ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > 機動新世紀ガンダムX

ガンダムヴァサーゴ(NRX-0013) / 機動新世紀ガンダムX 登場モビルスーツ紹介




ガンダムヴァサーゴ(Gundam Virsago)は、テレビアニメ『機動新世紀ガンダムX』に登場する兵器(モビルスーツ・MS)。
 
型式番号 NRX-0013
分類 高出力型MS
所属 新地球連邦軍
生産形態 ワンオフ機
頭頂高 17.8m
重量 8.1t
装甲材質 不明
武装 メガソニック砲
ビームサーベル
ストライククロー×2
クロービーム砲×2
ストライクシューター×2
搭乗者 シャギア・フロスト
 
機体解説
 第7次宇宙戦争終結後の混沌としたMS開発状況のもと、連邦政府再建委員会が次世代型ガンダムを模索して開発した機体。ガンダムベルフェゴールをはじめ多くの実験機による試験運用結果をふまえ、ニュータイプ対応装備として操縦系統にフラッシュシステムを組み込んでいる。ジェネレーターの出力が高く、パワーウェイトレシオの面においては過去のガンダムタイプの機体を凌駕する。背部には大型の翼状のラジエータープレートを装備しており、高出力ジェネレーターの搭載によって発生する熱を効率的に機外へ排出する。また、このユニットは高性能のフレキシブル・バインダーとしても機能し、機体の運動性を高めるとともに展開時には揚力を発生。スラスターの出力も強力であり、機体自体の運動性と相まって、優れた高機動戦闘能力を発揮する。ガンダムヴァサーゴは火力・機動力ともに優れたバランスの良い機体として仕上がっており、ガンダムエックスと比較しても何ら遜色の無い性能を持つ。この事は、戦後15年を経て既に連邦政府のMS開発技術が戦前と同等以上の水準にまで回復したことを窺がわせるものである。シャギア・フロストの乗機として実戦投入され、かつてのガンダムタイプを相手にその性能を遺憾なく発揮している。
 
武装
 メガソニック砲
主力兵装として腹部に搭載された大口径メガ粒子砲、強力な火力を備える。コンデンサーのエネルギー変換効率が高く、マイクロウェーブ送信による外部電源を用いることなく、内蔵電源のみで高い威力を発揮する。もっともその為に内蔵エネルギーが尽きれば発射不可能になる。発射の際にはラジエータープレートを展開し、上下に展開・分割した腹部装甲の隙間から砲口を露出する。ビーム収束率の任意調節が可能であり、拡散モードでの使用時には広域制圧兵器としても威力を発揮するがゲーム作品では収束版のみが採用されるケースが多い。
 ストライククロー
折り畳み式の延伸腕部と前腕に装備された鉤爪ユニットによって構成される武装、肩アーマー部に格納されたフレキシブル・アームとインナーフレームの展開により、自由度の高い打突兵器として機能する。また、メガソニック砲を発射する際、姿勢制御の為のアンカーとしても用いられる。クローは普段は鉤爪状だが関節を持ち直線状に形を変える事も可能。
 クロービーム砲
アーム先端クローユニット中央基部に装備されたビーム砲。機能的には標準の域を出ないものだが、ストライククローと併用しての多角攻撃が、その本来の威力を増幅させる。
 ビームサーベル
標準的なビームサーベルだがグリップのデザインは本機独自のデザインとなっている。普段は腰部背面のマウントラッチに固定している。
 ストライクシューター
追加武装として用意された3連ビーム砲とクローを合わせた手持ち複合兵器。2挺をオプションとして装備可能であり、クローによる直接打撃・射撃両面の性能を同時に強化することが出来るがクロー装着時には手が塞がる為白兵攻撃の自由度は狭まる。 劇中では1話限りの登場だったが一部ゲームでは標準装備としてまた改良機であるチェストブレイクに継続して装備させている。
 
備考
 ヴァサーゴの名称はソロモン72柱の悪魔の内の1柱である「ウァサゴ」に由来すると云われている。
前作『新機動戦記ガンダムW』に登場したガンダムエピオンにデザインが似通っており、『スーパーロボット大戦』シリーズや『ガンダムVS.ガンダム』シリーズなどで『ガンダムW』のキャラクターにエピオンと間違われたり、逆に『ガンダムX』のキャラクターがエピオンをヴァサーゴと勘違いする場面などが見られる。


『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサーサイト

シャギア・フロスト / 機動新世紀ガンダムX 登場人物紹介




シャギア・フロスト
Shagia Frost
声 - 森川智之
オルバの兄。19歳。身長185cm。体重72kg。
 
 新連邦のエージェントとしてガンダムヴァサーゴに搭乗し、フリーデンクルーと度々対立する、本作におけるライバルキャラ(本人等曰く宿命のライバル)。

 二卵性双生児であり(初期設定では一卵性であった可能性あり)特殊能力として兄弟同士でテレパシーによる意思疎通をする事ができるツインズシンクロニティを持っている。その能力のため、連邦軍においてニュータイプ訓練を受けていたが、フラッシュシステムには感応しなかった為、カテゴリーFに分類されてしまった。その事を恨み続けて、ニュータイプを至上とし自分達を紛い物として隅に追いやった世界への復讐を志した。その目的のためには手段を選ばず、数々の人間を踏み台にして新連邦軍中枢部に入り込み、暗躍の果てに昇進を重ねていく。
冷静沈着であり滅多に表情を崩さない。物腰は柔らかいが冷酷な性格。オルバとは「互いをただ一人の肉親であり味方である」と認識している故に、兄弟の絆は固い。

 最終決戦時に、ガロードのガンダムダブルエックスと相打ちになり死亡したように見えたが、半年後、ガロードとティファが立ち寄ったセントランジェの町に、車椅子に乗った彼の後姿が描かれており、オルバも付き添っていた。『コミックボンボン』に連載された漫画版の最終回では兄弟とも五体満足の状態でガロードとティファの乗った列車を隠れて見送っている。


『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

ガンダムX(GX-9900) / 機動新世紀ガンダムX 登場モビルスーツ紹介




ガンダムX(ガンダムエックス、Gundam X)、通称GX(ジーエックス)は、テレビアニメ『機動新世紀ガンダムX』に登場する兵器。
強力な戦略兵器を有する地球連邦軍のNT(ニュータイプ)専用ガンダムタイプMS(モビルスーツ)。作中では主人公ガロード・ランやジャミル・ニートが搭乗し、大量破壊兵器の業を背負った存在として描かれる。メカニックデザインは大河原邦男。
 
機体解説
ガンダムX
Gundam X
型式番号 GX-9900
頭頂高 17.1m
重量 7.5t
装甲材質 ルナチタニウム合金
武装 サテライトキャノン
大型ビームソード
シールドバスターライフル
ブレストバルカン×4
ショルダーバルカン
搭乗者 ガロード・ラン(NT-001)
ジャミル・ニート(15歳)(NT-002)
 
第7次宇宙戦争において、旧地球連邦軍の切り札として開発されたガンダムの1機。一撃でスペースコロニーを撃滅可能なサテライトキャノンを装備した、戦中最強のMSである。その脅威故に機体のセキュリティ管理も徹底しており、起動するには「Gコン(Gコントローラー)」と呼ばれるコクピット右側の操縦桿とサテライトシステム・キャノンの管制システムを兼ねた専用のキーデバイスを必要とする。
MS単体としての基本性能も高く、堅牢なルナチタニウム合金製装甲と、陸・海・空・宇宙を問わない高い汎用性を持つ。一説には、サテライトキャノン以外にも複数のオプション装備が存在したとされる。
宇宙革命軍の切り札である地球への「コロニー落とし作戦」を阻止するために実戦投入されたが、サテライトキャノンの威力を恐れた革命軍は作戦を強行し、結果的に地球生命の大半を死滅させた元凶となる。
GXは計3機が製造されたが、その内ジャミル・ニートが搭乗していた2号機(NT-002)は大戦末期の戦いで大破・放棄され、3号機(NT-003)も何らかの理由で破壊されたとされる。唯一、1号機(NT-001)のみは戦後も無傷のまま残存し、旧連邦のとある廃棄工場内に放置されていた。そして戦後15年が経過したA.W.(アフターウォー)0015年、NTの少女ティファ・アディールを守るべく追っ手から逃れて来た少年ガロード・ランによって発見され、彼の搭乗機となる。なお、2号機は後に新連邦軍によって回収され、後継機ガンダムDX(ダブルエックス)の開発母体として利用された。
更に9年の月日が経過したA.W.0024年、ローレライの海で黒く塗装されたGXがサルベージされるが、破壊されたはずの3号機か、あるいは公式に存在しない機体であるかは不明。
また、ゲーム『SDガンダム GGENERATION CROSS DRIVE』ではGXの開発過程に補完があり、ジャミルによると、GXが開発された理由はコロニー落としへの対抗と敵コロニーの殲滅が目的だったが、当時の技術の限界のためにGXのサテライトキャノンは、開発陣にとってはその目的に対して十分な威力を持っていたとは言い難いものだった。GXに対し求めていたのは単に強力なビームキャノンを装備した機体ではなく、コロニーレーザーの様な戦略級の破壊兵器を搭載し、なおかつそれ自体が高い戦闘力と機動性を備えている、いわば「存在自体が戦争の行方を左右する様な兵器」という事が語られており、その開発コンセプトは、アイムザット・カートラルの指揮の下、後継機ガンダムDXへと引き継がれる。ただし、これはゲーム独自の設定である。
なお、ガンダムシリーズ前2作と違って、バンダイから主役メカのDX玩具が発売されなかった今作では、Gコントローラーが玩具化されている。機能は、サテライトキャノンの発射音などを発するサウンド機能と、ニュータイプ指数(表示グラフィックの点滅方向に十字キーを合わせトリガーを引く、つまりは反射神経)を測るゲーム機能の2種。また、ユタカからはガンダムXのフックトイ(プラスチック製で、展開状態のリフレクターとサテライトキャノンが付属、位置を差し替えて発射体勢に出来る)や、ソフトビニール製のハッカパイプ、人形すくい(以上2つはSDタイプ)が発売された。
 
武装 
 大型ビームソード
サテライトキャノン基部に装備されたビームサーベル。サテライトシステム(厳密には腕部のエネルギーコンダクターに貯蓄されているエネルギーとの併用)からエネルギー供給により、他の機体よりも高出力の刀身を形成する。抜刀時にX字のごとくエネルギーが放出してから緑色のビーム刃が形成される。
 シールドバスターライフル
通常のライフルの3倍の強度を持つ装甲カバーを備えた、複合武器である専用ビームライフル。銃身とスコープを引き込みグリップを折り畳みカバーを開くことで防御用のシールド形態となる。不使用時やエネルギー充填時は、前述のシールド形態への変形プロセスから装甲の展開のみ除いた収納形態になってバックパック右下部のハードポイントに接続される。その性質上、射撃と防御が同時に行えないなどの欠点もある。
 ブレストバルカン
胸部インテーク下に4門内蔵された機関砲。敵への威嚇射撃などに使用される。
 ショルダーバルカン
陸戦用MSのバルカン砲を改造したオプション火器。バックパック左上部のハードポイント(左肩部)に装備される。実戦投入早々にガンダムヴァサーゴに破壊される。
 サテライトシステム 
サテライトシステムとは、月面の太陽光発電施設から送信されるスーパーマイクロウェーブを、背中にX状に展開された4枚のリフレクターで受信し、機体や火器の稼働エネルギーとするシステム(現実に存在するレクテナの概念の延長にある物)である。そしてこのマイクロウェーブのエネルギーを、直接ビームに変換して砲撃する武装がサテライトキャノンである。サテライトキャノンの威力はGX単体でも絶大であり、大戦中はGX1機とビットMS12機の計13門のサテライトキャノンによる一斉砲撃により、多数のコロニーを破壊している。
リフレクターには身体各所に設置された青いエネルギーコンダクターと呼ばれるパーツとの併用で賄われるエネルギー貯蓄機能があり、銀色の受光部からエネルギーを放出することで推進力としても利用できその際は受光部を後ろに展開した飛行形態「ホバーリングモード」に変形し、受光部やサテライトキャノン砲身の角度を変えることで速度や姿勢の制御を行い、高速・長距離ジャンプを行うことが出来る。またバックパックを介して各武装にエネルギーを供給する機能もある。
システムの初回起動には、フラッシュシステムを介し月面施設に機体コードを認証させる必要があるため、NT能力が不可欠となるが、一度登録すれば一般パイロットでも扱うことができる。ガロードが初めてサテライトキャノンを使用した時は、1号機(NT-001)が未登録だったためティファの助力により問題を解決した。
大戦中は多数の中継衛星を経由することにより場所、時間を問わずマイクロウェーブを受信できたが、これらが全て失われた戦後では、月面施設から一直線に胸部のクリアーグリーンのパーツで受ける照準用ガイドレーザー回線の射線が通っている、つまり機体側から月が目視できる範囲内でないと受信は不可能である。また、システムの起動からマイクロウェーブが機体に到達するまでに多少の時間差があるため、受信中は身動きがとれない無防備状態になるという欠点もある。だが、それを逆手にとり湖にわざとマイクロウェーブを当て水蒸気爆発を起こすという使い方もなされた。
『UNDER THE MOONLIGHT』では、中破した中継衛星を改修した「BATEN」から、場所、時間を問わずマイクロウェーブを受信することができる。サルベージされたGXでは、最初月からのアクセスを行っていたが、送信施設が壊れていることから、似た役割を持つ「BATEN」からの再アクセスのプロセスが行われた。ただし、衛星の規模の小ささから、月の送信施設の30%程の出力しか受信されなかった描写がある。
また、技術交換によって製造されたディクセン・ホーネット(X装備)の場合は、「BATEN」のアクセスデータが既にあり、銃身に取り付けられた専用リフレクターにマイクロウェーブを受信していた。同様の技術がシルバーホライゾンにもあり、こちらはビッグサテライトキャノンとして、クラウド9コロニーを破壊する計画で、表面上は「BATEN」と連動して、地球で起こる慢性的なエネルギー不足解消の手段として用いられるはずだった。これは、元々戦前のMW送電施設自体、民間の電力供給用に建造された事にも由来する。
普段は巨大な砲身を斜めに背負っている。デザイナーの大河原邦男によれば、佐々木小次郎がモチーフになっている(ビームソードの取り付け位置がサテライトキャノン後部なのは、砲身を刀の鞘に見立てているからである)。
ちなみに、月が出ていないと撃てない為、一部のゲームでは「夜しか撃てない」という制約があるが、実際には月さえ出ていれば昼間でも撃てる模様。28話のサブタイトル「撃つしかないのか!」がまさにその状況である。
 
フラッシュシステム 
フラッシュシステムはガンダムシリーズの宇宙世紀作品群に登場したサイコミュと似た位置付けのものであり、ニュータイプにしか起動させられないシステム。月面の旧連邦マイクロウェーブ送信施設へのサテライトキャノン搭載機の初期起動登録を行うだけでなく、MS型ビットともいえる12機の無人機「ビットMS」を操るシステムであり、ガンダムXにはサテライトシステム搭載型のFX-9900「GXビット」が配備された。同様の機構はガンダムレオパルド(FT-9600/GTビット)やガンダムエアマスター(FW-9800/GWビット)、ラスヴェートなどにも搭載されている。旧連邦はフラッシュシステムを無人MSの操作に用いたが、旧宇宙革命軍は宇宙世紀と同コンセプトの小型ビットを操るのに用いておりベルティゴなどに搭載された。
MS大全集によればガンダムヴァサーゴやガンダムアシュタロンにもフラッシュシステムは搭載されているが、これらの2機は戦後に作られた機体であり、ニュータイプではないフロスト兄弟以外のパイロットが存在しないため、実際に使用されたことはない。


【PR】
あなたはモテる女になりたいですか?
それともモテない女のままでいいですか?
モテる女はモテる条件を知っているのです。
あなたもモテ女になりませんか?
⇒ モテる女の条件

モテたい男はこれを見ろ!!
⇒ ヤマトの恋愛教材レビューと感想
⇒ 読者3000名超!大人気の無料メルマガ





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム