ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■映画

ラフレシア(XMA-01) / 機動戦士ガンダムF91 登場モビルアーマー紹介





ラフレシア
Lafressia
型式番号:XMA-01
生産形態:試作機
全高:37.5m
本体重量:184.6t
全備重量:263.7t
出力:31,650kW
推力:52,020kg×5
   43,350kg×5
   28,900kg×20
   1,054,850kg(総推力)
装甲材質:チタン合金ハイセラミック複合材
武装:葉部メガビームキャノン×5
   支部メガ粒子砲×5
   茎部拡散ビーム砲×8
   テンタクラーロッド×125
   Iフィールドジェネレーター
搭乗者:カロッゾ・ロナ
その他:アポジモーター×40(本体)


 
 ラフレシアは、CVの最高司令官カロッゾ・ロナ大将の研究課題である「ラフレシア・プロジェクト」の遂行の為に開発された試作型MAである。
対人感応殺傷兵器「バグ」と共にザムス・ガルに収容されているが、CVには登録されていない。ガンダム関連のゲームにおいてはバグを兵装として搭載しているケースが多いが、本来バグはザムス・ガルで運用される兵器である。
 
 巨大な花の形をしており、5基の花弁部と本体から構成されている。新型のネオ・サイコミュシステムを搭載し、機体の全てが直接パイロットの思考で制御されている(このネオ・サイコミュシステムは後にアナハイム・エレクトロニクス社に渡り、ネオガンダムにも搭載された)。
5基の葉部ユニット内には、各25基、計125基の攻撃用触手「テンタクラー・ロッド」を装備しており、ロッドはビーム砲とチェーンソーを内蔵している。Iフィールドジェネレーターによる防御力に加え、全身に装備されたメガ粒子砲により、圧倒的な戦闘力を有している。なお、コクピットは花の雌しべを思わせる中心部に設置されている。

 
劇中での活躍
 コスモ貴族主義の名の下での「無差別の粛正」を旨とするカロッゾ・ロナが搭乗し、地球連邦軍の援護艦隊を一瞬で壊滅させ、実子であるベラ・ロナが搭乗したビギナ・ギナを中破させる。しかしF91との戦闘では「質量を持った残像」を捉えきれず、最終的に自機のコックピット付近の残像に攻撃し、自滅という形で撃破された。
小説版では「F91が至近距離からビームランチャーを撃った」という撃破方法になっている。

 
ラフレシア・プロジェクト
 ラフレシア・プロジェクト(Lafressia Project)は、『機動戦士ガンダムF91』に登場する計画である。クロスボーン・バンガードの最高司令官、鉄仮面ことカロッゾ・ロナの研究課題、及び余剰人口抹殺計画とされている。
劇中ではバグと呼ばれる無人の殺戮兵器をコロニー内に放ち、フロンティア1の市民を虐殺した。機械による無作為の虐殺のメリットとして、劇中で「誰も良心を痛める事のない良い計画」とカロッゾが語っている。
なお、このプロジェクトはカロッゾが単独で極秘裏に進めていたもので、ザビーネ・シャル以下の他の幹部たちはおろか、ラフレシアの母艦ザムス・ガルの艦長であるジレ・クリューガーですら詳細を知らされていなかった。



『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサーサイト

ラフレシア(XMA-01) / 機動戦士ガンダムF91 登場モビルアーマー紹介





ラフレシア
Lafressia
型式番号:XMA-01
生産形態:試作機
全高:37.5m
本体重量:184.6t
全備重量:263.7t
出力:31,650kW
推力:52,020kg×5
   43,350kg×5
   28,900kg×20
   1,054,850kg(総推力)
装甲材質:チタン合金ハイセラミック複合材
武装:葉部メガビームキャノン×5
   支部メガ粒子砲×5
   茎部拡散ビーム砲×8
   テンタクラーロッド×125
   Iフィールドジェネレーター
搭乗者:カロッゾ・ロナ
その他:アポジモーター×40(本体)


 
 ラフレシアは、CVの最高司令官カロッゾ・ロナ大将の研究課題である「ラフレシア・プロジェクト」の遂行の為に開発された試作型MAである。
対人感応殺傷兵器「バグ」と共にザムス・ガルに収容されているが、CVには登録されていない。ガンダム関連のゲームにおいてはバグを兵装として搭載しているケースが多いが、本来バグはザムス・ガルで運用される兵器である。
 
 巨大な花の形をしており、5基の花弁部と本体から構成されている。新型のネオ・サイコミュシステムを搭載し、機体の全てが直接パイロットの思考で制御されている(このネオ・サイコミュシステムは後にアナハイム・エレクトロニクス社に渡り、ネオガンダムにも搭載された)。
5基の葉部ユニット内には、各25基、計125基の攻撃用触手「テンタクラー・ロッド」を装備しており、ロッドはビーム砲とチェーンソーを内蔵している。Iフィールドジェネレーターによる防御力に加え、全身に装備されたメガ粒子砲により、圧倒的な戦闘力を有している。なお、コクピットは花の雌しべを思わせる中心部に設置されている。

 
劇中での活躍
 コスモ貴族主義の名の下での「無差別の粛正」を旨とするカロッゾ・ロナが搭乗し、地球連邦軍の援護艦隊を一瞬で壊滅させ、実子であるベラ・ロナが搭乗したビギナ・ギナを中破させる。しかしF91との戦闘では「質量を持った残像」を捉えきれず、最終的に自機のコックピット付近の残像に攻撃し、自滅という形で撃破された。
小説版では「F91が至近距離からビームランチャーを撃った」という撃破方法になっている。

 
ラフレシア・プロジェクト
 ラフレシア・プロジェクト(Lafressia Project)は、『機動戦士ガンダムF91』に登場する計画である。クロスボーン・バンガードの最高司令官、鉄仮面ことカロッゾ・ロナの研究課題、及び余剰人口抹殺計画とされている。
劇中ではバグと呼ばれる無人の殺戮兵器をコロニー内に放ち、フロンティア1の市民を虐殺した。機械による無作為の虐殺のメリットとして、劇中で「誰も良心を痛める事のない良い計画」とカロッゾが語っている。
なお、このプロジェクトはカロッゾが単独で極秘裏に進めていたもので、ザビーネ・シャル以下の他の幹部たちはおろか、ラフレシアの母艦ザムス・ガルの艦長であるジレ・クリューガーですら詳細を知らされていなかった。



『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

カロッゾ・ロナ / 機動戦士ガンダムF91 登場人物紹介





カロッゾ・ロナ
Carozzo Ronah
声 - 前田昌明
 
 クロスボーン・バンガードの軍事部門の指導者。総帥マイッツァー・ロナの娘婿であり、ベラ・ロナの父親である。旧姓はビゲンゾン。45歳。常に頭部を覆う仮面を身につけており、「鉄仮面」と呼ばれる。
 
 優秀な科学者でありマイッツァーの信仰者であったカロッゾは、ナディア・ロナとの結婚を契機にコスモ貴族主義へと傾倒していく。しかしカロッゾがマイッツァーの期待に応えようとする程ナディアの心は離れていき、ナディアは娘のベラを連れて、シオ・フェアチャイルドと共に出奔してしまう。
 
 この後、別の男の元へ走ったナディアに裏切られた自らを恥じたカロッゾは、自ら鉄仮面を被り、更には強化人間の手術を受けるが、過度なまでの強化によって、その精神は醜く歪んでしまい、自らの研究であるラフレシア・プロジェクトを推進するようになる。強化人間となってから得た力は、巨大モビルアーマーを思念操作で操縦出来るだけでは無く、生身で宇宙空間を漂い、MSのコクピットのハッチをこじ開ける程であり、もはや心身共に人間としてかけ離れた存在になってしまったと言ってもよい。
 
 対人用兵器バグを開発・使用し、起動テストとして戦闘には無関係なフロンティアIの市民全員を抹殺するため投下した。いずれはバグを地球や月にも降下させ、最終的に人類の九割を抹殺する算段であったらしい。
 
 フロンティアIでの戦闘でモビルアーマー「ラフレシア」に搭乗し、連邦軍の艦隊を壊滅させ、セシリーの乗るビギナ・ギナを戦闘不能にした。しかしシーブックの乗るガンダムF91との戦闘で「質量を持った残像」を捉えきれず、撃破された。
 
主な搭乗機はXMA-01 ラフレシア。
 
備考
 シーブックに倒されたカロッゾは影武者だったとする説もあるが、真相は謎のままである(初期のシナリオではラストシーンは鉄仮面を手に取り部屋を出る人物のシルエットであった)。また続編『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する、クラックス・ドゥガチの設定はカロッゾからの流用との説が存在する。
 
 鉄仮面というキャラクターには当時の富野由悠季個人の心境、身辺が反映されていると言われている。従来の作劇理論や作品のテーマ、セリフ回しなどのレベルではなく、個人としての感情が移入する事は稀である。インタビューによれば「全く表情のない鉄仮面というキャラクターであったから作中のキャラクターに自己投影ができた、あるいはしてしまった」という旨の発言をしている。

 当初の予定では演説シーンで狙撃者に対して鉄仮面のトサカをブーメランにして撃退することになっていたが、『ウルトラセブン』を知るスタッフの指摘により変更されている。

 鉄仮面の素顔は、セシリーとマイッツァー再会時の過去の回想や、小説版などに収録された美樹本晴彦によるロナ家が集合している挿絵で確認できる。



『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム