ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダム > MS-06S 指揮官用ザクII(S型)[シャア専用ザク] 機動戦士ガンダム / 登場モビルスーツ紹介

MS-06S 指揮官用ザクII(S型)[シャア専用ザク] 機動戦士ガンダム / 登場モビルスーツ紹介




指揮官用ザクII(シャア専用ザク)
アニメ『機動戦士ガンダム』に登場した「シャア専用ザク(シャアザク)」に『ガンダムセンチュリー』や『MSV』などで設定を付記された機体。F型の総合性能向上型。主に中隊長以上の士官に配備されたためにこの名称で呼ばれ、中隊長用、士官用などとも呼ばれるほか、型式番号からS型とも呼ばれる
 
機体解説
指揮官用ザクII(S型)
ZAKU II COMMANDER TYPE
型式番号 MS-06S
所属 ジオン公国軍
製造 ジオニック社
頭頂高 17.5m
本体重量 56.2t
全備重量 74.5t
出力 976kw
推力 51,600kg
装甲材質 超硬スチール合金
武装 120mmザク・マシンガン
280mmザク・バズーカ
ヒートホーク 他
 搭乗者
シャア・アズナブル
ノイエン・ビッター(小説版)
黒い三連星
ジョニー・ライデン
 
F型を元に指揮官やベテランパイロット用に推力を30%増すなど細部が改修された機体である。ただし、燃料タンクの増設は行われていないため、稼働時間は短くなっている。また、指揮官用に通信能力を強化するため、ブレードアンテナが標準で装備されている。特に改造も必要なく、宇宙と地上の両方で活動できる。約100機生産されたとされている。
外観の形状は、アニメ本編上ではS型と量産型(F型やJ型)ではアンテナの有無以外の識別点がなかったが、バンダイのプラモデル「1/100 マスターグレード MS-06S ザクII」で、各部の姿勢制御サブスラスターや、ランドセルのバーニアがF型に比べて増加・大型化している、という形で初めて量産型との外観上での違いが設定され、パーフェクトグレードでもそれを踏襲している。劇中では量産型にブレードアンテナをつけた指揮官機も存在し、劇中でブレードアンテナを装備したザクIIが全てS型とは限らない。
指揮官はパーソナルカラーに塗装することを許されており、特に有名なのが、シャア・アズナブル少佐が搭乗した機体である。シャア専用機は「赤い彗星」の名の通り全身を赤系統(強めのピンクとワインレッド、ただしHGUCではワインレッドではなく茶色等、模型商品によっては細かな差も見られる)で塗装している。
 劇中の活躍
テレビ版第2話で初登場。シャア・アズナブルは、そのたぐいまれな操縦能力で機体性能を限界まで引き出し、「通常の3倍のスピード」と恐れられたほどの速さで専用機を乗りこなした。シャアの搭乗したMSの中で、続編も含めて全く損傷しなかったのはこのシャア専用ザクだけである。第10話でガルマ・ザビが戦死して以降登場せず、以後の消息は不明。第11話のドレンに対する発言によれば、シャア専用ザクは損傷なく存在しているようである。なお、グリプス戦役を舞台にしたOVA『GUNDAM EVOLVE-EVOLVE../12 RMS-099 RICK-DIAS』では、クワトロ・バジーナが操縦するリック・ディアスにインストールされた模擬戦用プログラムとしても登場した。
テレビ版にはシャア専用機以外の本機は登場しないが、劇場版IIIのア・バオア・クーの攻防戦において、部下の量産型を退避壕の外に突き飛ばしておきながら自分だけ壕に潜りこみ、直後に流れ弾のミサイルによって壕ごと撃破されるグリーンの本機の姿が確認されている。他にア・バオア・クー防衛ラインにおいて量産カラーの機体と戦列を組み出撃するシャア専用機に似た赤い機体の姿が見られる。またOVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079-』第2話では連邦軍宇宙艦隊を強行偵察する黒い塗装のブレードアンテナ付きザクIIが登場する。これらの機体は「角」を持つ共通点があるだけで、いずれも指揮官用ザクIIとする明確な証拠はない。
漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、「ルウム編」にてシャアが受領した機体を赤に染めた後、自分でデザインした角を付けたという経緯が描かれ、ルウム戦役ではノーマルのバックパックで3倍のスピードを出し、一般兵やコズン・グラハムが舌を巻いた。「ガルマ編」の終盤以降、出番がなかったが、オデッサ作戦前夜にジブラルタルにて、ガンダムと決着を着けるべく再登場。廃墟の中でジム二個小隊とスレッガー隊を壊滅させる。ガンダムをおびきだし決闘にのぞむが、シャアが友軍のドダイYSに気を取られた一瞬の隙を突かれて頭部を切断され、バランスを崩し海へと落下。シャアは脱出し、機体は放棄された。なおジャブロー戦では、三日月形のブレードアンテナを装着した指揮官機も確認できる。 小説版『機動戦士ガンダム0083』ではノイエン・ビッター少将が同型機に補助ブースターを追加した機体を愛用している描写がある。
『MSV』においては、黒い三連星のMS-06R-1A 高機動型ザクII以前の乗機がS型とされている。指揮官に配備されるS型3機による部隊構成は異例とされ、オルテガ機には予備武装用のコンテナが追加装着されている。また『MSV-R』においてはジョニー・ライデンが大尉時代にS型に搭乗したとされている。

備考
劇中ではホワイトベースのオペレーター、オスカが「この速さで迫るザクは存在しない。通常の3倍の速度で迫ってくる」という旨の発言をしているが、劇中ではそれがパイロットであるシャアの操縦技術によるものであるのか、機体性能の違いによるものであるのかは明らかでなかった。『ガンダムセンチュリー』では「通常の30%増しの推力」と設定されている。またOVA『第08MS小隊』に収録された映像特典「宇宙世紀余話」においては、シャアのルウム戦役での逸話「五隻飛び」に対して、スラスターの噴射と同時に、戦艦や隕石を次の標的へ向かう際の踏み台とすることで「3倍の速度」となった、とされている。ほかにも「3倍の速度」を直線運動の速度ではなく、シャアの技量による作戦スピードによるものとする記述もある。他にも、高機動型ザクのプロトタイプであった説や、「通常の3倍の速度を出せる性能を持っている」と解説した書籍・ゲーム・玩具も存在し、設定の統一はなされていない。
 

【恋愛のコトは恋愛のプロに聞け!!】
男性限定!!あなたを恋愛のプロにします。
恋愛のプロ、滝川ヤマトがあなたをモテ男に変身させます。
恋愛のプロ 滝川ヤマト公式サイト
会員数3,000人突破!!大人気の無料メルマガ






にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム