ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダムAGE > ガンダムAGE-1ノーマル / 機動戦士ガンダムAGE 登場モビルスーツ紹介

ガンダムAGE-1ノーマル / 機動戦士ガンダムAGE 登場モビルスーツ紹介




機体解説
ガンダムAGE-1ノーマル
GUNDAM AGE-1 NORMAL
型式番号 AGE-1
全高 18.0m
重量 43.4t
武装 ドッズライフル×1
ビームダガー / ビームサーベル×2
シールド×1
搭乗者 フリット・アスノ
デシル・ガレット(第5話)
アセム・アスノ(第16話‐第18話)
 
AGE-1 ガンダムAGE-1ノーマル(ガンダムエイジワンノーマル)
第1部主役機。フリット・アスノが開発した第1世代ガンダム。
アスノ家由来の特殊装甲材や独自のプラズマ制御技術が用いられており、地球圏のMSで初めてヴェイガン製MSを単独で撃破可能な性能を得ている。その外観は、アスノ家の屋敷に飾られていたガンダムの絵画をモチーフとしている。
主武装はAGEビルダーが初めて製造したビームライフル「ドッズライフル」。ヴェイガン製MSの装甲を一撃で貫通する威力を持つほか、先端の銃身を外すことで取り回しに優れたハンドガン(拳銃)モードとなる。両腰の装甲には、出力調節で刀身長を変化させることができる「ビームダガー(ビームサーベル)」を計2基装備。左腕には、白地にアルファベットのAのような青い装甲板を重ねたシールドを携行する。
ヴェイガンによる「ノーラ」襲撃の騒乱で正パイロットのラーガン・ドレイスが負傷したため、急遽フリット自らがパイロットを務める。「ノーラ」脱出後は新たに作成したウェアを活用しつつヴェイガンの襲撃を退けていき、のちのコウモリ退治戦役における勝利の立役者となる。
25年後の第2部では有事に備えてアスノ家の馬小屋に秘匿され、バルガス・ダイソンの手によってさらなる改良や整備が施されている。「トルディア」に襲撃してきたヴェイガンを撃退すべくアセム・アスノが起動させ、後継機AGE-2が完成するまで彼の乗機となる。AGE-2の配備後は連邦軍総本部「ビッグリング」へと移送され、胸部のAGEシステムを撤去したフラット仕様に改装される


【登録無料!!今スグ会おう!!】
大手が運営!安心・安全に利用出来ます!!
登録は1分で完了!!もちろん無料!!

⇒ とりあえず無料で登録しておこう!!




にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム