ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダムΖΖ > 機動戦士ガンダムΖΖ 作品紹介

機動戦士ガンダムΖΖ 作品紹介




『機動戦士ガンダムΖΖ』(きどうせんしガンダムダブルゼータ、MOBILE SUIT GUNDAM ΖΖ)は、サンライズ制作のテレビアニメ。『機動戦士Ζガンダム』の直接の続編として作られた「ガンダムシリーズ」の一つ。略称は「ΖΖ(ダブルゼータ)」。1986年(昭和61年)3月1日から1987年(昭和62年)1月31日まで名古屋テレビをキー局としたテレビ朝日系で毎週土曜日17時30分 - 18時00分に全47話が放送。平均視聴率は6.02%。

物語
宇宙世紀0088年、グリプス戦役でティターンズは壊滅したものの、エゥーゴも大半のパイロットが戦死し、指導者でありMS隊の前線指揮官でもあったシャア・アズナブルは行方不明となり、主力パイロットであるカミーユ・ビダンも精神崩壊を起こしてしまい、戦力不足に悩まされていた。摂政ハマーン・カーンに率いられたジオン軍残党(アクシズ)はネオ・ジオンと名乗り、地球圏の制覇に乗り出す。
グリプス戦役で傷ついたエゥーゴの戦艦アーガマは、サイド1のシャングリラに寄港した。そこでジャンク屋稼業をしている主人公ジュドー・アーシタとその仲間たちは、Ζガンダムを奪って一儲けしようと企んだ事から、アーガマと関わり合いをもち、これに敵対するネオ・ジオン軍の巡洋艦エンドラとの戦闘に巻き込まれる。
 
作品解説
ガンダムシリーズの第3作であり、『機動戦士Ζガンダム』の直接的な続編として、第一次ネオ・ジオン抗争を描いた作品。前作とは対照的に、明るくコミカルかつテンポの良い作風にシフトした。番組中盤(20話以降)からは、コミカルな演出を残しつつも従来のシリーズ同様のシリアスな物語が展開されていった。
大気圏突入やコロニー落とし、強化人間の悲劇、敵陣営の内紛など従来のガンダムシリーズに見られた要素が多く盛り込まれている一方で、11歳の美少女パイロットエルピー・プルを登場させ、当時のロリコン・ブームをガンダム世界に導入するなど時代感覚を取り入れた試みも行われている。
富野が監督を務めた同時間帯の過去作品は物語が陰惨な結末に終わることが多かったが、本作ではハッピーエンドで幕を閉じたのも特徴である。しかしながら、『機動戦士ガンダム』のメインキャラクターの一人であるハヤト・コバヤシや、ドック艦ラビアンローズの艦長代理エマリー・オンス、前述のエルピー・プルが物語半ばにして戦死、当初はコミカルな敵役として登場したマシュマー・セロ、キャラ・スーンらも凄絶な最期を遂げていくといったハードなシーンも描かれた。
主人公ジュドーは、一貫して「大人」を理不尽な抑圧者として捉えている。また第一作から引き続き描かれる“ニュータイプ”の概念についても、本作では特に「大人の理不尽さ」と対極にある「子供の純真さ」と重ね合わせて描かれている。「子供」である主人公が「大人」を説教する場面は、本作を象徴しているといえる。
放送期間中にアニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の制作が決まったため、物語の後半で予定されていたシャア・アズナブルの登場が見送られ、映画に向けての伏線を張るだけに留められた。
映画『機動戦士Ζガンダム A New Translation』では、TV版『Ζガンダム』の結末が変更されたが、公開後に作成されたガンダム世界の年表を含む各種資料において、TV版からも劇場版からも、本作に直接繋がる形となっている。
 
デザイン
前作のΖガンダム同様、モビルスーツのデザインは難航した。当初は前作にも参加した永野護が担当する予定だったが、監督・富野の「ロボットアニメの原点に戻った、明快な作品にする」という意図を受けたそのデザインは、ユニークではあるがあまりにも従来のMSとはかけ離れ、「怪獣」や「宇宙人」を彷彿とさせる突飛なものまであった。
また、主役機ΖΖガンダムも、永野案では合体変形機構が模型で再現不可能なことが問題となった。何度かのデザイン修正が行われたものの、結局スポンサーサイドの納得いくものとはならず、永野は降板することとなる。なお、この永野版ΖΖのラフデザインは、当時バンダイから発売された小冊子「模型情報」で、仮デザインとして発表されている。
放映までほとんど時間が無い中、ΖΖガンダムのデザインはモデラー/イラストレーターの小林誠に、ネオ・ジオン軍MSのデザインは出渕裕に再発注されることとなった。小林は前作でバウンド・ドックやガザCといった可変モビルスーツをデザインしたことのある実績と、モデラーの経験を見込まれ、模型で再現可能な合体変形機構の修正を行うことを要請された。
締切まで2週間強という強行スケジュールだったが、コンセプトを「Gアーマーに変形・合体する最強のガンダム」とし、最強を示す記号として頭部にハイメガ粒子砲を装備したデザインがまとめられた。講談社「機動戦士ガンダム大全集」に掲載されていた、ΖΖガンダムのラフ案の中に波動砲を装備したΖΖガンダムとして、決定稿となったデザインに近いものが掲載されていることから、モチーフはアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の波動砲とみられる。
小林の案では曲面的なデザインだったが、当時の技術では商品化するのが難しかったので直線的にリファインされ、最終的に伸童舎の岡本英郎、明貴美加によってクリンナップされた。ただし、バンダイ「模型情報」によると、クリンナップしたのは北爪宏幸であるとされている。そして北爪のクリンナップ校了がプラモデルの設計開始に間に合わず、プラモデル「1/144 ΖΖガンダム」の胸部形状が設定と異なったともされている。クリンナップ第1稿ではGフォートレスに機首が無く、小林の希望で急遽ダブルビームライフルの後端に機首が追加設定されている。
出渕はスケジュールの都合でデザイン原案のみの担当となっており、自身の手でクリンナップしたのはバウ及びガルスJの頭部稿のみである。他のデザインのクリンナップはΖΖガンダム同様、岡本や明貴が行っている。番組中盤以降は、明貴がほぼ全てのデザインを担当したが、モデラーの小田雅弘や佐山義則、模型雑誌「モデルグラフィックス」の編集スタッフ等も協力している。
本作では、エゥーゴMSはツインアイとゴーグルアイ、ネオ・ジオン軍MSがモノアイタイプと明確に分けられた。その影響により、メタスが序盤で退場となり、リック・ディアスの強化型であるシュツルム・ディアスがネオ・ジオン軍MSとして登場することになった。
本作では旧作に登場したMSのデザインをリファインし別の機体としたものを登場させた。また、『機動戦士ガンダム』に登場、あるいは同作品には登場しなかったものの設定のみ存在したMSも登場した。
一部リファインされ登場したMS
アイザック
ハイザックの偵察機能強化型。2009年に「HGUC」としてもキット化された。
ドワッジ、ドワッジ改
ドムのリファイン。リック・ドムの金型を流用。
リゲルグ
ゲルググのリファイン。『MSV』のゲルググキャノンのパーツを利用。
キュベレイMk-II、量産型キュベレイ
キュベレイのリファイン。キュベレイMk-IIは2000年に「HGUC」としてキット化される。量産型キュベレイは「MG」のキュベレイから改造するパーツが販売されたこともあったが、現在もマスプロ製品としてはキット化されていない。
シュツルム・ディアス
リック・ディアスのリファイン。2009年に「HGUC」としてキット化された。
ディザート・ザク
『MSV』ザク・デザートタイプのリファイン。
ザク・マリナー
設定上は『MSV』水中用ザクのリファインだが、デザインが通常のザクに近いためキットは高機動型ザクIIを流用している。
ガズR、ガズL→ガルバルディβのカスタムバージョン。
そのまま登場したMS
ザクII
ゲルググ
マサイ・ンガバが秘匿していた機体として登場。アフリカ解放戦線・青の部隊に所属する機体としても登場するが、こちらはレプリカである。
ザクI、ザクタンク、アッガイ、ズゴック、アッグガイ、ゾゴック、ゴッグ
スタンパ・ハロイ所有の機体。ただし、一部の機体ではコクピットがリニアシートに改装されているのが確認できる。
 
登場兵器
モビルスーツやモビルアーマーなど機動兵器に分類されるものは、宇宙世紀の登場機動兵器一覧#機動戦士ガンダムΖΖを参照。
それ以外のものについては、ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧#機動戦士ガンダムΖΖを参照。
 
スタッフ
企画:日本サンライズ
原案:矢立肇
原作・総監督:富野由悠季
キャラクターデザイン:北爪宏幸
美術:池田繁美
メカニカルデザイン:伸童舎、明貴美加(第12話以降)
メカニカルベースデザイン:小林誠、出渕裕
デザイン協力:安彦良和、大河原邦男、藤田一己
音楽:三枝成章
メカニカル作画監督:内田順久
撮影監督:斉藤秋男
音響監督:藤野貞義
音響制作:千田啓子
プロデューサー:神谷寿一、稲垣光繁、内田健二
協力:河本祥一、西中康弘、佐山善則
制作:名古屋テレビ、創通エージェンシー、日本サンライズ
 
主題歌・挿入歌
キングレコードより発売。
前期(第1話 - 第25話)
オープニングテーマ「アニメじゃない~夢を忘れた古い地球人よ~」
エンディングテーマ「時代が泣いている」
2曲ともに作詞:秋元康、作曲:芹澤廣明、編曲:鷺巣詩郎、唄:新井正人
後期(第26話 - 第47話)
オープニングテーマ「サイレント・ヴォイス」(作詞:売野雅勇)
エンディングテーマ「一千万年銀河」(作詞:井荻麟)
2曲ともに作曲:芹澤廣明、編曲:若草恵、唄:ひろえ純
前期はオープニング・エンディングとも従来の作品にはあった歌詞クレジット表示が廃止されたが、後期になって復活した。なお、前期OPは1話と9話でBGMとしてかかったことがある。後期エンディング「一千万年銀河」は、最終回ラストのジュドーとルーが木星へと旅立つ場面で2コーラス目が挿入歌として使用されている。
挿入歌
「Ζ・刻を越えて」(1話のみ)
原作詞・作曲:ニール・セダカ、日本語版作詞:井荻麟、編曲:渡辺博也、歌:鮎川麻弥
「星空のBelieve」(20話のみ)
原作詞・作曲:ニール・セダカ、フィリップ・コーディ、日本語版作詞:竜真知子、編曲:渡辺博也、歌:鮎川麻弥
 


【PR】

世の男性諸君、注目したまえ!!
君はコレを試した事があるか!?
ハマりすぎ注意!!中毒男子急増中!!↓
TE●GA専門店 卸業者直送だから最安値!!

実は女の子の97%が ●●●●しています!! 
それに●●●●は美容に良いって知ってました??
もう使い飽きた商品をこの機会に交換してみては??
女の子の●●●●専用店はコチラ
卸業者直送で個人情報は100%バレない!!





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム