ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■映画 > 機動戦士ガンダムF91 > ガンダムF91 / 機動戦士ガンダムF91 登場モビルスーツ紹介

ガンダムF91 / 機動戦士ガンダムF91 登場モビルスーツ紹介




ガンダムF91(エフきゅうじゅういち:フォーミュラナインティワン、FORMULA 91: FORMULA NINETY ONE)は、映画『機動戦士ガンダムF91』、ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』に登場する地球連邦軍の試作MSである。
 
ガンダムF91
GUNDAM FORMULA 91
型式番号:F91 (F-91)
所属:地球連邦軍
建造:サナリィ
生産形態:試作機
頭頂高:15.2m
本体重量:7.8t
全備重量:19.9t
出力:4,250kW
推力:88,400kg
装甲材質:ガンダリウム合金セラミック複合材
武装:バルカン砲×2
 メガマシンキャノン×2
 ヴェスバー×2
 ビームシールド×1 (1)
 予備ビームシールド×1 (1)
 ビームサーベル×2
 ビームライフル
 ビームランチャー
搭乗者:シーブック・アノー
 ベルフ・スクレット
その他:アポジモーター×51 (8)
 
「フォーミュラ計画」において「現時点でのMSの限界性能の達成」を目指して作られた超高性能MSである。クラスターガンダムと並行する形で開発された。バイオセンサー及びバイオコンピューターや、かつてνガンダムやユニコーンガンダムに採用されたサイコフレームと、その技術を発展させたMCA構造を採用しており、サナリィ製MSの集大成となっている。その性能は、かつてニュータイプと呼ばれた者しか最大性能を発揮できないほどである。「ガンダムF91」の名前は、(頭部デザインが似ているという事で)名機 RX-78-2 ガンダムにあやかって、スペース・アーク艦長代理レアリー・エドベリが命名したもの。正式な名称はF90と同様、型式番号そのままの呼び名「F91」である。前モデルであるF90が意図的にRX-78ガンダムに似せられたのに対し、本機は頭部以外にガンダムの特徴は薄くなっている。これはF90と違い、機能・性能を優先してデザインされた結果である。
専用開発された小型・高出力なジェネレーターの採用により、従来の第二期MSよりも非常に高性能な機体であり、ビームシールドの他、ヴェスバーの搭載を可能としている。 F91にはある程度ハードポイントが存在するため、ガンダムF90のミッションパックの内、いくつかが使用可能である。また、独自のバリエーションも存在する。
機体冷却を非常に重要視しており、各部に放熱フィンを設けてある。特徴的な胸の放熱フィンの集合部分の内部には装甲があり実は胸部分も堅牢な作りである。また戦闘時の飛行姿勢ならば胸の上面装甲が正面にきて放熱フィンの集合部分は見えなくなるために放熱フィンの集合部分の被弾確率も実質的に低い。両肩の放熱フィンは展開式で飛行時のスタビライザーを兼ねている。そして頭部にはこの機体の特徴である冷却システムがありフェイスガードが両頬に収納され人の顔に似たエアダクトが露出する。冷却触媒を排出する機構で、特に宇宙空間では有効な廃熱方法で頭部のバイオコンピューターを重点的に冷却する。
 
武装
 ヴェスバー
V.S.B.R.(Variable Speed Beam Rifle=可変速ビームライフル)。F91の背面側に、フレームのアームを介して左右一門ずつ懸架されている。弾速が速く貫通力が高いビームと、弾速は遅いが威力の高いビームの二種類を選択できる。F91のヴェスバーはジェネレーターに直結する形で配置されており高出力である。懸架時はウイング・バインダーと同様にAMBAC作動肢として機能する。また、新開発された大容量のコンデンサーにより連射も可能であり、本体から分離した状態でも数発は発砲可能である。劇中ではビームシールド越しにデナン・ゾンを撃墜、その威力はシーブックが思わず「こいつは強力すぎる」と零すほどだった。またフロンティアI脱出時、四方八方から迫ってくるバグに対処するため背面に懸架したまま6発続けて発砲している事から、連射性にも優れる事が伺える。
 ビームランチャー
威力が高いビーム兵器。砲身後部にEパックを配する。背面腰部にあるマウントラックにて携行できるが、その場合物理的干渉のためヴェスバーは使用できない。多くのゲーム作品やイラストで、これを装備しているF91が良く描かれるが、実際に使用したのはラフレシアとの戦闘時のみである。
 メガマシンキャノン
本機の胸部両側に一門ずつ、計二門設置されている大型短銃身式の速射機関砲。接近戦で用いる事により敵性MSを破壊する威力を発揮する。
 ビームシールド
本機の左下腕部に設置されている防禦装備。右腰の装甲内に予備を携行する。F91に装備されているビームシールドはコンデンサを搭載し、機体から離れた状態でも稼動させる事が可能で、劇中では本機能を利用し投擲武器のように投げつける事も場面もあった。またブロック毎に展開可能であり、機体と接触する部分は機体側のフィードバック回路により自動的にカットされる。
 
機能
 バイオコンピューター
F91に搭載されたバイオコンピューターは、マルチプル・コンストラクション・アーマーで構成された機体を統括する、頭部に設置されたメインコンピューターである。パイロットへ肉体的、精神的な負担をかけない次世代サイコミュの雛形として開発された。本来は障害者向けのインターフェイスが軍事転用されたものである。機体が得た情報をパイロットの脳に直接伝え、パイロットが思考したことを機体に反映させる。そしてバイオコンピューターのもう1つの役割はパイロットの技量を分析し、機体性能にリミッターをかける事である。これは機体の性能が高すぎる為パイロットを保護する目的で設置されている。パイロットが最大稼働に対応できると判断されれば、リミッターを解除後し、パイロットと機体との同調性をさらにあげて最大稼働の状態を的確に維持できる補助も行う。バイオセンサーとの同調を調整する働きも担っている。
 サイコフレーム/バイオセンサー
サイコミュのサブ増幅器が操縦席の背に組み込まれており、コクピットの周囲に使われているサイコフレームが主増幅器となっている。ラフレシア撃破後、モニカがバイオコンピューターを介してバイオセンサーを調整し、セシリーを探し出す描写がある。
 MEPE
最大稼働モード時に各部の冷却システムでは追いつかない為装甲表面を剥離させる「MEPE」(金属剥離効果=Metal Peel-off effect )によってバイオコンピューター及び機体各所で強制冷却が始まる。この際の副次的効果として、剥離した金属片が敵機のセンサーに認識されるために本機があたかも分身しているかのように見える(実際は金属片によるセンサーの誤作動であり、CGが再構成したコクピット内の映像である。劇中での台詞から質量を持った残像とも呼ばれる)。これはあくまでも副作用であり、当初から意図されたものではない。劇中1:46頃に機体全てをオーラが覆い始めているが、このオーラに関して説明する資料は見当たらない。なお、バンダイ マスターグレード 1/100 ガンダムF91の組み立て説明書には、MEPEはMCA構造の副産物であり、残像はレーダーやセンサーのみならず、パイロットの肉眼も欺瞞するとの記述がある。
マルチプル・コンストラクション・アーマー
かつてのサイコフレームの生成技術の応用により、構造材にコンピューターチップ以外の電子回路も鋳込んだマルチプル・コンストラクション・アーマー (MCA) 構造と呼ばれる新技術が採用されている。。
 
その他
一部の資料では試験的にミノフスキードライブが導入されたともいわれるが、その場合でもごく短時間の間スラスター出力を補う形で使用するのがやっとだったようである。
 
デザイン
メインメカニックデザインは大河原邦男。監督である富野の発案により、新世代のデザインを目指すべく従来のバーニア型のスラスターは全て廃されている。更に当時、HONDAの連勝などにより注目されていたフォーミュラ1(Formula One、英語発音: /ˈfɔːrmjulə ˈwʌn/ フォーァミュラ・ワン)にあやかり、胴体部や関節部などに車やバイクのラジエーターグリルを連想させるデザインを採用している(形式番号のフォーミュラやパイロットのノーマルスーツがレーシングスーツの意匠を組んでいるなどにも関連)。大河原が複数のデザイン案を提出し、最後にサブデザイナー達のデザインをクリンナップする形でデザインの完成を見た。背部に今までにない形状のバックパックやV.S.B.R.を配置するなどアイディアに富んでいる。特に胸部の形状は、これまで大河原や他のデザイナーがデザインしてきたガンダムと呼ばれるMSのデザインと一線を画す。
 
劇中での活躍
映画『F91』においては、連邦軍本隊より取り残され、住民によるゲリラ活動の拠点となっていた練習艦スペース・アーク内で整備されていたが、正規の整備マニュアルがほとんど無く、代わりに残されていた開発者のモニカ・アノーの録画映像によるバイオコンピューター接続方法の口頭説明に理解不能の部分があり起動不能であった。その映像を見せられたモニカの娘リィズ・アノーは、その説明がかつて母に教えられていたあやとりの用語だと気付き、無事起動に成功する。
そして、「工学科の学生でモビルスーツ操縦実習の経験がある」上に「母親が作ったコンピューターだから相性がいいだろう」という理由でリィズの兄であるシーブック・アノーがパイロットを任せられることになり、CVとの戦いで多大な戦果をあげた。現在までのところ、地球連邦軍とそれに関係する機関が開発し、連邦軍が自らのために運用した最後のガンダムタイプである(後のGセイバーでは連邦は崩壊している)。
ゲーム『フォーミュラー戦記0122』では、運用試験のために連邦軍ラー・カイラム級機動戦艦エイブラムに搬入されたが、オールズモビルとの戦闘に突入したため、ベルフ・スクレット少尉機として運用されている。この時点ではバイオコンピューターは調整が遅れていたために搭載されておらず、通常の学習型コンピューターを搭載していたため100%の性能は引き出せない状態であった。オールズモビルとの戦闘が終結した後の宇宙世紀0122年12月にフロンティアIに搬入され、頭部コンピューターの換装が行われる。
ちなみに、『機動武闘伝Gガンダム』のガンダム連合の中にこの機体もΖガンダムやガンダム試作2号機、ザンボット3と共に混ざっており、一瞬だけ姿を見ることができる。


【登録無料!!今スグ会おう!!】
大手が運営!安心・安全に利用出来ます!!
登録は1分で完了!!もちろん無料!!

⇒ とりあえず無料で登録しておこう!!




にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム