ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ▼ガンダム関連ニュース・情報 > ★ミネバ・ラオ・ザビ(ジオン軍・ザビ家) 機動戦士ガンダム 登場人物画像付紹介。

★ミネバ・ラオ・ザビ(ジオン軍・ザビ家) 機動戦士ガンダム 登場人物画像付紹介。




ミネバ・ラオ・ザビ
Mineva Lao Zabi
声:伊藤美紀(テレビ版『Ζ』・『ΖΖ』)、平本亜夢(劇場版『Z』)、藤村歩(『UC』)
宇宙世紀0079年9月2日、父ドズルと母ゼナとの間に、一人娘(初期設定では息子)として誕生。出生地はソロモン内と推測される。一年戦争以後、ザビ家の中で唯一生き残った人物。宇宙世紀を舞台に映像化されたガンダムシリーズの4作品に登場する。容姿は中性的かつ端正(小説版Zガンダムではカミーユがミネバの美しさに驚くという描写がある)。小説およびOVA『機動戦士ガンダムUC』ではメインヒロインをつとめる。以下は各作品における立場と扱い。
『機動戦士ガンダム』では、ソロモン陥落時には未だ乳児だったが、父の計らいで母と共に脱出に成功。バロムによって月のグラナダへ送り届けられた後、母に連れられ小惑星アクシズへと逃れる。なお、漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』では、宇宙要塞ア・バオア・クーへ送り届けられた後、一年戦争終結前後にマ・クベ及びシャア・アズナブルの手助けで同要塞を脱出、小惑星アクシズへと逃れる。漫画『THE ORIGIN』においては、ルウム戦役前にすでに誕生、ソロモン戦前夜には1歳を迎えようとしており、父ドズルらはズム・シティでの誕生会を計画していた。
『機動戦士Ζガンダム』では、幼くしてザビ家の正統後継者に祭り上げられ、アクシズの傀儡的君主となっている。当初、皇室警護官としてミネバの養育にあたっていたシャア・アズナブルは、彼女が普通の子供としてのびのび育つことを望んでいたが、摂政となったハマーン・カーンにより歪んだ帝王学教育を施され、ザビ家による支配こそがスペースノイドの真の繁栄につながるという思想を宿して育つ。ミネバはハマーンに対して「良く尽くしてくれる」と感謝はしていた。またロザミアがハマーンに対し「あんたのところには帰りたくないみたい」と言ったときは「それは違う」と言っている。親愛はあまりなかった様子で、ハマーンの前では笑顔を見せたことがなかった。その一方で、観光コロニー「モルガルテン」で知り合ったシンタとクム、ロザミア・バダムとは、同コロニー内にある湖でのボート遊びに興じたり、エゥーゴの指導者となっていたクワトロ・バジーナことシャアには生前の両親の思い出話を聞きたがったりするなど、ハマーンの息のかかっていない人間に対しては素直に喜怒哀楽を表している。宇宙世紀0087年、アクシズの拠点である小惑星アクシズ自体を移動させて地球圏へ帰還し、グリプス戦役に第三勢力として介入するが、実質的指導者はハマーンであった。小説版では自身が艦隊旗艦に座乗することで兵の士気が高まることを指摘するなど、幼いながらに父ドズルの血筋を覗かせるその将器にハマーンが畏怖を覚える描写もあった。
『機動戦士ガンダムΖΖ』では、グリプス戦役による混乱に乗じ勢力を拡大してネオ・ジオンを僭称するようになったアクシズの傀儡的君主となっている。ネオ・ジオンが地球連邦の首都ダカールを制圧した際にはハマーンと共に地球へ降下し、地球連邦要人とのパレードやパーティに出席している。ネオ・ジオンとエゥーゴとの第一次ネオ・ジオン抗争(ハマーン戦争)がネオ・ジオンの実質的指導者ハマーン・カーンの戦死により終結した際に、ミネバはグリプス戦役最終決戦直後にシャア・アズナブルによって連れ出され消息不明となっており、ネオ・ジオンでは影武者をたてていた事が明らかになる。シャアに連れ出された後、しばらくはスウィートウォーターに匿われていた。なお、『ΖΖ』の後日談にあたる『GUNDAM EVOLVE../10』では、木星に向かうジュピトリスIIが、追われている「M」という要人を保護するエピソードがあるが、この人物がミネバであるかどうかは明確にはされていない。また、劇場版『機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-』では、シャアによって連れ出されておらず、グリプス戦役終結直後に勉学のためサイド3経由で地球に降下する旨をハマーンが宣言している。
『機動戦士ガンダムUC』では、第二次ネオ・ジオン抗争(シャアの反乱)後、ネオ・ジオンの航宙貨物船ガランシェールにて逃亡生活を送っていたとされる。宇宙世紀0096年、16歳になったミネバは、ビスト財団とネオ・ジオン残党軍「袖付き」との間で行われる「ラプラスの箱」の取引を阻止すべく、単身、工業コロニー「インダストリアル7」に潜入し、そこでバナージ・リンクスと運命的な出会いを果たす。
取引を阻止しようとする連邦軍と「袖付き」の武力衝突に巻き込まれ、避難民としてネェル・アーガマに収容される。オードリー・バーンという偽名を名乗って脱出の機会を伺っていたものの、ほどなくして正体が露見、人質として連邦軍に拘束される。輸送艦アラスカで月へ移送される途中、連邦軍ロンド・ベル隊に所属するリディ・マーセナスの手引きで脱走。彼の父親で連邦政府中央議会の上院議員ローナン・マーセナスに助力を請うべく、リディの搭乗する可変MSデルタプラスに同乗し、ネェル・アーガマのパラオ攻略作戦に紛れ地球に降下する。しかし、ローナンからは期待していた助力を得られないばかりか、政治的な駒としてマーセナス邸に軟禁される。その間、連邦の貴族社会においてアースノイドが抱くスペースノイドへの偏見を目の当たりにし、次第に自身の在り方を見失ってゆく。折りしもローナンから「ラプラスの箱」の真実を聞かされ苦悩するリディから事実上のプロポーズを受けるが拒絶。失望の念を覚えたミネバは屋敷を抜け出す。逃亡中、立ち寄ったダイナーの老主人と交わした会話を切っ掛けに、ミネバは弱腰になっていた自分を悔い改め、課せられた運命と対峙する覚悟を決めるが、ローナンの手の者に捕えられ、ビスト財団に引き渡される。財団当主代行マーサ・ビスト・カーバインから財団との結託を要求されるも、マーサの欺瞞を看破したミネバはこれを拒否する。人質として巨大輸送機ガルダで移送される途上、バナージ・リンクスとスベロア・ジンネマンらガランシェール隊の活躍の甲斐あって脱出に成功。再会を果たしたバナージとは相思相愛の仲に発展する。大気圏を離脱したガランシェールで再び宇宙へと上がりネェル・アーガマと合流する。その後ユニコーンガンダムに同乗し、バナージと共に向かったL1ジャンクションにて、箱の所在を知る。だがその間にガランシェール隊がネェル・アーガマ内で反乱を起こし、フル・フロンタル率いる「袖付き」と結託したジオン共和国軍に艦が占拠されてしまう。ミネバはフロンタルが用意した軍服を身にまとって共和国軍兵士たちの前に姿を現し、彼らを熱狂させる。士気高揚を狙ったフロンタルの策略に対し、自身の象徴としての立場を嫌悪していたシャアの真意を知るミネバの態度は冷ややかであった。箱の座標を聞き出そうとバナージを脅迫するフロンタルに対し、ミネバは座標と引き換えに、フロンタルから箱を狙う真の動機を聞き出す。自らを人の総意に従うのみの器と定めてはばからないフロンタルに、「私の知っているシャア・アズナブルは本当に死んだ」と絶望する。その後、クルーと協力してネェル・アーガマの奪還に成功。待ち伏せるネオ・ジオン艦隊を突破し、忠実な部下マリーダ・クルスを失いながらも、始まりにして終焉の地であるインダストリアル7に到着する。バナージとともに財団宗主サイアム・ビストの下を訪れ、ついに箱の正体に辿り着く。全世界の放送をジャックした電波に乗せ、ミネバは箱の真実を公表する。事態の収束のため、マーサの命令で放たれたコロニーレーザーから仲間たちを救うためバナージはサイコフレームを発動。その結果、バナージはユニコーンガンダムに取り込まれ自意識を喪失してしまうが、最後は愛するミネバの呼び掛けに応えた。
なお『機動戦士ガンダムUC』において、彼女が使った「オードリー・バーン」の偽名は自らをお忍びの王女になぞらえたもので、映画『ローマの休日』でアン王女役を演じたオードリー・ヘプバーンに由来する。 正体発覚後、他の登場人物からの呼称が「ミネバ」になってからも、バナージだけは最後まで「オードリー」の名で彼女を呼び続けた。
各作品の作中、ニュータイプとしての素質があることを伺わせる描写があるが、上記作品中ではMSパイロットや実験体として利用されることはなかった。
 
備考
成長したミネバが登場する他の作品として、漫画『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』や漫画『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』があるが、サンライズ公式作品となる『ガンダムUC』が後年に制作されたため、いくつか矛盾がある。



にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム