ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ▼ガンダム関連ニュース・情報 > ★ガンダム6号機・マドロック(連邦軍) 『M-MSV』(大河原邦男コレクション・ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079 登場機体画像付紹介。

★ガンダム6号機・マドロック(連邦軍) 『M-MSV』(大河原邦男コレクション・ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079 登場機体画像付紹介。




ガンダム6号機(マドロック)
6th Gundam (Mudrock)
型式番号 RX-78-6
頭頂高 18.0m
本体重量 47.3t
全備重量 84.4t
出力 1,480kw
推力 70,500kg
センサー
有効半径 5,900m
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
武装 60mmバルカン砲×2
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル×2
シールド
300mmキャノン砲
グレネードランチャー
 
搭乗者 エイガー
セカンドロット系に属する6機目に製造されたガンダム。特にガンダム型MSの6番目の仕様に改修された状態を指す。開発時期によって「未完成型」と「完成型」に分けられる。
『MSV』として設定のみが存在していたが、『M-MSV』(大河原邦男コレクション)において、大河原邦男デザインという触れ込みで上記の仕様に改修された機体が発表された。その後リデザインされ、ゲーム『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』に登場、「マドロック」という名もこの際に設定された。開発責任者およびパイロットはエイガー少尉。同ゲームはジオン側を主人公としたゲームであり、本機はボスクラスの敵として登場する。
 
未完成型
元々6号機はプロトタイプガンダム初期試作型として開発されジムのテストベッドに使用された後、セカンドロットシリーズの現在知られる6号機仕様として改修された。ビームライフルのチャージ中に武装が弱体化するのを避けるため、両肩に大口径キャノン砲を装備し、有効性を検証するのが本機の開発目的とされている。
この砲については300mm実体弾砲説とビームキャノン説があり、小説版『ジオニックフロント』では後者の説を採用した上でビームキャノンの冷却システムに問題があり、十分な性能を発揮できなかったとしている。また、両腕に4連装グレネードランチャーを装備、ホバリングによる高速移動も可能である。ビームサーベルは2門あるキャノン砲横にそれぞれ配置されている。
作中ではジオンのジャブロー侵攻の際に、エイガー少尉の独断で初めて実戦投入された。しかし冷却システムの調整が不完全であったため、ジオン軍の特殊部隊「闇夜のフェンリル隊」の攻撃で破壊されるが後に修理される。
小説版ではエイガー少尉が敵に囲まれる事を避けるために、炎上中の艦船を背にして戦うという愚を犯したため、パワーユニットがオーバーヒートを起こし、大破させられた。
 
完成型
修理の際に肩部のアーマーと脚部ホバーユニットが追加され、完成型となる。さらに小説版ではビームキャノンの出力を70%(それでもジオン軍のどんなMSであっても一撃で破壊できる威力とされる)に押さえ、パワーユニットへの負荷を抑えている。しかし、完成型も再度闇夜のフェンリル隊と交戦し撃破される。小説版では、ゲラート・シュマイザーが搭乗する実体弾キャノンや煙幕弾の搭載など改造されたザクIによって撃破された。
 






にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム