ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ▼ガンダム関連ニュース・情報 > ★サスロ・ザビ(ジオン軍・ザビ家) 機動戦士ガンダム 登場人物画像付紹介

★サスロ・ザビ(ジオン軍・ザビ家) 機動戦士ガンダム 登場人物画像付紹介




サスロ・ザビ
Sasro Zabi
デギンの次男(三男説あり)。年齢などの詳細は不明(宇宙世紀0068年没説あり)。アニメの準備稿に設定として存在し、世間一般には小説版で初めて名前が登場した。一説には安彦良和のキャラクター原案のラフスケッチが流出し、そこから生まれたキャラクターともいわれる。後のギレンとドズルの原型となるらしいスケッチ画が残る。
一年戦争時にはすでに死亡していたため、アニメ『機動戦士ガンダム』作中には登場せず、小説版でも政治家としての能力が高かった旨が語られるのみで、その人物像は不明。また、小説版ではギレンがサスロの死を惜しむ場面があることから、兄弟の中で唯一ギレンが評価していた人物だと言える。一説ではジオン・ダイクンの葬儀の際、テロにより乗車を爆破され暗殺されたと言われ、同行していたドズルは兄弟を守れなかったという後悔の念から、末弟のガルマを溺愛するようになった。また、彼の特徴である顔の傷はそのときにできたものであるともいわれている。
漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』で初めて本格的に描かれ、デギン譲りの顔立ち(特に鼻)にギレンの目つきの悪さ、ドズルの屈強な体格を併せ持った容姿である。ムンゾ国民運動部長としてマスコミを牛耳り、世論操作などを行っており、その仕事ぶりの良さは兄弟も評価するところであった。その一方でダイクンの遺児を取り逃がした妹キシリアを平手打ちにし、それを咎めたドズルをも厳しく叱責するなど、ドズルには「やり過ぎ」とたしなめられる行動もある(もっとも、これはキシリアの慢心を諌めるための行動であったともされる)。前述同様、乗車中に爆破され暗殺されるが、本作では前述の平手打ちで彼に怨恨を抱いたキシリアが首謀者と思わせる描写がある(真相は定かではない)。安彦はサスロはザビ家の中では平均的な人物で、安定感のある人間がいなくなったことによりザビ家の不和が際立っていったと語っている。
漫画『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』ではジオン建国に多大な貢献をしたホト・フィーゼラーの口から、サスロは政才に富むゆえ国民からの支持をギレンと二分する恐れがあり、国の分断を避けるためザビ家の指示によって暗殺されたと語られている(ただし本作自体が二次創作であり、内容は公式のものではない)。
サスロの死はマスコミ操作により、世間ではザビ家と対立するジンバ・ラルの謀略と思われていた。その死についてギレンは、後に冷淡であったキシリアに対し「サスロの冥福でも祈ってやれ」と発言しているほか、ドズルも「パーティーなどの派手な行事に参加するのは嫌になった」と語っている。妻子については不明だが、ドズルの子ミネバが戦後のザビ家唯一の血筋だったことから子供はいなかったと見られる。



にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム