ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダム00 > GN-001 ガンダムエクシア / 機動戦士ガンダム00 登場モビルスーツ紹介

GN-001 ガンダムエクシア / 機動戦士ガンダム00 登場モビルスーツ紹介





GN-001 ガンダムエクシア

 TV本編の主人公、刹那・F・セイエイが搭乗するガンダム。運動性に優れたアストレアのフレームを基に近接格闘用として発展・特化させたMS。最大の特徴は各部に装備された5種7本の剣「セブンソード」で、開発時のコード名もこれにちなんで「ガンダム・セブンソード」と呼ばれる。
 
 この機体にはGNフィールドを貫徹可能な実体剣武装を多数装備しており、組織の内紛などで敵対したほかのガンダムや同能力の敵機を駆逐するための抑止力としての側面を持つ。また、その躍動感ある派手な戦い方からガンダムの性能と畏怖を民衆に知らしめるプロパガンダ的な役を担っており、AEU領内の軌道エレベーター「ラ・トゥール」近隣における初の公式的な武力介入に投入された。
 
 海老川が描いた初期稿では無数の粒子供給コードが筋肉のように全身に巻き付けられているなど、格闘家を思わせる筋肉質で重量感のあるイメージでデザインされていた。

 GNソード - 右前腕に装備される斬撃兵装。プロトGNソードでは見送られたビームライフルとしての機能が追加されており、刀身を折り畳むことで銃身を展開するライフルモードになる。プロトGNソードは左右兼用の装備だったのに対してこちらは完全な右腕専用となっているが、グリップの角度変更によって固定式と手持ち式に切り替えることができる。長大な刀身と高い攻撃力を持つ反面、取り回しではほかの武装よりも劣る。

 GNロングブレイド・GNショートブレイド - 両腰の武装ラッチに装備される大小2振りの実体剣。装備箇所やサイズによりGNソードよりも取り回しに優れており、厚さ3mのEカーボンをたやすく切断するほどの切れ味を誇る。ラッチに固定された状態で刀身を前方に回転させることも可能で、接近してきた敵への奇襲にも対応できる。対ガンダム戦における「鍵」として開発された装備であり、調整の難航からセブンソードの中では最も完成に時間が掛かった。本格的な配備はモラリア共和国での任務以降となる。

 GNビームサーベル・GNビームダガー - アストレアのサーベルと同型の装備。パイロットの操作により、投擲用に刀身を短く調節することでビームダガーとしても使用可能。通常は両肩後部に装備された2基をサーベル、腰背部に装備された2基をダガーとして使用する。

 GNバルカン - 両手首付近に1門ずつを内蔵する牽制射撃武装。出力は控えめだが、旧世代機には充分な威力を誇る。

 GNシールド - アストレアのシールドと似た形状だが、接近戦用により小型軽量化され先端部が打突に適した鋭い形状となっている。




『今年こそ彼女が欲しい!!』そう思った人はコチラ


にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム