ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士Ζガンダム > パプテマス・シロッコ / 機動戦士Zガンダム 登場人物紹介

パプテマス・シロッコ / 機動戦士Zガンダム 登場人物紹介




パプテマス・シロッコ(Paptimus Scirocco, U.C.0061年~0088年2月22日)はアニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する人物。(声:島田敏)
 
キャラクター概要
地球連邦政府の木星資源採掘船ジュピトリスの責任者。階級はテレビアニメでは大尉、劇場版では大佐。木星船団を統率する指揮官であり、いわゆる「木星帰りの男」。自らを「歴史の立会人」と称して傍観者的立場を決め込むものの、長年に渡る木星圏での生活は彼にある種の悟りを開かせるものだった。ニュータイプの資質を有し、自身にとって有利と思える人物を惹き付ける天性の魅力を備える一方、他者に対し傲岸な態度をとり、反感を買う面もあった。事態を予見する洞察力、優秀なモビルスーツを独自に開発する知識を備えた天才肌の軍人である。
パイロットとしての能力も非常に高く、自ら開発したニュータイプ専用機ジ・Oでファンネルの挙動すら予測し、これを完全に封じている。最終的にバイオセンサーの力を解放したカミーユ・ビダンに操縦を奪われるまで、作中一度も直撃弾を被弾することがなかった。戦闘で発揮されるニュータイプ能力についても、ハマーン・カーンと互角に渡り合い、カミーユの精神を崩壊に追い込むほどの力があり、シャア・アズナブルをニュータイプのなり損ないと断じるシーンも見られた。そうした自らの能力に対する絶対の自信か、劇中ではノーマルスーツを一切着用しなかった。
 
シロッコの思想
シロッコは劇中で「この戦いが終わった後は恒星間旅行にでも行く」と語るなど、権力そのものには興味がなかったように描かれている。一方で天才が世界を引っ張っていくとした上で、自分はその天才であるとほのめかす発言も多い。シロッコはティターンズに与しながらも、「重力に魂を引かれた人々の解放」という、エゥーゴの理念と同じものを掲げている。ただし、自分の理念の詳細を語ることはなかったので、劇中からは具体的な指針はわからない。
シロッコは男性的権力、あるいは個人的才能のみで世を治めることはできないとして「女性による世界統治」を提唱している。彼はサラ・ザビアロフやレコア・ロンドといった女性を配下に置いており、自らの感性をも研ぎ澄ませていたという。彼女らがシロッコの野望を達成するための尖兵以上の役割を担っていたことは確かであるが、彼女らの中に次なる時代を担う異性としての才能を見出していたのか、あるいはおのおのに執着心を抱いていただけなのかは明確ではない。そして世界統治を女性に委ねるメリットがどこにあるかも語られていない。ただ、後にベラ・ロナを偶像としたコスモ貴族主義やマリア主義という形でシロッコの予言は一部成就しており、先見の明があったとも言える。
また、一方で優れた技術的・政治的才能を有するシロッコは、自らの野心を心中に秘めていた。彼が戦乱に身を投じた真の理由は、木星という僻地で持て余していた己の才能を、戦場という舞台を借りて存分に発揮することであったとする見方もある。シロッコと対峙したシャアは、彼を指して「役者」と表現している。結果として彼の才能は、さらなる災いの種を呼び込むことに繋がり、他者を自分の野心のために道具にする傲慢さゆえに「究極的な最高のニュータイプ」と称されるカミーユの怒りと、そして死んでいった者達の「魂の念」によって、その野望に終止符を打たれるに至る。
 
劇中での活躍
宇宙世紀0087年4月末に地球圏へと帰還。初登場時、自ら試作した可変モビルアーマー・メッサーラの性能テストを兼ねて、ブライト・ノアが艦長を務める難民を乗せたテンプテーションを襲う。さらに地球軌道上でアーガマと交戦し、その能力の高さを見せつけた。ティターンズ首領ジャミトフ・ハイマンに対し血の誓約書といった古風な誓いにより、表向き恭順を示してグリプス戦役に参戦する。しかし、彼は組織内において瞬く間に頭角を現し、同時にジャミトフの手に余る存在となっていく。ティターンズ旗艦ドゴス・ギアを任され、アポロ作戦時における月面都市フォン・ブラウン市制圧など、優れた戦績を上げる一方で、同時期に地球圏へ帰還した旧ジオン公国軍残党アクシズのミネバ・ザビに対しても忠誠を装うなど、その巨大な力をも手中に納めんとして策略を巡らせていく。
戦争終盤、アクシズ旗艦グワダン内において指導者ハマーン・カーンとジャミトフが同席する会談が行われる。会談中にエゥーゴのクワトロ大尉ことシャア・アズナブルが乱入、そしてティターンズのサラ・ザビアロフ曹長の暴走でグワダンが破損する。その混乱に乗じて彼はジャミトフを暗殺、それをハマーンの陰謀によるものとし、弔い合戦を全軍に呼びかける。自ら開発したモビルスーツ ジ・Oに搭乗し、ハマーンのキュベレイと対峙、ニュータイプ同士の熾烈な戦闘を展開する。そして、ナンバー2のバスクをも葬り去り、ティターンズの実権を完全に掌握する。
その後、グリプス2を改装したコロニーレーザーを巡って三つ巴の戦闘に突入する。戦闘中にコロニーレーザーが発射され、ティターンズは主力艦隊を喪失、シロッコは撤退を余儀なくされる。ジュピトリスを目前にΖガンダムと遭遇、シロッコは襲い掛かってきたカミーユ・ビダンを圧倒するが、死者の意思を吸収したΖガンダムの超常的威力の前に、乗機ジ・Oはその制御を失う。ウェイブライダー(WR)形態に変形したΖガンダムの突撃を受け、ジ・Oの装甲ごと肉体を貫かれた。絶命の寸前、シロッコは断末魔の思念をカミーユに浴びせつつ、その肉体は野望と共に消滅した。
なお、小説版は物語の結末が若干異なり、Ζガンダムから放たれたオーラによって機体制御を失ってコロニーレーザーの閃光に焼き尽くされた。
 
開発、および搭乗機体
PMX-000 メッサーラ
PMX-001 パラス・アテネ
PMX-002 ボリノーク・サマーン (設計のみ、パイロットはサラ・ザビアロフ)
PMX-003 ジ・O
PMX-004 タイタニア(ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズでのオリジナル設定のモビルスーツ)
RX-110 ガブスレイ(設計のみ、パイロットはジェリド・メサとマウアー・ファラオ)
RX-139 ハンブラビ(設計のみ、パイロットはヤザン・ゲーブル、ダンゲル・クーパー、ラムサス・ハサ 他)
RX-160 バイアラン (近藤和久の漫画版ではシロッコ設計かつ搭乗機。機体構造他がPMX系に酷似。パイロットジェリド・メサ他)。
 
指揮を執った艦船
ジュピトリス
ドゴス・ギア
 
その他
漫画『新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集』では、宇宙世紀0083年頃に木星圏の衛星ガニメデにあるジオン資源基地への掃討作戦に参加している姿が描かれている。自分に合わないガンダムタイプのMSに搭乗しながらも、シャアや若きハマーンと交戦。一時的ではあるがこれを撃退している。ただしこのコミック自体はパラレル要素が強く公式設定という訳ではない。
小説版では天涯孤独の設定であり、自分と似た境遇のサラを作品終盤に男女の関係を意識するまでは妹がわりに可愛がっていた。
『Ζガンダム』の主要人物では珍しく、名字で呼ばれることが多い。サラはアニメ本編および小説版で「パプティマス様」と独特の発音で呼んでいる。
永野護はヤザン同様にシロッコの新制服もデザインしたがこちらは採用されず、安彦がシロッコの新制服をデザインする際の参考とするのに留まった。軍服というよりは学究の徒に相応しいそのデザインは、のち永野の漫画『ファイブスター物語』の登場人物、バランシェ博士の私服に流用されている。
シロッコはヘアバンドをしているが、小説版によると適度に頭を締め付ける感じが心地よいとのことである。
木星圏に長期滞在していたが、宇宙から木星を見ていると「押し上げてくるような感じ」がして嫌いなのだという。
監督の富野の初期構想(いわゆる「トミノメモ」)には「現代医学が生み出した超人」との設定もあったが採用されなかった。


【恋愛のコトは恋愛のプロに聞け!!】
男性限定!!あなたを恋愛のプロにします。
恋愛のプロ、滝川ヤマトがあなたをモテ男に変身させます。
恋愛のプロ 滝川ヤマト公式サイト
会員数3,000人突破!!大人気の無料メルマガ





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム