ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■映画 > 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア > リ・ガズィ / 機動戦士ガンダム逆襲のシャア 登場モビルスーツ紹介

リ・ガズィ / 機動戦士ガンダム逆襲のシャア 登場モビルスーツ紹介




リ・ガズィ (Re-GZ) は、アニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『機動戦士ガンダムUC』に登場する兵器。
Ζガンダムの量産化を目的に開発された半可変型モビルスーツ (MS)。
 
リ・ガズィ
Re-GZ
型式番号 RGΖ-91
所属 地球連邦軍(ロンド・ベル)
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
頭頂高 20.5m
本体重量 24.7t
全備重量 55.2t
出力 2,550kw
推力 14,200kg×2(バックパック)
11,000kg×4(腰部)
8,600kg×2(脚部)
(総推力)89,600kg
センサー
有効半径 18,900m
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 ビームライフル(出力3.8MW)
ビームサーベル(出力0.7MW)
2連装グレネードランチャー×2
バルカン砲×2
ハンドグレネード×2
バック・ウェポン・システム (BWS)
大口径ビームキャノン
ビームキャノン×2
ミサイルランチャー
搭乗者 アムロ・レイ
ケーラ・スゥ
チェーン・アギ
その他 姿勢制御バーニア×20
 
アナハイム・エレクトロニクス社が同社の傑作機Ζガンダムの量産を指標とし、少数生産されたΖプラスシリーズ以上の低コスト化を目指した機体。機体名の由来は「リファイン・ガンダム・ゼータ Refined Gundam Zeta」の頭文字の略称 (Re-GZ)。
本機の基礎フレームはΖガンダムのMS形態時のみをコピーして設計され、ベース機最大の特徴であった可変機構は省略されている。宇宙戦闘機形態をとるための機能は、全てオプションパーツのバック・ウェポン・システム (BWS) に依存している。Ζプラスのバリエーション機の中にR型と呼ばれる着脱式の大型バックパックを装備する機体が存在し、本機のシステムはこれに準じたものとなっている。宇宙戦闘機形態時にはBWSに搭載される大口径ビームキャノン及び2基のビームキャノンが使用可能であり、スペック上の性能においてはオリジナルのΖガンダムに匹敵する。しかし、戦闘機形態からMS形態への移行時にBWSを分離・排除することになり、逆の移行は事実上不可能となっている。
操縦系統にはニュータイプ・パイロット対応システムとしてバイオセンサーが搭載されているが、あくまで仮設の装備であるため、当時最新鋭のネオ・ジオン製ニュータイプ用MSに対しては力不足とも見られた。
本機は可変MSとしては比較的安価であったが、出撃の度にBWSを排除する仕様は(回収後、再度の利用が可能であったとしても)コストに見合うシステムとは言えず、またΖ系特有のピーキーな操作特性も改善されていなかったために本機に搭乗したアムロ・レイはνガンダムの設計に際し、同機にオーソドックスな操縦性を付与するに至った。本機の生産数については、第2次ネオジオン紛争の際に試作機が1機ロンド・ベル隊に配備されたのみとされてきたが、その3年後を描く『ガンダムUC』のOVA版4話において若干カラーリングの異なる本機がラーカイラムに再配備されている姿が確認できる。
機体形状はΖガンダムと似るが、頭部アンテナはガンダムタイプに多いV字型ではなく、細長いロッド状である。機体色はブルーグレー。本機を見たギュネイ・ガスは「ガンダムもどき」と呼んでいた。
 
武装 
 ビームライフル
アサルトライフルのような形状の専用ライフル。Ζガンダムのものとほぼ同等の性能。
 ビームサーベル
使用時に鍔の部分が左右に広がる独特の形状を持つ。劇中ではどこからサーベルを出しているか明確ではなかったが、プラモデル「マスターグレード」発売の際に、左右バックパックに1本ずつ収納されていると設定された。
 グレネードランチャー
Ζガンダムと同様の前腕部に装備される連装ランチャーに加え、腰部側面にもやや大型の連装ランチャーを装備する。腕のランチャーに外付けの弾倉を取り付けられるかは不明。
 頭部バルカン砲
連邦軍の標準的なMS用装備である、口径60mmの補助火器。νガンダムと同様、側頭部から排莢を行う。
 ミサイルランチャー
シールド上部裏にミサイル3発を装着できる。BWS装備時も使用可能。
 バック・ウェポン・システム (BWS)
専用のオプションパーツ。機首に大口径ビームキャノン、その両脇にやや小型のビームキャノンを装備し、翼の下面にはプロペラントタンクを装備する。BWSの装着により、空間戦闘を主眼に置いた重戦闘機としての運用が可能となる。主兵装となるビームキャノンは一斉射で巡洋艦クラスの艦艇を撃沈するほどの威力がある。装着時にはBWSが頭部から背中に被さり、下面(胸・腹部)をシールドで覆う。戦闘中の分離・排除は可能であるが、再装着は不可。
 
劇中での活躍 
当初はアムロ・レイが搭乗し、5thルナでの戦闘でギュネイ・ガスのヤクト・ドーガを追い詰めるが、シャア・アズナブルが搭乗するサザビーに阻止される。サザビーには付け入る隙がなく、シャアからは「情けないMS」「おもちゃ」とまで呼ばれる。アムロがνガンダムに乗り換えた後はケーラ・スゥが搭乗。アクシズ付近に展開するムサカ級巡洋艦を次々に撃沈するが、ギュネイのヤクト・ドーガとの戦闘では太刀打ちできず、捕獲され中破、BWS・右腕・右足・左バックパックなどを失う。捕らえられたケーラはヤクト・ドーガのマニピュレーターに握り潰され死亡。その後、技術士官のチェーン・アギがサイコフレームのサンプルをアムロにより近づけるため、スラスターを応急修理しただけの本機を持ち出して搭乗。クェス・パラヤのα・アジールと交戦、サイコフレームの力が発動したのか、グレネードランチャーがα・アジールの損傷していた首元に命中、その一撃で撃破に至る。直後、クェスの死に逆上したハサウェイ・ノアのジェガンが発射したビームライフルによって、チェーン共々撃墜された。
OVA『機動戦士ガンダムUC』では、4話にて地球に降下したラー・カイラムの格納庫でジェスタの奥に再配備された本機が登場している。
 
備考 
『逆襲のシャア』の小説版である『ハイ・ストリーマー』では、Ζガンダムを入手できないアムロ・レイがΖガンダムのフレームをコピーして制作したMSとして設定されている。しかし、チェーン・アギにはホビーに過ぎないと評価され、新たにνガンダムを建造する運びとなる。本機の特徴であるBWSはランドセルと表現されており、アニメ本編とはやや形状が異なる。またフィフス・ルナの戦闘終了後、回収して持ち帰り後の戦闘でも使用するように、「使い捨て」とは多少イメージが異なる描写がなされている。
『逆襲のシャア』本編では当初複数機が登場することも考えられており、よりガンダム顔をしたアムロ専用機のラフが存在する(リ・ガズィ・カスタム参照。ただしこちらは通常機と同様のBWS装備の機体)。
『機動武闘伝Gガンダム』の物語終盤で、デビルガンダムの迎撃のために出撃した大量のガンダムの中に一瞬だけ本機が確認できる。


【登録無料!!今スグ会おう!!】
大手が運営!安心・安全に利用出来ます!!
登録は1分で完了!!もちろん無料!!

⇒ とりあえず無料で登録しておこう!!




にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム