ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

サザビー (MSN-04) / 機動戦士ガンダム逆襲のシャア 登場モビルスーツ紹介





サザビーは、アニメーション映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する兵器。
ネオ・ジオン軍のニュータイプ (NT) 専用モビルスーツ (MS)。
 
サザビー
型式番号:MSN-04
全高:25.6m
頭頂高:23.0m
本体重量:30.5t
全備重量:71.2t
出力:3,960kW
推力:13,300kg×2(バックパック)
   14,000kg×2(腰部)
   9,800kg×8(脚部)
  (総推力)133,000kg
センサー有効半径:22,600m
装甲材質:ガンダリウム合金
武装:拡散メガ粒子砲(出力8.8MW)
   ビーム・ショット・ライフル(出力10.2MW)
   ビームトマホーク
   ビーム・サーベル×2
   シールド
   ミサイル×3
   ファンネル×6
搭乗者:シャア・アズナブル
その他:アポジモーター×28
 
 
機体解説
 新生ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの専用機として開発された機体。既存のジオン系MSの全ての技術を投入した集大成的存在。
設計は旧ネオ・ジオン(アクシズを前身とするハマーン・カーン指揮下のネオ・ジオン)の技術者が呼び集められ、彼らを中心として行なわれた。当初はギラ・ドーガをベースとして開発が進められていたが、ギラ・ドーガのムーバブルフレームはサイコミュ関連の装備を内部に組み込むのにはサイズが不足しており、総帥専用機として開発部から要求されたスペックを満たすことはできなかった。その後、何度かの試行錯誤を経た結果、より大型の機体を新規に開発することが決定される。開発の際にはモビルアーマー (MA) 級のサイズを持つ機体も考案されたが、サイコフレームの採用により全高25m級というサイズに落ち着いた。なお、この際に開発された機体はヤクト・ドーガとして完成し、2機が実戦に投入されている。一方、新規設計の際に考案されたMA級の機体は開発プロジェクトが別の部署に移管され、後にα・アジールが完成した。
 
 新生ネオ・ジオン軍内では基礎設計は可能であったが、実機の製造・試験のための施設が不十分であったため、開発自体はアナハイム・エレクトロニクス社に委託されることとなり、かつての旧公国軍指揮下にあり、現在も影響が強いグラナダ工場において製造が行われた。
サザビーはMSとしての基本性能を高いレベルでまとめた上でNT専用機としての機能を付加させていくという理念の下開発され、その結果MS単体での基本性能とNT専用機としてのサイコミュ関連の性能が共に高く、双方のバランスが取れた優秀な機体として完成した。本来搭載に膨大なスペースを必要とするサイコミュ関連装置は、サイコフレームの採用により小型化されている。従来の重MSのような多数の武装は施されておらず、大型化による内部スペースの余裕を利用して機体性能の総合的な向上が計られている。
 
 コクピットは頭部にあり、緊急時には機体から分離させることができる。さらにコクピットブロックには小型スラスターも内蔵されており、戦線を早急に離脱することが可能。また、他のMSと同様にリニアシートを標準採用している。メインカメラにはモノアイが採用されているが、これはリック・ディアスに採用されていたものに改良を加えたものであり、性能も向上した。コクピットを頭部に置いたことによる胴体部の内部スペースの大きな余裕を利用して高出力のジェネレーターとサイコミュのメインユニットを装備している。
 
 ネオ・ジオンの指導者が自ら搭乗する機体であることを鑑み、可能な限り破壊されにくいことが要求されたため、機体の耐久性は非常に高い。装甲に用いているガンダリウム合金は技術発展により従来型よりも強度が増しているため、機体の耐弾性を低下させることなく装甲厚を削減することが可能となり、軽量化と同時に運動性の向上ももたらしている。さらに装甲自体に姿勢制御スラスターやプロペラントなど各種機器を内蔵する余裕も生じた。バックパックのスラスターは機体サイズと比べると小型で3基しか装備されていないが、この3基でリック・ドム1機分に相当する推進力を持ち、肩部にはフレキシブルショルダースラスター、機体全体に多数の姿勢制御用スラスターを装備。また、オプションとして2基のプロペラント・タンクを装着することで、最大戦闘出力の継続時間を90秒以上延長することが可能。これにより大型の重MSでありながらも従来機を越える高い機動性・運動性を誇り、稼働時間も通常のMSを大きく上回る。アクチュエーターを始めとする機体制御システムも高性能なものを採用し、サイコフレームの装備により追従性も高い。手足の稼動範囲も広く、武装を使わずにマニピュレーターや脚部で直接敵を攻撃することも可能。
 
 ヤクト・ドーガと同型のファンネルを6基装備しているが、ヤクト・ドーガが肩アーマーに直接ファンネルを搭載していたのに対し、本機ではバックパックに設けられたファンネル・コンテナに収納されている。コンテナにはファンネルのエネルギーおよびプロペラントの補給機能が備わっているため、連続使用が可能となり、ファンネルの運用能力の向上と使用可能時間の延長に貢献している。
 
 機体は往年のシャアの乗機と同様赤を基調とした赤系統で塗装され、フロントアーマーには本名のキャスバル・ダイクン(もしくは通り名としてのシャア・ダイクン)のイニシャルCDをト音記号風にアレンジしたマーキングが入っている。
 
 
武装 
 
ビーム・ショット・ライフル
 サザビーの主兵装。本体下部に散弾銃のようなグリップを備える。全長約14mに達する大型の武装で、この時代の携行式ビーム火器としては破格の出力 (10.2MW) を持つ。銃口は2つあり、それぞれ通常の収束ビームと拡散ビーム弾を選択発射できる。拡散ビームは広範囲を攻撃することが可能で、接近戦時に有効。
 
ビーム・サーベル
 グリップに伸縮機構を採用したサーベル。アイドリング・リミッター機能に対応しており、デバイスや出力は一般のMSに装備されているものと同等。左右の前腕内部に1本ずつ収納され、素早く接近戦に対応することが可能。
 
ビーム・トマホーク
 専用の接近戦用兵装。ビーム・トマホークまたは大型ビーム・サーベルとして使用できるが、ビーム刃を展開しない状態でもヒートホークとして機能する。通常のサーベルよりも威力が高く、マニピュレーターで保持して使用する他に投擲武器として用いることも可能。大型ビーム・サーベルとしては広範囲に刃が形成されるため使い勝手に秀でており、通常はこの形態で利用されることが多い。映画劇中ではビーム・トマホークとしては使用されていない(漫画版で一度使用された)。
未使用時は柄を縮めた状態でシールド裏面に搭載され、スカート・アーマーに装備することも可能。宇宙世紀0090年代のビーム・サーベルの標準的な機構であるアイドリング・リミッター機能を備える。νガンダムのサーベルと斬り結んだ際には、出力面で下回っている。
 
シールド
 裏面にビーム・トマホークとマイクロミサイル3基を装備し、表面にはネオ・ジオンの紋章があしらわれている。他のネオ・ジオン軍MSが携行するシールドほどの兵器架台化はされていない。装甲に使用される物と同等のガンダリウム系合金が用いられており、コーティングも施されている。腕部への固定箇所を中心にシールド本体の回転・スライドが可能であり、これによって腕の動きを著しく制約することを防ぎ、防御面を有効に活用することができる。
 
拡散メガ粒子砲
 腹部に内蔵された拡散メガ粒子砲。サザビー自体のジェネレーターに直結しており、そこから生み出されるエネルギーを利用するため威力は高く、本機の火器の中では最大の火力を持つ。ビームが拡散するため攻撃範囲も広く、一撃で複数のMSを撃破したり、アクシズの岩盤を粉砕することも可能だが、ジェネレーター直結式であるため機体のパワーダウン時は威力が大幅に低下する。砲口の左右からは胴体に沿うようにエネルギー供給用ケーブルが伸びている。
 
ファンネル
 背面の2つのファンネルコンテナに3基ずつ、合計6基を格納している。ヤクト・ドーガに装備されているものと同型だが、機体に合わせて赤系統のカラーリングが施されている。従来のファンネルに比べビーム砲の威力の向上や稼働時間の延長が図られており、サイコフレームの採用により更に安定した稼動が行えるようになっている。グリプス戦役から第一次ネオ・ジオン抗争時のMSに比べ搭載数が減少しているのは、ファンネルの立場が「攻撃の主体」から「補助的な武装」へと変わったため。未使用時の本体は円筒形をしており、分離後にスラスターカバーの四方展開・ビーム砲身の伸長が行なわれ攻撃態勢に移る。推進器部分は1基の大型スラスターの周囲を囲むように小型のスラスターが配置される構造になっている。
 
 
劇中での活躍 
 物語冒頭から最終盤までシャアの愛機として活躍。序盤ではアムロ・レイが乗るリ・ガズィを圧倒し、ロンド・ベルがアクシズ破壊のために放った核ミサイルを全て撃ち落している。
 
 劇中においてギュネイ・ガスが搭乗するヤクト・ドーガのファンネルはアムロのνガンダムが装備するフィン・ファンネルにより一方的に撃破されていたのに対し、サザビーの放ったファンネルはフィン・ファンネルと互角に渡り合っている。
 
 サイコフレーム技術を流用し互角の性能となったνガンダムとの一騎討ちとなり、双方が武器を失い格闘戦となった末、アクシズ表面に激突する。この際に脱出装置が作動し、射出された操縦席ブロックはνガンダムに捕らえられた。
 
 
デザインなど 
 デザインは出渕裕。頭部はシャアのヘルメットがモチーフとなっている。企画段階の名称は「ザ・ナック」。
当初コックピットの位置は胴体とされていたが、デザイン後に頭部へと変更された。その影響で、脱出装置作動後のシーンでは、コックピットが設定より大きく作画されている。
 
 2000年7月にバンダイよりプラモデル「1/100 マスターグレード サザビー」が発売されている。さらに2008年6月にはHGUCキットが発売された。



『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサーサイト

シャア・アズナブル / 機動戦士ガンダム逆襲のシャア 登場人物紹介





第二次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)
 
 
地球粛正への決意
 
 宇宙世紀0092年12月、新生ネオ・ジオンの総帥シャア・アズナブル(小説ではシャア・ダイクンとも名乗っている)として再び姿を現し、幾度にも渡る戦争を経験しながら、旧態依然としてスペースノイドに弾圧を続ける地球人類の粛正を決意する。ジオン・ダイクンの遺児にして旧ジオンのエース「赤い彗星」でもあった名声を利用し、旧ネオ・ジオン軍の残党や、ナナイ・ミゲル、ギュネイ・ガス等の優秀な士官を糾合、小規模であるが精鋭ともいえる戦力を保持する。そして、しばらく戦火から遠ざかっていた連邦政府に対し、自らの艦艇をもって地球圏にスウィート・ウォーターの占拠を宣言する。
宇宙世紀0093年2月末、テレビのインタビューで連邦政府に事実上の宣戦布告をする。
 
 
アクシズ落とし
 
 同年3月、艦隊を率いてスウィート・ウォーターを出発。アムロ・レイやブライト・ノアが所属する連邦軍・外郭新興部隊「ロンド・ベル」の抵抗に遭うものの、自らモビルスーツ・サザビーで出撃し、小惑星5thルナを連邦軍本部所在地であるチベットのラサに落下させることに成功する。
その後、サイド1のロンデニオンにて連邦軍高官アデナウアー・パラヤと、武装解除を条件にアクシズを譲り受けるという偽の和平交渉を行うと、直ちにルナツーを強襲し配備されていた核兵器を奪取。そして、地球に核の冬をもたらすべく、地球へのアクシズ落としを決行する。アクシズを守るため、自分を慕うクェス・パラヤも戦わせるなどロンド・ベルと必死の激戦を繰り広げる。
 
 
アムロとの最終決戦
 
 宇宙世紀0093年3月12日、νガンダムを駆るアムロと最後の決着をつけるべくサザビーで戦うが敗れる。その際、脱出ポッドを捕まえられ、アクシズの落下を抑えるアムロと共にサイコフレームの光の中に消えていく。そしてアクシズは軌道を変え、作戦は失敗に終わる。その後の二人の行方は一切不明とされている。
 




『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

リ・ガズィ / 機動戦士ガンダム逆襲のシャア 登場モビルスーツ紹介




リ・ガズィ (Re-GZ) は、アニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『機動戦士ガンダムUC』に登場する兵器。
Ζガンダムの量産化を目的に開発された半可変型モビルスーツ (MS)。
 
リ・ガズィ
Re-GZ
型式番号 RGΖ-91
所属 地球連邦軍(ロンド・ベル)
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
頭頂高 20.5m
本体重量 24.7t
全備重量 55.2t
出力 2,550kw
推力 14,200kg×2(バックパック)
11,000kg×4(腰部)
8,600kg×2(脚部)
(総推力)89,600kg
センサー
有効半径 18,900m
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 ビームライフル(出力3.8MW)
ビームサーベル(出力0.7MW)
2連装グレネードランチャー×2
バルカン砲×2
ハンドグレネード×2
バック・ウェポン・システム (BWS)
大口径ビームキャノン
ビームキャノン×2
ミサイルランチャー
搭乗者 アムロ・レイ
ケーラ・スゥ
チェーン・アギ
その他 姿勢制御バーニア×20
 
アナハイム・エレクトロニクス社が同社の傑作機Ζガンダムの量産を指標とし、少数生産されたΖプラスシリーズ以上の低コスト化を目指した機体。機体名の由来は「リファイン・ガンダム・ゼータ Refined Gundam Zeta」の頭文字の略称 (Re-GZ)。
本機の基礎フレームはΖガンダムのMS形態時のみをコピーして設計され、ベース機最大の特徴であった可変機構は省略されている。宇宙戦闘機形態をとるための機能は、全てオプションパーツのバック・ウェポン・システム (BWS) に依存している。Ζプラスのバリエーション機の中にR型と呼ばれる着脱式の大型バックパックを装備する機体が存在し、本機のシステムはこれに準じたものとなっている。宇宙戦闘機形態時にはBWSに搭載される大口径ビームキャノン及び2基のビームキャノンが使用可能であり、スペック上の性能においてはオリジナルのΖガンダムに匹敵する。しかし、戦闘機形態からMS形態への移行時にBWSを分離・排除することになり、逆の移行は事実上不可能となっている。
操縦系統にはニュータイプ・パイロット対応システムとしてバイオセンサーが搭載されているが、あくまで仮設の装備であるため、当時最新鋭のネオ・ジオン製ニュータイプ用MSに対しては力不足とも見られた。
本機は可変MSとしては比較的安価であったが、出撃の度にBWSを排除する仕様は(回収後、再度の利用が可能であったとしても)コストに見合うシステムとは言えず、またΖ系特有のピーキーな操作特性も改善されていなかったために本機に搭乗したアムロ・レイはνガンダムの設計に際し、同機にオーソドックスな操縦性を付与するに至った。本機の生産数については、第2次ネオジオン紛争の際に試作機が1機ロンド・ベル隊に配備されたのみとされてきたが、その3年後を描く『ガンダムUC』のOVA版4話において若干カラーリングの異なる本機がラーカイラムに再配備されている姿が確認できる。
機体形状はΖガンダムと似るが、頭部アンテナはガンダムタイプに多いV字型ではなく、細長いロッド状である。機体色はブルーグレー。本機を見たギュネイ・ガスは「ガンダムもどき」と呼んでいた。
 
武装 
 ビームライフル
アサルトライフルのような形状の専用ライフル。Ζガンダムのものとほぼ同等の性能。
 ビームサーベル
使用時に鍔の部分が左右に広がる独特の形状を持つ。劇中ではどこからサーベルを出しているか明確ではなかったが、プラモデル「マスターグレード」発売の際に、左右バックパックに1本ずつ収納されていると設定された。
 グレネードランチャー
Ζガンダムと同様の前腕部に装備される連装ランチャーに加え、腰部側面にもやや大型の連装ランチャーを装備する。腕のランチャーに外付けの弾倉を取り付けられるかは不明。
 頭部バルカン砲
連邦軍の標準的なMS用装備である、口径60mmの補助火器。νガンダムと同様、側頭部から排莢を行う。
 ミサイルランチャー
シールド上部裏にミサイル3発を装着できる。BWS装備時も使用可能。
 バック・ウェポン・システム (BWS)
専用のオプションパーツ。機首に大口径ビームキャノン、その両脇にやや小型のビームキャノンを装備し、翼の下面にはプロペラントタンクを装備する。BWSの装着により、空間戦闘を主眼に置いた重戦闘機としての運用が可能となる。主兵装となるビームキャノンは一斉射で巡洋艦クラスの艦艇を撃沈するほどの威力がある。装着時にはBWSが頭部から背中に被さり、下面(胸・腹部)をシールドで覆う。戦闘中の分離・排除は可能であるが、再装着は不可。
 
劇中での活躍 
当初はアムロ・レイが搭乗し、5thルナでの戦闘でギュネイ・ガスのヤクト・ドーガを追い詰めるが、シャア・アズナブルが搭乗するサザビーに阻止される。サザビーには付け入る隙がなく、シャアからは「情けないMS」「おもちゃ」とまで呼ばれる。アムロがνガンダムに乗り換えた後はケーラ・スゥが搭乗。アクシズ付近に展開するムサカ級巡洋艦を次々に撃沈するが、ギュネイのヤクト・ドーガとの戦闘では太刀打ちできず、捕獲され中破、BWS・右腕・右足・左バックパックなどを失う。捕らえられたケーラはヤクト・ドーガのマニピュレーターに握り潰され死亡。その後、技術士官のチェーン・アギがサイコフレームのサンプルをアムロにより近づけるため、スラスターを応急修理しただけの本機を持ち出して搭乗。クェス・パラヤのα・アジールと交戦、サイコフレームの力が発動したのか、グレネードランチャーがα・アジールの損傷していた首元に命中、その一撃で撃破に至る。直後、クェスの死に逆上したハサウェイ・ノアのジェガンが発射したビームライフルによって、チェーン共々撃墜された。
OVA『機動戦士ガンダムUC』では、4話にて地球に降下したラー・カイラムの格納庫でジェスタの奥に再配備された本機が登場している。
 
備考 
『逆襲のシャア』の小説版である『ハイ・ストリーマー』では、Ζガンダムを入手できないアムロ・レイがΖガンダムのフレームをコピーして制作したMSとして設定されている。しかし、チェーン・アギにはホビーに過ぎないと評価され、新たにνガンダムを建造する運びとなる。本機の特徴であるBWSはランドセルと表現されており、アニメ本編とはやや形状が異なる。またフィフス・ルナの戦闘終了後、回収して持ち帰り後の戦闘でも使用するように、「使い捨て」とは多少イメージが異なる描写がなされている。
『逆襲のシャア』本編では当初複数機が登場することも考えられており、よりガンダム顔をしたアムロ専用機のラフが存在する(リ・ガズィ・カスタム参照。ただしこちらは通常機と同様のBWS装備の機体)。
『機動武闘伝Gガンダム』の物語終盤で、デビルガンダムの迎撃のために出撃した大量のガンダムの中に一瞬だけ本機が確認できる。


【登録無料!!今スグ会おう!!】
大手が運営!安心・安全に利用出来ます!!
登録は1分で完了!!もちろん無料!!

⇒ とりあえず無料で登録しておこう!!




にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム