ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダムΖΖ > ジムII(GMⅡ) / 機動戦士ガンダムZZ 登場モビルスーツ紹介

ジムII(GMⅡ) / 機動戦士ガンダムZZ 登場モビルスーツ紹介




 ジムII(GMII、ジムツー)は、テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』、『機動戦士ガンダムΖΖ』および、小説・OVA『機動戦士ガンダムUC』に登場する兵器。
地球連邦軍、ティターンズ、エゥーゴの量産型モビルスーツ(MS)。
 
ジムII
GM-II
型式番号 RGM-79R、RMS-179、RGM-179
生産形態 量産機
頭頂高 18.1m
本体重量 40.5t
全備重量 58.7t
出力 1,518kw
推力 15,500kg×4(背部)
(総推力)62,000kg
センサー
有効半径 8,800m
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
武装 ビーム・サーベル
ビームライフル
バルカン砲×2
シールド
搭乗者 地球連邦軍(エゥーゴ/ティターンズ/カラバ)一般兵
その他 姿勢制御バーニア×10
 
機体解説
 一年戦争において地球連邦軍を勝利に導いたRGM-79 ジムの発展型(改修機)。主武装を精度の低いビームスプレーガンから、ガンダムに匹敵するエネルギー充填型BR-S-85系ビームライフル(AEボウワ社製:出力1.9MW)とし、コクピットには全天周囲モニターを採用。主機の換装やサブセンサー設置などの近代化改修が行われたものの、コストパフォーマンスを優先したため、目を瞠る程の性能向上はなく、ジムのマイナーチェンジ版の域を出ていない。
 
 これらのアップグレードによって、カタログスペック上は装甲を除きRX-78 ガンダムを上回るものの、グリプス戦役時には既に旧式化しており、次々と繰り出される新型機の前に苦戦を強いられ、第一次ネオ・ジオン抗争の時には、月のグラナダの警備に配置されるなど前線からは離れていた。後に多くの機体は退役するかジムIIIに改修されたが、新型機配備が間に合わない&運用面での使い勝手の良さから、一部の機体は次々世代機のジェガン登場後もなお現役で稼動していた。

 従来のジム(先行量産型)をアップデートした機体には「RGM-79R」の型式番号が、RGM-79CR ジム改高機動型を経てグリプス開発基地にて新規に製造されることになったジムIIには新たに「RMS-179」の型式番号が振り当てられた(「RMS-179」とは別に新規生産の「RGM-179」の型式番号を持つジムIIも存在する)。エゥーゴも元々の戦力自体が反ティターンズの連邦宇宙軍を中心としていたこともあり、設立してしばらくは連邦軍の主力を担っていたこの機体の機体色を変更して主力機として使用していた。
 
機体カラー
 ティターンズおよび連邦軍で使用された機体色は赤 / 白である。ただし、第1話ではティターンズカラーである濃紺で塗られたジムIIが、下半身のみだが確認出来る。

 エゥーゴでの正式な機体色は緑 / 白。シールドの星マークは赤で塗りつぶされている。TV版第32話や劇場版『機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-』にはネモと同様にカラーリングされたジムIIが登場。

小説『機動戦士ガンダムUC』においてトリントン基地防衛に当たった機体は、デザートピンク / 紺に塗装されている。OVA版では、デザートカラーの機体の他にも連邦カラーの機体が連邦政府首都ダカールとトリントン湾岸基地での戦闘に登場した。


【今週のイチオシ!!】

男性必見!!今年のクリスマスは独りじゃない!!



にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム