ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動新世紀ガンダムX > ガロード・ラン / 機動新世紀ガンダムX 登場人物紹介

ガロード・ラン / 機動新世紀ガンダムX 登場人物紹介




ガロード・ラン
Garrod Ran
声:高木渉
本作品の主人公。15歳。身長161cm。体重53kg(いずれも公式サイトにて)。一人称は「俺」。父親は旧連邦軍の技術者であったらしいが、第7次宇宙戦争による大破壊によって戦災孤児となる。彼自身もエンジニアになりたかったようだが、孤児ゆえにモビルスーツ狩りやジャンク屋などで一人生計を立てていた。自称「炎のモビルスーツ乗り」(第34話より)。
A.W.(アフターウォー)15年のある時、北米のセントランジェの町でティファ・アディールという少女をバルチャー艦「フリーデン」から奪還するよう依頼され、艦内に潜入。しかし依頼人の顔を見たティファのおびえを見て依頼に背いて逃走、放棄されていたガンダムXと運命的に出会い追っ手を蹴散らす(第1話)。その後はフリーデンのクルーになるが、当初は集団生活に馴染めず、ガンダムXごと脱走した事もあった(第7話)。人工ニュータイプであるカリスとの対決ではガンダムXのサテライトキャノンを破壊される程の完敗を喫して一時自信を失うものの、ジャミルの叱咤による導きとキッド開発の新兵器ディバイダー、持ち前の操縦センスと順応性、そして自身の努力と工夫によって辛くもこれを打ち破った。かつてない強敵であったカリスとの戦い以降も、フロスト兄弟からの刺客達や、歴戦の勇士ランスローなどの格上の猛者と幾度となく戦い、苦戦しながらも戦うごとに一人前のパイロットとして、男として逞しく成長してゆく。第八次宇宙戦争ではフロスト兄弟との最終決戦に勝利すると共にマイクロウェーブ送信施設を破壊することに成功。フリーデン解散後は、ティファと共に新たな旅に出る。
第1話にてティファ奪還の仕事を引き受けた際、彼女に一目惚れしている。それ故に彼女を守りたいという意志がガロードの戦いの原動力になっている。カトックとの交流やエスタルドでの戦いを経験して次第に世界に目を向けていくようになり、最終決戦の後は「この世界で自分にどんなことが出来るのか探してみたい」とティファ達に語った。
ガロード・ランという名前は「我が道を行く」すなわち「我(ガ)が道(ロード)を行く(ラン)」が由来。『ガンダムX』の監督であった高松信司は、ガロードというキャラクターを「過去に縛られた古い世界が終わった後に新たな世界を切り拓いていくべき少年」と語っている。
ガロードの服装は、高松が『ガンダムX』の前年まで監督を務めていた『黄金勇者ゴルドラン』の主人公・原島タクヤの服装とそっくりである。この件について高松はDVD-BOX同梱冊子のインタビューで「(ガロードの髪型が『勇者警察ジェイデッカー』の主人公・友永勇太に似ている事も含めて)僕の好みのスタイルだったんでしょう」と回想している。

主な搭乗機はGX-9900 ガンダムX、GX-9900-D.V. ガンダムXディバイダー、GX-9901-DX ガンダムダブルエックス。



【あなたの悩みを解決する方法】

「もっとお金が欲しい」「彼女が欲しい」
「コンプレックスがある」「家庭がうまくいってない」
「あの情報が知りたいけどコネがない」


そんなあなたにオススメなのが
日本最大の情報ポータルサイト
サクラ通信

1万点以上の情報を集約した日本最大の情報量!!
きっとあなたの悩みを解決する情報が見つかります。


サクラ通信公式サイトはコチラ





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム