ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動武闘伝Gガンダム > マスターガンダム / 機動武闘伝Gガンダム 登場モビルファイター紹介

マスターガンダム / 機動武闘伝Gガンダム 登場モビルファイター紹介




 
マスターガンダムは、テレビアニメ『機動武闘伝Gガンダム』に登場する兵器。
第13回ガンダムファイトで東方不敗マスター・アジアが搭乗するネオホンコン代表モビルファイター (MF)(大会登録番号:GF13-001NHII (注:番号末尾の「II」はローマ数字の2である))。
 
機体解説
マスターガンダム
MASTER GUNDAM
登録番号 GF13-001NHII
所属 ネオホンコン
開発 不明
全高 16.7m
重量 7.2t
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタル・ハイブリッド多層材
DG細胞
武装 マスタークロス
ディスタントクラッシャー
ニアクラッシャー
必殺技 ダークネスフィンガー
ダークネスショット
酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ
十二王方牌大車併
超級覇王電影弾
帰山笑紅塵
石破天驚拳 他
搭乗者 東方不敗マスター・アジア
 
手続き上は東方不敗マスター・アジアがクーロンガンダムから乗り換えた機体である。しかしその詳細は謎に包まれており、事実上詳細を知るのは東方不敗本人とネオホンコン首相ウォン・ユンファのみである。
この機体にはかつて東方不敗が搭乗したMFと幾つかの共通項または類似点が存在し、一般的にクーロンガンダムがDG細胞で変異した機体といわれている。元々クーロンガンダム自体、東方不敗がかつて搭乗していたシャッフル・ハートの残骸から組み上げられた機体といわれており、以前の特徴がDG細胞により復活したものと考えられているが、実際には四天王の機体は全て、オリジナルとは無縁でDG細胞がオリジナルに擬態している。
機体装甲はDG細胞で構成されているが、東方不敗の強靭な精神力によって完全に制御され、自己増殖や自己進化を遂げる事は無く、機体修復のみに活かされていた。
また、一般的にMFの搭乗者はファイティングスーツと呼ばれるナノマシンが織り込まれた素材で作られた専用パイロットスーツを装着するが、東方不敗は、自身の嗜好により初期のガンダムファイトで使用されていた通常の服にファイティングスーツの機能が組み込まれた服を着用している。初期の技術とはいえ、東方不敗の動きが完璧に機体にトレースされており、各国の査察団による検査でもレギュレーション違反の疑いは皆無であった。
グランドマスターガンダムにはマスターガンダムの上半身のコピーが流用されている。
 
武装解説
 マスタークロス
ビームで生成された伸縮自在の布状の武器。ビームサーベルと同様に切断能力を有する他、相手を絡めとることができる。モビルトレースシステムによってコクピット内の東方不敗の腰布と連動する。
 ニアクラッシャー
肘から先を伸縮させて手刀を叩き込む武器。
 ディスタントクラッシャー
肘から先を有線式で射出して手刀を叩き込む武器。
 シールド
背面に二基装備された防御用装備。シールドをマント状に展開して全身を覆った状態をノーマルモード、
ウイングとして背中に折り畳んだ状態をアタックモードと呼ぶ。
 
デザイン
デザインはカトキハジメが担当した。なおバンダイからプラモデル化される際、設計担当者がシールドの変形ギミックに悩んでいた所、カトキが「こうすれば変形できますよ」と描いた図案を元に設計したら難なく変形できたという逸話がある。この事が後にガンプラの「マスターグレード(MG)」シリーズなどのデザインにカトキが起用される一因となっている。
なお、MG化の際は新たなリファイン画稿は起こされず、アニメ用の設定画をそのまま使用している。アクション重視の為、シールドは小さく造形され変形機構はオミットされている。その代わり、旧1/100シリーズのプラモデルのシールドパーツがそのまま流用できるようになっていて、これを利用すればシールドの変形機構を再現出来る。HGFC化の際は初キット化となる風雲再起とのセットとなり、シールドの変形も再現されている。右側のシールドのみ可動し、シールドから右腕を出した状態も再現することができる。
本編準備稿段階の仮名称は「中堅幹部ガンダム」であった。
黒いボディに2本の特徴的な角と、監督の今川お気に入りの『鉄人28号』に登場したブラックオックスの意匠が組み込まれている。
デビルガンダムの一部として繰り出されるガンダムヘッドは、マスターガンダムの頭部から2本角を取り去った状態と共通の意匠をもっている。
 
劇中での活躍
第13回ガンダムファイト開催期間中、東京の旧新宿地区にて始めて姿を現わす。東方不敗の愛機として、その弟子のドモン・カッシュを始めとする新生シャッフル同盟の前に立ちはだかり、強敵として幾度となく苦しめたが、ランタオ島での決戦においてゴッドガンダムの石破天驚ゴッドフィンガーの前に敗れた。既に病魔に侵され自身の死期を悟っていた東方不敗は、自分を超えた弟子の成長を喜び、その腕に抱かれ安らかに息を引き取った。
 
マスターガンダム(レプリカ)
ゲーム『スーパーロボット大戦R』に登場するマスターガンダム。
ゲーム中、『Gガンダム』は原作終了後の扱いでデビルガンダム事件は解決し(とある事情でデビルガンダムそのものは復活登場するが)、東方不敗も死亡したことになっているため、オリジナルのマスターガンダムは存在しない。そのため、完全復活した東方不敗の搭乗機としてレインが新たに用意した機体が本機である。
武装や外観はオリジナルのマスターガンダムとほぼ同じものが再現され、東方不敗の気力が高まると機体が金色に光り輝く能力も再現されている。しかしDG細胞で構築された機体ではないため自己修復能力を持たず、性能もオリジナルに比べ劣っているとレインが語っているが、東方不敗は自身の腕で性能低下をカバーしてみせると一蹴。オリジナル機に引けを取らない戦闘能力を発揮した。
 

【あなたの悩みを解決する方法】

「もっとお金が欲しい」「彼女が欲しい」
「コンプレックスがある」「家庭がうまくいってない」
「あの情報が知りたいけどコネがない」


そんなあなたにオススメなのが
日本最大の情報ポータルサイト
サクラ通信

1万点以上の情報を集約した日本最大の情報量!!
きっとあなたの悩みを解決する情報が見つかります。


サクラ通信公式サイトはコチラ






にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム