ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダムSEED > イージスガンダム(GAT-X303) / 機動戦士ガンダムSEED 登場モビルスーツ紹介

イージスガンダム(GAT-X303) / 機動戦士ガンダムSEED 登場モビルスーツ紹介





 イージスガンダムは、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場する兵器。
地球連合軍の試作型モビルスーツ (MS) 。劇中での正式名称はイージス。機体名の「イージス」はギリシア神話に登場する防具「アイギス」に由来する。
メカニックデザインは大河原邦男が担当。また、この独特な機体と変形デザインは、『∀ガンダム』にてシド・ミードが考えたが没となったミリシャのMSが原型となっている。その独特な変形を気に入ったメカニックデザイナーの片桐圭一郎が、イージスへの転用を考えた。
 
イージス
Aegis
型式番号:GAT-X303
全高:18.86m
重量:79.60t
装甲材質:フェイズシフト装甲
武装:75mm対空自動バルカン砲塔システム
  「イーゲルシュテルン」×2
   60mm高エネルギービームライフル
   ビームサーベル×4
   対ビームシールド
   580mm複列位相エネルギー砲
  「スキュラ」
搭乗者:アスラン・ザラ
    エミリオ・ブロデリック(ファントムペイン仕様)
 
 
機体解説
 地球連合加盟国の1つ大西洋連邦が、オーブ連合首長国公営企業モルゲンレーテ社の技術協力を受け、オーブ管轄の資源コロニー「ヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型MS(G兵器 / 前期GAT-Xシリーズ)の1機。
本機最大の特徴は他の機体に採用されたX100番台・X200番台フレームとは根本的に構造が異なるX300番台の可変フレームを採用し、モビルアーマー (MA) への変形機能を備えている点である。X300番台に連なる機体はこの他にGAT-X370 レイダー、GAT-333 レイダー制式仕様などが存在するが、X100番台・X200番台のようにフレームには必ずしも一貫性はなく、あくまで「MA形態への可変機構を備えた機体が属するカテゴリー」と位置づけられている。
 
 MAは限定空間内での機動性ではMSに大幅に劣るものの、反面単一方向への速力はMSを上回る。イージスはその状況に応じた最適な形態を選択する事で、単体での高い攻撃力と汎用性を実現している。MA形態は対称の形状となった両手脚を進行方向に伸ばした巡航形態と、その手脚を広げ腹部に装備された580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」の使用を可能とした砲撃戦形態に分けられ、前面投影面積の少ない巡航形態で突撃後、接近した所で両手足のクローを展開し敵MSや艦船を捕捉して手足に内蔵されたビームサーベルで切り裂く、もしくは腹部のスキュラを零距離から発射して目標を完全に破壊する。もっともスキュラ自体は同時期のMS用武装の中でも最大級の破壊力を有しているため、通常射撃でも充分な威力を発揮できる。また他の4機との連携行動における指揮官機として開発されていたため、頭部に大型の多目的センサーユニットを搭載する等、通信・分析能力がより強化されている。

 汎用性の低さや複雑な可変機構、更には外見からも推察できる困難な整備性から、GATシリーズの中では唯一連合で量産型と思われる機体が開発されておらず、またライブラリアンからも発展型開発のベース機として採用されなかった。

 ただし、強奪したザフト軍では本機の可変機構を踏襲した核エンジン及びニュートロンジャマーキャンセラー搭載型のMSリジェネレイトが開発されており、また連合でも再建造された1機がロッソイージスとして改造を施され、ファントムペインに配備された。

 ジャスティスやセイバー等、アスランの搭乗する後のガンダム系機体はファクトリーを含めたザフト製となるが、赤色とトサカ状の頭部センサーのデザインは引き続き踏襲されている。
 
武装 
 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部額部に2門装備されている近接防御機関砲で、デュエルやストライクにも同型の装備が搭載されている。イージスは頭部に大型センサーを搭載している為、他機より設置箇所が若干下方になっている。
 60mm高エネルギービームライフル
MS形態の主力装備である専用ビームライフル。構成部材やデバイスは他のGAT-X機のライフルと同等だが、若干口径が拡大されており形状も大きく異なる。MA形態時と非使用時は右腰のバインダーにマウントされる。
 ビームサーベル
両腕・両脚のクローを発振源とするビームサーベル。完全な固定装備で抜刀動作が不要というメリットはあるが、ビーム刃が腕の延長線上に出力されるため通常のサーベルとは用法が異なる。また脚のビーム刃は爪先部分から出力するため、蹴りに連動して使う事も出来る。MA形態での使用も可能。
 対ビームシールド
ビームを拡散吸収する特殊塗料でコーティングされたシールド。他の系列機とは大幅に形状が異なり、運用法も異なる。非使用時及びMA形態時には左腰のバインダーにマウントされる。スカイグラスパー2号機(トール・ケーニヒ機)へ投擲し撃墜したこともある。
 580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
MA形態でのみ使用可能な大口径エネルギービーム砲。戦艦を一撃で沈める程の威力を持つ。
名前はギリシャ神話の怪物「スキュラ」に由来する。なお初期設定ではMS形態での発射も予定されており、模型誌等には当時の検討用画稿も公開されていた。
 
劇中での活躍 
 C.E.71年1月25日、ヘリオポリスを襲撃したザフト軍のクルーゼ隊によって強奪され、その作戦に参加したアスラン・ザラの専用機となった。以後は同じく強奪した3機と共に地球連合軍の新型艦アークエンジェルや唯一強奪を免れたストライクを再三窮地に陥れていく。

 C.E71年4月17日、オーブ近海の孤島にてストライクと激闘を繰り広げ(この戦闘では頭部と左腕を切り飛ばされている)、MA形態で組み付きその状態でスキュラでとどめを刺そうとするが発射直前にフェイズシフトダウンを起こし失敗。急遽そのままの状態でストライクを巻き添えに自爆し四散している。モルゲンレーテに回収されたストライクとは異なり、アスランがジャスティスでこの島を再訪した時も頭部が砂浜に残されていた。
 
 『ASTRAY』のプロモーションOVAでは本機のシールドがジャンク屋組合のオークションに出品されている描写があるが、このシールドがトール機に投擲されたものと同一かは不明。劇中では「連合のモビルスーツが落としていった盾」と説明されている。 



『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム