接触している時は、掴んだまま敵機を斜め上に持ち上げ、「ヒートエンド!」の声とともに爆破して止めとする。
前向上は「俺のこの手が真っ赤に燃える、勝利をつかめと轟き叫ぶ」であり、ほかの技にも引用されることも多い。
なお、劇中にて幾度となく使用されているが、この技を打ち破ったのはドラゴンガンダムの放つ「真・流星胡蝶剣」のみである。
基本的に右手から放つ技であるが、右腕負傷のため、左手に移し変えて放ったこともある。
「爆熱」の部分の叫びは通常長く叫ぶが、これは通常の叫びでは画面の尺に比べて台詞が足らないため、ドモン役の関智一が長く叫ぶことにより調節。この試みが功を奏し、台本にも「ばぁぁぁく熱」と書かれるようになったという逸話がある。
 爆熱ゴッドスラッシュ
マンダラガンダム戦で使用。背面ジェネレーターで増幅されたエネルギーをゴッドスラッシュ(ビームソード)に集中させ破壊力を高める。このため、放出技である爆熱ゴッドフィンガーに比べ消費エネルギーが少く済む。
 石破天驚拳(せきはてんきょうけん)
ホンコンシティの廃墟で東方不敗より伝授された流派東方不敗の最終奥義。ゴッドフィンガーのエネルギーを圧縮した火球を両手で撃ち出す。
 石破天驚ゴッドフィンガー(せきはてんきょうゴッドフィンガー)
石破天驚拳の応用技。石破天驚拳のエネルギーを片手に集め、巨大な掌状のエネルギーを打ち出し、その手で敵機を掴みヒートエンドとの掛け声とともに握りつぶす。ガンダムファイト決勝戦にて東方不敗マスター・アジアが駆るマスターガンダムを破った技。
 シャッフル同盟拳(シャッフルどうめいけん)
シャッフル同盟5人の力を合わせた合体技。グランドマスターガンダムを消滅させた。
漫画版での名称は爆熱石破天驚拳シャッフルアタック。
 石破ラブラブ天驚拳(せきはラブラブてんきょうけん)
石破天驚拳をドモンとレインが2人で放つ技。モビルトレースシステムの性質である搭乗者の動作を機体にフィードバックする性質と、ハイパーモードの搭乗者の気を機体にフィードバックする性質を最大限に発揮。2人分の気が機体にフィードバックされた結果、さらに威力が高められている。使用に伴いキング・オブ・ハートの紋章から初代キング・オブ・ハートが出現し、ハート形のビームで敵機を貫通する。
なお、作中ではゴッドガンダムのコクピットにドモンとレインの2人が乗り込んで行う技であったが、『スーパーロボット大戦シリーズ』では、レインの乗るライジングガンダム(一部作品ではレイン用に改修されたシャイニングガンダム)との合体攻撃という形で登場している。
 究極石破天驚拳(きゅうきょくせきはてんきょうけん)
『スーパーロボット大戦F完結編』で初登場。石破天驚拳をドモンと東方不敗の2人で放つ技。東方不敗が味方に加わっている場合、石破ラブラブ天驚拳の代わりに使用される。こちらにも初代キング・オブ・ハートが出現する。ただし呼称する時は、「石破究極天驚拳」となる。後の作品にも東方不敗との合体攻撃として登場する。なお、2人で1つの石破天驚拳を放つバージョンの他、本編でドモンと東方不敗の最後の戦いで石破天驚拳を撃ち合った場面を再現して敵を石破天驚拳で挟み撃ちにするバージョンがある(止めの際に石破天驚ゴッドフィンガーの要領で殴り潰すのだが、この時はマスターガンダムも石破天驚ゴッドフィンガーに酷似した技を使う)。
 ゴッドスラッシュ・タイフーン
ゴッドスラッシュの出力を上げ、構えた状態で独楽の様に高速回転する攻防一体の技。ガンダムローズのローゼスハリケーンを受けた際に、包囲しているローゼスビットを破壊するために用いられた。また、デビルガンダムとの戦いのとき一度だけ、二刀流でこの技を使用しようとしたが、防がれてしまう。一部のゲームではビームサーベルを二刀流で構え、機体を回転させ竜巻状となる。
 超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)
流派東方不敗の奥義。自身の体を気の渦として、エネルギーの塊となり相手に突進する。その際、渦の中心には搭乗者の顔が現れる。師弟対決では単体同士で互いに撃ち合ったが、技を会得している者同士であれば新宿でデスアーミーの大群を撃破した時のように合体技としての使用も可能である。初出は後者のやり方である。
PS2のゲーム『Another Century`s Episode 2』、『Another Century's Episode 3 THE FINAL』に登場する。2では、ゴッドガンダムが単体で放つ。3ではマスターガンダムも使用できる。3のコンビネーションアタックではマスターガンダムをゴッドガンダムが押す技である。
 分身殺法・ゴッドシャドー
チボデーの「豪熱マシンガンパンチ」に対抗するために編み出された技。チボデーの豪熱マシンガンパンチを10体のガンダムになって受け止めた。
後に『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』に登場した際は、最大4体の分身を出現させ、分身1体につき射撃攻撃を1発無効化する防御技となっている。ただし、分身の間に当たると一発しか防げない。
 ゴッドフィールド・ダッシュ
背部ブースターの推進力で一気に加速し、相手に突撃する技。本編ではボルトガンダムのガイアクラッシャーの弱点を見切ったドモンがボルトガンダムの脚部を破壊する為に使った。フィールドの全エネルギーが加速に使用されるため、高い突進力を発揮する。
 トリプルガイアクラッシャー
ドラゴンガンダム、ボルトガンダムと一緒に打つ技。東方不敗の元に向かうための道を作った。
 ゴッドストライク
本編でその名は登場せず、スーパーファミコン用格闘ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』由来の技。『スーパーロボット大戦シリーズ』では、シャイニングストライク同様技名として使用されていた。
 ゴッドライジング
スーパーファミコン版に登場するオリジナル技。拳にエネルギーを帯びて放つアッパー。
 ゴッドウェイブ
スーパーファミコン版に登場するオリジナル技。ゲーム中ではマスターガンダムが使用する技「デッドリーウェイブ」のゴッドガンダム版といった扱い。
 ハイパーゴッドフィンガー
スーパーファミコン版に登場するオリジナル技。両手で交互にゴッドフィンガーを放つ。
 ダブルゴッドフィンガー
ノーベルガンダムとのタッグ結成時に繰り出した2機による合体技。この他に『スーパーロボット大戦シリーズ』では、シャイニングガンダムとの「ダブルシャイニングフィンガー」、「ラブラブゴッドフィンガー」。マスターガンダムとの「ダブルダークネスフィンガー」、「ダークネス・ゴッドフィンガー」「爆熱!究極拳」なども披露している。
 バーニングゴッドバスター
漫画版に登場。読者投稿によって生み出されたもので、腕から炎を飛ばす。
 風雲烈火
『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場。敵の周囲を風雲再起と共にものすごい速さで回った後、猛烈な打撃(こちらも風雲再起と共に)を浴びせる技。
 ユニコーンヘッド
『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場。風雲再起に乗って敵に突進し、モビルホースの角で敵を貫く。マスターガンダムも同じ技を使う。
 
劇中での活躍
シャイニングガンダムに替わりガンダムファイト決勝戦に投入され、シャッフル同盟の仲間やシュバルツ・ブルーダーとのリーグ戦を戦い、予告通り全勝という成績を残す。その後ランタオ島でのバトルロイヤルでは、ガンダム四天王を伴って出現したデビルガンダムを倒し、さらに東方不敗との最終決戦でも勝利。大会優勝を果たし、「ガンダム・ザ・ガンダム」の称号を手にする。大会後は、復活したデビルガンダムの撃破にも大きく貢献する。
 
デザイン
デザインを担当した大河原は、シャイニングガンダムと同じ鎧武者や歌舞伎役者の意匠に加え、カブトムシのイメージも取り入れていると述べている。
 
ハイパーゴッドガンダム
コミックボンボン増刊号の『機動武闘伝Gガンダム外伝“ザ・ネクスト・ジェネレーション”』にて登場した機体。
ネオジャパンが製作したMFである。ドモンの一番弟子であるユウゴ・カガミが搭乗する。テンロウガンダムやブラックガンダムと闘った。


【あなたの悩みを解決する方法】

「もっとお金が欲しい」「彼女が欲しい」
「コンプレックスがある」「家庭がうまくいってない」
「あの情報が知りたいけどコネがない」


そんなあなたにオススメなのが
日本最大の情報ポータルサイト
サクラ通信

1万点以上の情報を集約した日本最大の情報量!!
きっとあなたの悩みを解決する情報が見つかります。


サクラ通信公式サイトはコチラ





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム