ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > 2012年11月

ジムII(GMⅡ) / 機動戦士ガンダムZZ 登場モビルスーツ紹介




 ジムII(GMII、ジムツー)は、テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』、『機動戦士ガンダムΖΖ』および、小説・OVA『機動戦士ガンダムUC』に登場する兵器。
地球連邦軍、ティターンズ、エゥーゴの量産型モビルスーツ(MS)。
 
ジムII
GM-II
型式番号 RGM-79R、RMS-179、RGM-179
生産形態 量産機
頭頂高 18.1m
本体重量 40.5t
全備重量 58.7t
出力 1,518kw
推力 15,500kg×4(背部)
(総推力)62,000kg
センサー
有効半径 8,800m
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
武装 ビーム・サーベル
ビームライフル
バルカン砲×2
シールド
搭乗者 地球連邦軍(エゥーゴ/ティターンズ/カラバ)一般兵
その他 姿勢制御バーニア×10
 
機体解説
 一年戦争において地球連邦軍を勝利に導いたRGM-79 ジムの発展型(改修機)。主武装を精度の低いビームスプレーガンから、ガンダムに匹敵するエネルギー充填型BR-S-85系ビームライフル(AEボウワ社製:出力1.9MW)とし、コクピットには全天周囲モニターを採用。主機の換装やサブセンサー設置などの近代化改修が行われたものの、コストパフォーマンスを優先したため、目を瞠る程の性能向上はなく、ジムのマイナーチェンジ版の域を出ていない。
 
 これらのアップグレードによって、カタログスペック上は装甲を除きRX-78 ガンダムを上回るものの、グリプス戦役時には既に旧式化しており、次々と繰り出される新型機の前に苦戦を強いられ、第一次ネオ・ジオン抗争の時には、月のグラナダの警備に配置されるなど前線からは離れていた。後に多くの機体は退役するかジムIIIに改修されたが、新型機配備が間に合わない&運用面での使い勝手の良さから、一部の機体は次々世代機のジェガン登場後もなお現役で稼動していた。

 従来のジム(先行量産型)をアップデートした機体には「RGM-79R」の型式番号が、RGM-79CR ジム改高機動型を経てグリプス開発基地にて新規に製造されることになったジムIIには新たに「RMS-179」の型式番号が振り当てられた(「RMS-179」とは別に新規生産の「RGM-179」の型式番号を持つジムIIも存在する)。エゥーゴも元々の戦力自体が反ティターンズの連邦宇宙軍を中心としていたこともあり、設立してしばらくは連邦軍の主力を担っていたこの機体の機体色を変更して主力機として使用していた。
 
機体カラー
 ティターンズおよび連邦軍で使用された機体色は赤 / 白である。ただし、第1話ではティターンズカラーである濃紺で塗られたジムIIが、下半身のみだが確認出来る。

 エゥーゴでの正式な機体色は緑 / 白。シールドの星マークは赤で塗りつぶされている。TV版第32話や劇場版『機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-』にはネモと同様にカラーリングされたジムIIが登場。

小説『機動戦士ガンダムUC』においてトリントン基地防衛に当たった機体は、デザートピンク / 紺に塗装されている。OVA版では、デザートカラーの機体の他にも連邦カラーの機体が連邦政府首都ダカールとトリントン湾岸基地での戦闘に登場した。


【今週のイチオシ!!】

男性必見!!今年のクリスマスは独りじゃない!!



にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサーサイト



リィナ・アーシタ / 機動戦士ZZガンダム 登場人物紹介




リィナ・アーシタ
(Leina Ashta, U.C.0077年3月3日 - ?)
声:岡本麻弥 / 仙台エリ(『GUNDAM EVOLVE../10』)
 
 本作の主人公であるジュドー・アーシタの妹。10歳(物語開始時。のちに11歳になる。ジュドーと再会したU.C.0089年3月15日時点で12歳)。サイド1のスペースコロニー・シャングリラにて兄ジュドーと共に生活していたが、彼が学校に行かずにジャンク屋稼業に勤しむことをあまりよく思っていなかった。問題児であった兄と対照的に優等生的な性格。ジュドーから溺愛されている。
 
 当初ジュドーはエゥーゴとアクシズの戦いを「大人が勝手に始めた戦争」として傍観していたが、その彼がアーガマへの乗艦を承諾したのは、究極的には妹リィナの勧めによる所が大きい。彼女としては腐敗著しいシャングリラの最下層で生きるより良いと考えたためだが、兄が戦争の中でパイロットとして人を殺すという点や、兄妹や友人たち自身が生命の危険に晒される点に関して想いを巡らせている様子はほとんどなかった。

 ジュドーがアーガマのクルーになる際に一緒にアーガマへ乗り込むが、第12話でルー・ルカと共にコア・ベースに乗り込み、交戦中のジュドーにコア・ベースを届けた後に分離したコア・ファイターから放り出され、ネオ・ジオン所属のグレミー・トトに拿捕されてしまう(グレミーは以前に出会ったルーと勘違いして保護していた)。その後はグレミーの元、レディになるための教育を受けさせられることとなる。

 グレミーらと共に地球へ降下し(第23話)、ダカールで社交界デビューする(第27話)。その際にニュータイプ能力の表れなのか、舞踏会に参加していた地球連邦政府の人々の醜い思念を感じ取り激しい憤りを覚える。ジュドーの気配を感じ取り再会を果たすが、ハマーン・カーンの銃撃から兄をかばって負傷する。辛くも抜け出しジュドーと共に迎賓館の出口へ向かうが、そこではエゥーゴとネオ・ジオンの戦闘で連邦政府の出席者たちが動揺し混乱していた。リィナは負傷していたにも関わらず憲兵に代わって出席者たちに対し毅然とした態度で会場へ戻るように促し、場の混乱を鎮める。

 その態度はネオ・ジオンの憲兵を感服させ、思わぬところでグレミーの教育が役立つこととなった。その後コア・ファイターの撃墜によって孤島に流れ着き、エルピー・プルに看護されるが、強化人間であるプルを信用できず、兄を守るため倒そうとする一幕もあった。そして休んでいた小屋にMSが墜落したため、巻き込まれて死亡したと思われていた。実はセイラ・マスによって救助されており(第37話。漫画版ではシャア・アズナブルに救助されている)、最終話で木星へ旅立つ直前のジュドーと再会する(小説版では小屋にいたリィナをネオ・ジオンの現地徴用兵が救助し、セイラは彼を介してリィナを保護した)。

 3DCGアニメ『GUNDAM EVOLVE ../ 10』では、木星船団ジュピトリスIIに勤務するジュドーのために、シャングリラの仲間の協力のもとコア・ベースの2号機を新造。ジュドーの誕生日にあわせて宇宙便として発送し、結果的に木星圏でネオ・ジオン残党と戦う兄の窮地を救うこととなった。

 TVアニメのキャスティングはオーディションではなく、スタッフの指名によるものだった。前作『機動戦士Zガンダム』でエマ・シーンを演じ終えた岡本は、次回作のガンダムの告知でリィナを見て「この女の子は一体、誰がやるんだろう?」と思っていた矢先に、スタッフから「君がやるんだよ」と言われ驚いたという。


【今週のイチオシ!!】

男性必見!!今年のクリスマスは独りじゃない!!



にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加

ユニコーンガンダム / 機動戦士ガンダムUC 登場モビルスーツ紹介





 ユニコーンガンダム (Unicorn Gundam) は、小説およびOVA『機動戦士ガンダムUC』に登場する兵器。
地球連邦軍の対ニュータイプ (NT) 用ガンダムタイプモビルスーツ (MS) であり、物語の「鍵」となる存在。通常、「ユニコーンガンダム」や「ユニコーン」と呼ばれる機体は主人公バナージ・リンクスが搭乗する1号機を指し、これと対をなす存在として「バンシィ」の通称を持つ2号機も登場する。メカニックデザインはカトキハジメが担当。
 
ユニコーンガンダム
Unicorn Gundam
型式番号:RX-0
全高:ユニコーンモード時:19.7m
    デストロイモード時:21.7m
本体重量:23.7t
全備重量:42.7t
出力:3,480kW(デストロイモード時は測定不能)
推力:142,600kg(デストロイモード時は測定不能)
センサー:22,000m
有効半径:22,000m
装甲材質:ガンダリウム合金
武装:60ミリバルカン砲×2
    ビーム・マグナム×1
    ハイパー・バズーカ×1
    ビーム・サーベル×4
    シールド×1
    ビーム・ガトリングガン×1→2(1号機)
搭乗者:1号機:バナージ・リンクス
 
機体解説
 連邦宇宙軍再編計画の一環である「UC計画」の最終段階として開発された実験機。宇宙世紀0096年に、アナハイム・エレクトロニクス社が保有する月面のグラナダ工場で2機が完成した。ガンダムタイプに区分されてはいるが、実際の名称は「RX-0 ユニコーン」で、「ユニコーンガンダム」の名はいわゆる愛称である。
 
 第二次ネオ・ジオン抗争時のNT専用機で限定的に採用されていた特殊構造材「サイコフレーム」で、機体の駆動式内骨格「ムーバブルフレーム」のすべてを構築した、史上初のフル・サイコフレーム機である。機動性・追従性をテストするため、一般パイロットの操縦では計測不可能な限界値を取得するべく、機械上での試験を主とした実験機・シナンジュから得たデータが反映されており、従来のサイコフレーム採用機をはるかに凌ぐ機体追従性を獲得している。「UC計画」によって誕生した三機(ユニコーン・バンシィ・シナンジュ)は、パイロットのNT能力に呼応してサイコフレームが最大共振すると、第二次ネオ・ジオン抗争時のνガンダムと同様に、機体から虹色の光を発する。発光する機体同士の戦闘は強力なサイコ・フィールドを発し、非サイコフレーム採用機では介入不可能な程の超常的な戦闘を行った。
 
 通常は、一角獣(ユニコーン)の名の由来である額の一本角(ブレードアンテナ)とフェイスガードに覆われたゴーグル状のカメラアイが特徴の「ユニコーンモード」で運用される。限界稼動状態では、全身の装甲が展開し体格も一回り拡張、ブレードアンテナがV字型に割れガンダムタイプの顔が現れる「デストロイモード」に“変身”する。“変身”後は、各部に露出したサイコフレームがまばゆく発光するのが特徴である。なお、最大の特徴である一本角(ブレードアンテナ)の形状から、作中では「ユニコーンモード」は「一本角」、「デストロイモード」は「角割れ」の通称で呼ばれている。
 
 ガンダムタイプとして開発された理由については、連邦宇宙軍再編計画におけるプロパガンダ的な意味合いが強く、ジオン根絶における絶対的象徴として、ガンダム以上にふさわしい機体はないという思惑がある。
なお、機体が“変身”するという要素は「新しいガンダムに今までにやったことのない要素を取り入れるとしたら?」と原作者の福井晴敏が考えたものである。当初は「それは商品化の際にやりづらいですよ」とカトキに反対されたという。
 
NT-Dシステム 
 デストロイモード時に発動する特殊システム。表面上は「ニュータイプ・ドライブ」の略称とされているが、その真の意味は「ニュータイプ・デストロイヤー」、すなわち「ニュータイプを駆逐する」システムである。「ジオン共和国初代首相ジオン・ズム・ダイクンが提唱したNTを根絶する=ジオンの存在そのものを根絶する」システムであるとネオ・ジオン残党軍「袖付き」の首魁フル・フロンタルは語る。
システムの発動条件は、額のブレードアンテナをサイコフレームと連動させ、敵のNT、あるいは人工的にNT能力を付加された強化人間の存在を感知させること。実戦では、強化人間のマリーダ・クルスやフロンタルなどとの戦闘時にシステムが発動する。本機のパイロットがニュータイプであれば、システムに自分自身を感知させることで、ある程度任意で発動させることも可能。また、1号機のみ追加プログラム「La+(ラプラス)」によって別の発動条件が加わる。
 
 シナンジュから継承された、パイロットの脳内操縦イメージを思考波として機体内部のサイコフレームに感受させ、機体の挙動へ直接反映させる思考操縦システム「インテンション・オートマチック・システム」によって、通常の手動のみの操縦を凌駕する反応速度と動作精度を実現している。また、このシステムは敵パイロットの思考波も傍受することができるため、敵の行動を先読みして攻撃することもできる。パイロットの反応が間に合わない緊急事態が発生した場合、機体自身が独自に行動し対処することもある。
 
 デストロイモード時の機動性は瞬間移動と見紛うほど圧倒的なもので、NTや強化人間でも視認はおろか気配を察知することすらできない。また、その超常的な機動性により、まるで分身しているかのような機体の残像も発生させる。ただし、20メートル級MSが人間と同様の動作をした場合、発生する加速度によるパイロットの肉体的負荷は殺人的なレベルとなる。尚且つ上記のインテンション・オートマチック・システム制御のサイコミュによる精神的負荷も考慮すると、システムの稼働限界時間は約5分程度であり、リミッターが設定されたユニコーンモードの存在理由もこの点にある。パイロットへのG負荷を緩和するために、パイロットスーツには「DDS」とよばれる対G用薬剤投与システムが搭載されており、パイロットに薬剤を投与することで体内の血液循環を活性化して、Gによる循環の停滞を抑える役割を持っている。
 
 システム発動中は、サイコ・フィールドを掌から放出し、敵機のサイコミュ兵器のコントロールを奪い自機の兵装として使用したり、敵機を一時的に操縦不能にすることができる「サイコミュ・ジャック」が使用可能。有効範囲は不明だが、原作では1号機と2号機の演算能力は同等とされている。本システムと開発の目的(NT駆逐)が類似したシステムとして、一年戦争期にフラナガン機関出身の研究者クルスト・モーゼスが開発した「EXAMシステム」が存在するが、EXAMシステムはオールドタイプの搭乗を、NT-Dは強化人間の搭乗を想定して開発されているところに相違点がある。加えてEXAMシステムは連邦・ジオンの区別には特にこだわっておらず、あくまでNT自体の殲滅を最終目標として設計されていた。
 
武装 
 ビーム・マグナム
本機の主力武装。「マグナム弾」と呼ばれる専用Eパック(エネルギーパック)を最大5基連結し、1射で1基分のエネルギーを使い切る代わりに通常のビーム・ライフルの4倍、メガ・バズーカ・ランチャーと同等の威力を発揮する。ビームをかすめただけでも致命打となりうる(マグナム弾が通った軌道にはビームサーベルと同等の威力の紫電が散っている)ため、モビルアーマーなどの大型目標に対しては特に効果的。ただし、Eパックの携行数は予備を含めても15発分(マグナム本体に5発・左右リアスカートアーマーに予備10発)のみに過ぎないため継戦能力の低さと、あまりに高威力すぎるが故の取り回しの悪さが欠点である。銃本体は、非使用時にバックパックや腕部ラッチに固定して携行する。
OVA版では2号機に後述する専用武器が設定されたため、実質的に1号機の専用装備となる。劇中でリディ・マーセナスのデルタプラスが1号機から奪い取って使用するが、射撃の反動で右腕が動作不良を起こす描写がある。
 
 ビーム・サーベル
バックパックに2基と左右の前腕部ホルダーに1基ずつ、計4基を装備する。いずれも通常時は基部で折りたたまれ収納されているが、必要に応じてグリップが180度展開する。背部サーベルはデストロイモード時に展開され、額のアンテナと同様に本機のシルエットを“ガンダム”らしく変化させる。両腕のサーベルは、ホルダーに固定したまま発生器を前方に180度回転させることで、ビームトンファーとして使用することも可能。
 
 ハイパー・バズーカ
連邦系MSとしては標準的な実体弾火器。非使用時は砲身を短縮した状態でバックパック中央部に固定される。発射後に時間差で炸裂し、周囲にベアリング弾を撒き散らす特殊弾も使用可能。砲身にはオプション装備用のレールマウントが備えられ、同じアナハイム規格のグレネードランチャーやミサイルポッドを追加装備する。ビーム・マグナム同様、弾頭のパックはリアアーマーに懸架可能。威力過剰なビーム・マグナムに代わり、おもに周辺被害に配慮した任務に使用される。
 
 60ミリバルカン砲
多くの連邦系MSの頭部に内蔵される小型機関砲。5発に1発の割合で曳光弾が仕込まれており、発砲中の射線修正が可能。小説第3巻「赤い彗星」にて、シナンジュとの戦闘で使用されるが、初期の設定画には描かれていなかった(チェック漏れに気付かず、小説連載がスタートしてしまったため)。その後の設定画稿から新たに描き足されており、小説の挿絵にも描かれるようになる。2号機の場合は砲口がアンテナで覆い隠されている構造のため、実際に発砲できるかは不明。
 
 シールド
4枚の花弁状のサイコフレームパーツがX字型に展開し、中心部に対ビーム用のIフィールド発生装置が露出する。基本的にデストロイモード時に展開するが、ユニコーンモードのままでもIフィールドバリアとして機能する。Iフィールドはパイロットが操作しなくても自動で展開され、戦艦クラスのビームでも跳ね返すことができる。終盤では、サイコフレームによって発生した物理的エネルギーで、バーニアなどの推進器がないにも関わらず、ファンネルのように遠隔誘導されるに至る。
 
 ビーム・ガトリングガン
4銃身式の大型ビーム機関砲。本来はクシャトリヤ用に新造された装備だが、パラオからの脱出時に使用される。アナハイム規格で製造されているため、同じアナハイム社製のユニコーンガンダムでも使用可能。なお、OVA版の初使用時にはデバイスドライバのインストールが完了するまで発砲できない描写がある。両腕に1挺ずつ装備可能だが、2挺を連結して片腕に装備することも可能。地上編で本機がガランシェールに収容されて以降は、左腕シールドの内側に2挺を装備する。ハイパー・バズーカと同じく、ビーム・マグナムでは不適切な状況で使用されることが多い。
 
 アームド・アーマーDE
漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』において登場した、推進装置とビーム・キャノンから成るシールド用の増加ユニット。
 
1号機 
極秘裏に袖付きに受託される為、アナハイム社所有の工業コロニー「インダストリアル7」に持ち込まれた機体。装甲色は純白で、サイコフレームの発光色は赤。またサイコフレームの最大共振時は、発光色が赤から緑に変化し、全身に虹色のオーラをまとう。アナハイム社と深い関わりを持ちつつも独自の思惑を持つビスト財団の当主カーディアス・ビストの主導により、元々の仕様にはなかった「La+(ラプラス)」というシステムが組み込まれている。
「箱を開ける」というカーディアスの意思で「袖付き」に譲渡されるはずだったが、宇宙世紀0096年4月7日、「箱」を巡る地球連邦軍、アナハイム社、ビスト財団、袖付きの各勢力の暗躍によって偶発的に発生した戦闘の混乱の中、瀕死のカーディアスの手によってインダストリアル7の工専学生で彼の息子であるバナージ・リンクスに託される。その際、ラプラスシステムに彼のバイオメトリクスが登録されたため、ほかの人間が操縦することは不可能となる。
 
 La+(ラプラス) 
1号機に追加されたシステム。ビスト財団に強大な権力を与えることになった「ラプラスの箱」の所在地を明らかにする「鍵」である。このシステムが一定の条件下で発動すると、「ラプラスの箱」の手がかりとなるデータが開示される。その条件下とは、ラプラス・プログラムが開示した座標でNT-Dを発動させることである。なお、「搭乗者に強化人間と思われる反応があった場合システムは反応しない」とガエルの口から語られているが、カーディアスの言う「そのような細工」とはこのことを指す。
 
 フルアーマープラン 
バナージの友人タクヤ・イレイが考案した1号機の強化案。ゲーム版ではタクヤが夢で見たものを実案にしたものとされる。ハイパー・バズーカ2挺、ジェスタのグレネード・ランチャー、スタークジェガン肩部の対艦ミサイルランチャー、ジェガンのハンド・グレネード2セット、ビーム・ガトリングガンを6挺、脚部にハンド・グレネード各2セット、ビーム・マグナム1挺にシールド3枚を装着した重武装仕様。
機種を問わずネェル・アーガマに保管されていた武装類を無節操に、可能な限り装着した結果、計17門におよぶ大火力を得た。背面には、94式ベースジャバーのスラスター部を改造した大型ブースターを備えている。使い終わった武装はデッドウェイト化を避けるため、随時切り離すことができる。一見、寄せ集めでなんら計算されていない強化形態にも見えるが、タクヤはうまく帳尻を合わせており、機体のアンバランス化を防いでいる。また、これらの装備はデストロイモードへの変身を妨げないように取り付けられている。
なお、防御面においてはシールド以外の追加装甲は装備されておらず、正確には“フルアーマー”というのは不適切であり、このことは作中でも触れられている。しかし、タクヤがこの強化案を提出した際に「フルアーマーユニコーンガンダム」と名付けたことからその名称で呼ばれることとなる。
 
 ハイパー・ビーム・ジャベリン
「マスターグレード フルアーマーユニコーンガンダムVer.Ka」で新設定された追加武装。先端から斧状のビーム刃と槍状のビーム刃を発生させる。ビーム刃の発生器にはサイコフレームが内蔵されており、スライドすることで展開される。柄を二つ折りにすることでシールドへのマウントが可能。槍状のビーム刃発生器は取り外しが可能であり、柄尻部分やビーム・マグナムへのマウントが可能。
デザインモチーフは、クローバーの玩具「ガンダムDX合体セット」に付属するジャベリンである。



【PR】
ウェブプロモーション社長の書籍発行間近!!
このブログを見逃すな!!
⇒ ウェブプロモーション社長ブログ



にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム