ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダムSEED > キラ・ヤマト / 機動戦士ガンダムSEED 登場人物紹介

キラ・ヤマト / 機動戦士ガンダムSEED 登場人物紹介




キラ・ヤマト(Kira Yamato)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』、及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する人物で、『SEED』の主人公。声の出演は保志総一朗。
 
プロフィール 
スーパーコーディネイター(一世代目)
誕生日:C.E.55年5月18日
星座:牡牛座
血液型:A型
年齢:16歳 (SEED) →18歳 (SEED DESTINY)
身長:165cm (SEED)→170cm (SEED DESTINY)
体重:65kg (SEED)→58kg (SEED DESTINY)
髪:茶色
瞳:紫
髪型:ショートシャギー
好きな食べ物:甘い物(タネキャラ劇場によると激辛なものも大好物である)
趣味:プログラミング
階級:地球連合軍少尉→オーブ連合首長国国防軍三尉→准将
出身地:G.A.R.M. R&D社L4コロニー メンデル内研究所(しかし育った場所は月面のコペルニクスである)
兄弟:カガリ・ユラ・アスハ(自称、姉)
 
人物 
元々は中立国オーブのコロニー ヘリオポリスで平和な学生生活を過ごす工業カレッジの学生だった。実は、数少ない「最高のコーディネイター」(スーパーコーディネイター)である。
一世代目のコーディネイターであり、両親はナチュラル(※父親はコロニー・メンデルの科学者・ユーレン・ヒビキ、母親は同僚のヴィア・ヒビキ)。養父母のヤマト夫妻はヴィアの妹夫婦である。 カガリ・ユラ・アスハとは、生後間もなくに生き別れた双子の姉弟関係である(カガリは自分が姉と言い張っており、オーブ軍内等でも姉弟だとみている)。
第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦をはじめとする多々の活躍から、フリーダムの威名とその強さはザフト軍において一躍有名になる(有名になったのはフリーダムの名で、キラの名はあまり伝わっていないという説もある)。小説版によると、オーブ軍をはじめとしたオーブの関係者と三隻同盟の関係者にはカガリの弟としてキラの名は知られている。一部では「最強の戦士」の異名をもち、ギルバート・デュランダルに「MSの操縦技術で彼の右に出る者はいない」とまで言わしめた。地球での砂漠での戦いでは、戦闘中に環境データを入れた(※彼の十八番であり、イザークやディアッカはできなかった)。セイバー、デスティニー、レジェンドに乗ったアスランやシン、レイなど最強クラスのパイロットたちを圧倒し、彼が戦場に来るだけで戦況が大きく変わる。本作でのMS撃退数が一番多く、事実上最強である。
また、2度撃墜されている。1度目はアスランによって、2度目はシンによってである。
また、アークエンジェルが単艦行動していた際には艦長であるマリュー、指揮官として実績を持つバルトフェルドよりもアークエンジェルの意思決定について中心にいることが多く、周囲もそれを受け入れていた。後にオーブ軍に正式に編入された際は、准将である。
 
劇中での活躍 
機動戦士ガンダムSEED 
ザフト軍クルーゼ隊のヘリオポリス襲撃に際して、シェルターに避難する途中に出会った、カトー教授の客としてゼミに来たカガリを一人シェルターに避難させた後、秘密裏に製造されていたMSストライクを発見する。さらにその直後、ザフト軍のエリートパイロットになっていたかつての親友 アスラン・ザラと意外な再会を果たす。キラはマリュー・ラミアスとストライクのコックピットに同乗するが、不慣れなマリューと操縦を代わり、ミゲル・アイマンの搭乗するジンと戦闘しながら未完成なOSを戦闘中に書き換えて撃退した。
その後、地球連合軍の最重要機密に触れた理由でカレッジの仲間と共に拘束されるが、そのパイロット適性やナチュラルには扱いきれない水準にOSを書き換えてしまった経緯などから、人員不足のアークエンジェルにおける主戦力として、ストライクのパイロットを務める事になる。その時、戦闘から帰還中、ヘリオポリスの故障した救命ポッドを発見してアークエンジェルに持ち帰った際、そのポッドに乗っていたフレイ・アルスターと再会を果たす。自身もコーディネイターであるにも関わらず、同胞と戦うことに苦悩しながらも、MSパイロットとして戦果を挙げ、6度目の出撃ではアークエンジェルの危機に際してSEEDに目醒め、その窮地を救った。
この頃、ザフト軍の救助ポッドを回収した事で、アスランの婚約者であるラクス・クラインと出会っており、友人を守るために別の友人と戦わなければならない境遇を彼女に吐露している。直後の戦闘で、ナタルがラクスを人質にしたことで、独断でラクスを逃がすという軍規違反を犯すが、キラが軍人ではなく、民間人であるという理由で処罰はされなかった。また、フレイと約束したフレイの父であるジョージ・アルスターを守る事を果たせず死なせてしまい、フレイに強く罵倒される。また、ハルバートン提督らの配慮により、ストライクのパイロットをやめる機会があったにもかかわらず、友人らが軍に残ると言ったので、それにつられて軍に残ると決めてしまった。さらに自分の活躍に感謝してくれた避難民の少女の乗ったシャトルを目前で撃墜されるなどの出来事が重なり、キラの精神は大きく不安定になり始め、守るためには「敵」を撃たねばならない事を痛感する。
戦争を忌避する気持ちとは裏腹に、ただ一人MSが操縦できるキラがストライクで戦うという状況が続く中、戦闘によるストレスからフレイの陰謀に絡め取られ、性的関係を結んでしまう。この時にアークエンジェルを襲ってきたイザーク、ニコル、ディアッカ達にアークエンジェルを撃墜されかけたことにより『SEED』に目覚め、彼らをいとも簡単に撃退させる。フレイとの関係を知り逆上したサイ(フレイの元婚約者)を力でねじ伏せ暴言を吐くなど、常軌を逸した言動も目立ち始めるようになる。フレイとの関係と同様に戦闘にも没入していき、終いにはストライクのコクピットの中で生活するようになるまでになっていた。 地球へ降下した後、砂漠でゲリラ活動に身を投じていたカガリと再会する。ナチュラルでありながら、コーディネイターに対して差別の目を持たない気さくな彼女とのアークエンジェルでの生活により、序々にキラ本来の人格が取り戻されて行く。また、砂漠で戦闘(初めての砂漠戦において足場の接地圧を変更するという、後にシモンズが離れ業と称した設定変更を行った)を交えたザフト軍北アフリカ駐留部隊率いるアンドリュー・バルトフェルドとの邂逅を通じて、キラは再び敵を撃つためだけに戦い続ける事への疑問を抱くようになる。その後も戦闘は続き、ザラ隊との交戦後オーブに保護される。一方で、オーブではフレイとの関係を間違いだったとフレイに告げ、また、オーブへ潜伏していたアスラン本人へ変わらぬ友情を伝える。
オーブを出た直後のオーブ近海における戦闘で、アスランを庇うため不意に飛び出してきたニコル・アマルフィのブリッツを撃墜してニコルを戦死させ、この一件によってアスランとの対立は決定的になる。そしてキラ自身も復讐に燃えるアスランとの死闘の最中、目前で友人 トールの乗るスカイグラスパーをアスランに撃墜されてしまい、怒りを爆発させる。両者は互いにSEEDを発動させ、激しい憎悪をぶつけ合うように壮絶な決闘を繰り広げた。戦いはアスランのイージスがストライクに組みつき自爆することで決着し、アスランは脱出したがキラはMIA(戦闘中行方不明)になってしまう。オーブではカガリ達がキラの捜索に向かうが、大破したストライクの残骸、及びアスランを発見したがキラを見つける事は出来なかった。
しかし、イージスが自爆した直後にロウ・ギュールによって救出され(マガジンZの漫画版では孤児が発見)、マルキオ導師の計らいでプラントのラクス邸に運ばれ、そこで目覚める。ラクスと語り合い、静かな時間が流れる中、様々な思いを巡らし、自分が何と戦わなければならないのかを模索する日々が続く。オペレーション・スピットブレイクの標的がアラスカの地球連合軍本部JOSH-A(ジョシュア)であることを知り、アークエンジェルの危機を思い愕然とするも、遂に戦争を終結させるために再び戦う事を決意し、ラクスの手引きでザフト軍の最新鋭MSフリーダムを奪取し、地球連合軍にもザフト軍にも属さない第三の立場で、終戦のために戦場に舞い戻った。また、この頃からキラは極力敵機のコクピットを狙わず、戦闘力のみを奪う戦い方をするようになる。半ばブルーコスモスに掌握された地球連合軍のオーブ解放作戦の際にはフリーダムの破壊及びパイロット抹殺の命令を受けたアスランと共闘し和解する。アークエンジェルとクサナギの宇宙への発進時にはアスランのジャスティスと共に2艦を援護し、宇宙ではラクスの乗艦するエターナルをザフト軍の追撃から救う。その後、コロニー・メンデルでクルーゼにより自身が多くの犠牲の上で唯一の成功体である最高のコーディネイター、スーパーコーディネイターだった出生の秘密を知らされる。
最終決戦となった第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では、アスランと共にプラントへの核攻撃を防ぐ。クルーゼとの戦闘では、目前でフレイの乗艦する脱出艦を撃墜され、フレイを失う。クルーゼとの死闘の末、戦争の影の暗躍者であるクルーゼ搭乗のプロヴィデンスを撃破した。キラは半壊したフリーダムのコクピットから投げ出され、生存の願いをこめてラクスから出撃間際に渡された彼女の両親の遺品である指輪をヘルメットの中で漂わせながら、涙を流しつつ宇宙空間を漂っていたところを「ジェネシス」の破壊を果たしたアスランとカガリに発見され、生還した。
 
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 
戦争が終わった後は、ラクスと共にオーブに渡り、カガリより貸与されたオーブ本島近海の島にあるアスハ邸でマルキオ導師と孤児達と共に日々を過ごし、マリューやバルトフェルド、母カリダと一緒に暮らしていた(ここまでがDESTINY開始までの経緯。前作より2年間このような生活をしていた)。 ザラ派残党によるテロ事件が起き、ユニウスセブンの破片が世界中に落下した時、ラクスとともに海辺で空を見上げていた。その後、オーブに帰還していたアスランと再会。さらにシン・アスカとも邂逅を果たす。
その後、ラクスの命を狙う謎のコーディネイター部隊の襲撃に際し、ラクスたちを守るために再びフリーダムに乗ることを決意する。その後カガリとユウナ・ロマ・セイランの政略結婚の式が挙げられた際、オーブと地球連合の同盟締結をカガリの手紙から知ったキラはフリーダムで結婚式に闖入し、国家元首であるカガリをアークエンジェルに連れ去った。
世界の情勢を見守る中、デュランダル議長が用意したラクスの偽者であるミーア・キャンベルの存在を知り、先のラクス暗殺未遂と暗殺部隊が使用したMSはザフト製の最新型MSであることも含め、プラント最高評議会議長であるギルバート・デュランダルに対し不信を抱くようになる。
その後、地球軍との条約によりオーブが戦争へと介入していくのを止めようとし、ミネルバと地球連合、オーブ同盟軍との戦闘に武力介入するようになる。ミネルバのタンホイザーを破壊し、シンのインパルスの右腕を切り落とし、アビス、ガイアを撤退に追い込み、グフイグナイテッド撃破、ハイネ・ヴェステンフルス戦死に関与するなど、フリーダムの戦闘力を見せ付ける。そんな中、ザフトに再び入隊しカガリとアークエンジェルの行動に疑問を持ったアスランと再会するも、根本的な解決にならず、ただ混乱させるだけと批判を受けるがラクス暗殺未遂の件でデュランダルに不信を持つキラとは話が噛み合わず、結果的に2人の間に確執を生んだままになってしまった。
ラクスがプラントの様子を探るために宇宙に上がると言った時は、その身を心配して反対したが、最終的には強奪したシャトルを守った後にザフト基地に攻撃を加え宇宙へ上がることに協力している。アスランとの確執はクレタ島海域での戦いの際にて一挙に表面化し、激怒したキラはSEEDを発動させ、アスランが搭乗するセイバーを大破させた。ベルリンでの戦闘時では、破壊をつくすステラが搭乗するデストロイを止めるべく出撃するが、ステラを説得すべく割って入ったシンとの間で小競り合いが起きてしまう。ステラも一度はシンの説得により戦闘を止めようとするが、フリーダムが視界に入ったことにより再び暴走、キラは発射寸前のデストロイのビーム砲を攻撃しこれを撃破、ステラは戦死してしまう。これによりフリーダムはシンの怒りを買う事になり、のちベルリン強襲の指揮官であるネオ・ロアノークを捕らえアークエンジェルに拘束した。
エンジェルダウン作戦ではキラはカガリ及びムラサメ隊をオーブへ届ける事を最優先とし、故にザフトに周りを囲まれながらもムラサメ隊を出撃させず、アークエンジェルを守るためミネルバ隊と戦った。シンは事前にレイと対フリーダムの研究をしており、そののち研究通りインパルスの特性をフルに活用するシンに対して、防戦メインのキラは徐々に追い詰められ、インパルスのパーツ離脱・再装着作戦、最後はエクスカリバーレーザー対艦刀による刺突でフリーダムは大破。しかし、その瞬間フリーダムの原動力となる核エンジンの原子炉を封鎖したためコックピットは助かり、海中で辛うじてカガリに救助される。一方、アスランも、デュランダルへの疑念によりザフトから脱出をはかるが追撃に出たレイのレジェンドとシンのデスティニーに撃墜され重傷を負う。その後アークエンジェルの医務室でキラとアスランは再会し、今度こそ和解を果たしている。
宇宙でラクスのエターナルが危機に陥った時は、彼女を助けるべくストライクルージュで宇宙に上る。総勢25機の精鋭(ザフトレッド)MS部隊に押され、機体を大破されつつもエターナルに着艦し、その時にラクスから新たな乗機となるストライクフリーダムを受け取った。戦闘力がフリーダムの4倍というMSの圧倒的性能差をもって、追撃するザフト軍を全て退けエターナルを守った。その後間もなく開始されたザフトによるオーブ侵攻戦の最中、ラクスが乗るインフィニットジャスティスと共にオーブに降り立ち(この際、ラクスの乗るインフィニットジャスティスをサポートするため、両機は手を取り合いながら大気圏を突破してきた)、シンのデスティニーに追い詰められていたカガリのアカツキの危機を救う。そこで再びシンと対峙し、激しい戦闘中エネルギー切れを起こしたデスティニーは撤退する。また、レイのレジェンドとも互角に渡り合った。この介入の混乱に乗じ、ザフトの目標であったジブリールは宇宙へ脱出、ザフトの作戦は失敗に終わった。
オーブでの戦闘が終結すると、オーブ軍に正式編入され、キラはアークエンジェルクルーの中では最も高い階級である准将に昇格し、ラクスやアスラン達と共に再び宇宙に上がる。この時プラントは、アークエンジェル隊の戦闘介入によって逃亡を許したジブリールによって、大量破壊兵器レクイエムの攻撃を受け、コロニー4基を直撃、余波によって2基が崩壊し、100万人以上が死亡するという被害を受けた。その後議長が行おうとしているディスティニープランを予測、それを阻止するために宇宙へ向かい、月の自由都市コペルニクスにてラクスやアスラン、メイリン・ホークと束の間の休息の途中、ミーアに救いを求められ罠と知りながらも指定された場所へと赴き、待ち伏せしていた刺客に襲撃される。刺客はアスランが退けたもののミーアはラクスを庇って撃たれ、その場で彼女の最期を見届ける。
その後、レクイエム中継用廃棄コロニーの一つを攻撃。偶然からイザークらと共闘する。
最終決戦のメサイア攻防戦ではオーブ軍、ザフト軍クライン派と共に、ザフト軍の殆どの戦力を自らの元へ集結させたデュランダルへと挑む。戦闘の最中、立ち塞がるレイの中に、キラはクルーゼと同じものを感じ取る。クルーゼと同じ憎しみを向けてくるレイに対し舌戦と応戦を繰り返し、「その命は君だ、彼じゃない」と言ってひるんだ隙を突きレジェンドを戦闘不能に追い込む。
その後、ザフト軍要塞「メサイア」に突入し、デュランダルと銃口を向け合う形で対峙し、互いの主張を(デュランダルは理知的に、キラは感情的に)戦わせた。両者は共に道を譲らなかったが、キラの言葉に動揺したレイがデュランダルを撃った。その場に現れたタリア・グラディスからマリューへの伝言を託され、キラは駆けつけたアスランと共に崩壊するメサイアから脱出した。
『FINAL PLUS』や『小説版』ではラクスと共にオーブへ訪れ、シンとオノゴロ島の慰霊碑にて再会、和解している。
メサイア戦終了後にはすでに与えられていたオーブ軍准将と同時にザフト軍白服の資格を与えられてプラントに渡っている。
また、最初の構想ではキラは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』には、ファンサービス程度にしか登場しない予定であったが、実際は後半はキラを中心として展開された。この事について監督の福田己津央は、一つの物語に三軸の主人公を据えて、三つの視点から描く事に挑戦してみたかったとの事。
 
ゲームメディアでの出演 
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
発売順としては初参戦作品。自身の境遇やポジションがよく似ているアムロ・レイから助言を貰うことが多かった。ほぼ原作通りで、一時期の精神面が不安定になっていた際には他ガンダムシリーズのパイロット達から心配されていた。
スーパーロボット大戦W
『SEED』本編の行動がダイジェスト的に描写されている他、『ASTRAY』とのクロスオーバーも多い。しかし自軍参加のタイミングが『スパロボZ』に次いで遅い。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd、スーパーロボット大戦K
キラの視点での『DESTINY』の原作再現が行われている。
スーパーロボット大戦Z
『DESTINY』本編の行動がほぼ忠実に再現されている。キラの介入行動に対する思惑の違いがZEUTH同士討ちの原因の1つとなるなど、作品全体のストーリーにも強く影響している。アムロ・レイやロラン・セアックなどの歴代主人公に、不殺の戦場介入行為を徹底的に批判・否定されてしまう。しかし、ハリー・オードを通じて増長したシンを叱り付けた時のカミーユ・ビダンの言葉をラクス達と共に聞かされそれについて考え抜いた末に、原作とは違い自分達のこれまでの行いを深く反省し、今後の覚悟をアスランと共にシンに語り和解した。自軍参加が参戦作品中最も遅く、ルートによっては最終話近くの場合もある。キラケンからはキラキラコンビを組まないかと誘われるなど、キラケンからは特に気に入られている。『交響詩篇エウレカセブン』のマシューからはあらゆる戦場へ介入する行動と、搭乗機の名前から度々『フリーダム野郎』と呼ばれている。准将という階級に関しては自軍参加後に「身内人事なので気にしないで欲しい」と言っており、あまりにも高い階級にやや戸惑い気味である。またこのシリーズから天然発言(本人にはその気はない)が多くなり、以降のスパロボシリーズで『天然キャラ』の面が度々現れるようになった。
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇
アスラン、シン、ルナマリア共々あらゆる次元世界を放浪することになる聖痕を刻まれて来訪。キラケンにランカの星間飛行を聴かせてやりたいと語るなど、引き続きキラケンとの仲は良好。
スーパーロボット大戦K
キラ視点で物語は書かれるが、本作ではキラは当初カガリの指示でフェストゥムの調査に専念していたため、原作やZで行った介入行動をほとんど取らず(唯一の介入ではオーブ軍を戦闘不能にして離脱させ、ミネルバを救った)物語が進む為、良識ある青年という印象が強く、冷静かつ真面目でありながらも天然ボケ発言をしたりするなどの場面も多い。
スーパーロボット大戦L
カガリを式場から拉致するまでの流れは『DESTINY』本編と同じだが、暗殺部隊に紛れて現れた怪しげな戦闘機を調査するため介入行動は行わない。その後、調査中にベルリンでの戦闘においてステラに止めを刺す事なくそのまま救出したことによりシンとの蟠りは発生せずエンジェルダウン作戦の際もシンにフリーダムを撃墜されることなくその場を脱出している。そしてオーブでの戦いにおいて裏でGreAT社が絡んでいることをつかむ。そのあと確信を得るためしばらくLOTUSと別行動をとったのちに正規合流する。
ガンダム無双2
キラのコクピットを狙わない不殺主義は今回省略されている(ただしムービーでの戦闘シーンでは相手の武装や頭部だけを攻撃している様に見える)。専用ストーリーでは「戦いはまた新たな戦いを生む」という矛盾に苦しみながら、戦いを止めるためアスランやラクスと共に戦い続ける。
機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT
SEED時代、隠し要素でDESTINY時代のキラとどちらも登場している。また隠しボスとしてストライクフリーダムに搭乗するキラが出現する事もある。
機動戦士ガンダム エクストリームバーサス
SEED時代ではストライク、フリーダム、DESTINY時代のキラではストライクフリーダムで参戦する。SEED時代の場合、本編では使用しなかった総合兵装ストライカー「I.W.S.P」を使用し、I.W.S.Pでの専用ボイスも設定されている。
SDガンダム GGENERATION DS
アークエンジェルがメインの「平成ガンダムルート」を選択すると早めに参入する。メインヒロインのディー・トリエルへの助言をするなど、メインキャラの一人でもある。
SDガンダム GGENERATION WORLD
オープニングステージ「欺かれた世界」から登場し、世界に異変を発生させているワールドシグナルを止めるために戦場へ姿を現す。その後エクストラステージ「目覚めるとき」で再登場し、ワールドシグナルの原因と思われるハルファスガンダムを止めようとするが、ハルファスを手中に収めようとするリボンズ・アルマークとの戦闘になる。シンとレイと協力していたリボンズ3人同時の相手に苦戦するが、その危機をダブルオークアンタに搭乗した刹那・F・セイエイに助けられ、刹那と共に共同戦線を張る。
Another Century's Episode:R
『DESTINY』本編終了後の世界で、シンとアスランと共にロゴス残党の処理に当たっていたところで怪現象に巻き込まれ、「惑星エリア」に転移させられる。喋る猫(魔装機神サイバスターのシロとクロ)がいても平然と受け入れるなど、異世界の住人ともあっさり打ち解けている。
 
搭乗機 
GAT-X105 ストライク
GAT-X105+AQM/E-X01 エールストライク
GAT-X105+AQM/E-X02 ソードストライク
GAT-X105+AQM/E-X03 ランチャーストライク
GAT-X105+AQM/E-M1 ストライクI.W.S.P(エクストリームバーサスのみ)
MBF-02 ストライクルージュ
ZGMF-X10A フリーダム
ZGMF-X20A ストライクフリーダム


【PR】
あなたはモテる女になりたいですか?
それともモテない女のままでいいですか?
モテる女はモテる条件を知っているのです。
あなたもモテ女になりませんか?
⇒ モテる女の条件

モテたい男はこれを見ろ!!
⇒ ヤマトの恋愛教材レビューと感想
⇒ 読者3000名超!大人気の無料メルマガ





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム