ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■TVシリーズ > 機動戦士ガンダムSEED > 機動戦士ガンダムSEED 作品紹介

機動戦士ガンダムSEED 作品紹介




『機動戦士ガンダムSEED』(きどうせんしガンダムシード、MOBILE SUIT GUNDAM SEED)は日本のアニメ。「ガンダムシリーズ」の一つ。略称は「SEED(シード)」。平均視聴率は6.1%。
 
概要
毎日放送(MBS)制作により、TBS系列で2002年10月5日から2003年9月27日まで全50話が放送された。またMBS・TBSのみ2003年10月から2004年9月まで再放送された。2004年東京国際アニメフェアでアニメーションオブザイヤーとテレビ部門の優秀作品賞の2冠を受賞している。また、角川書店発行「月刊ニュータイプ」2006年9月号の「最新最強ベストアニメ100」では、続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と共に第1位に選ばれた。
本作はサンライズ第9スタジオが制作。「新しい世代に向けた、新たなスタンダードとなりうるガンダム」「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」「原点回帰」を目指して制作された。ガンダムシリーズでは初めてデジタル製作によるVTR映像のTVシリーズである。
タイトルの「SEED」には「種子」という意味に遺伝子操作のことも関連しており、または「発端」という意味も持っている。さらにこの内の「S」の文字には10体ものガンダムが登場することから「ガンダムズ」の意味も込められており、ガンダムシリーズとしては珍しく、主役機体名にタイトルが反映されていない。一方、初めて宇宙世紀を舞台にした作品以外でタイトルに「機動戦士」の冠語がつけられている他、次回作『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』が制作されたことで、宇宙世紀系以外で初めて続編がTVシリーズで制作された作品でもある。
過去の作品で複数のガンダムが敵軍・自軍に分かれて登場したのと同様、本作でも10機以上のガンダムが登場するが、本作の劇中では「ガンダム」という言葉を主人公キラ・ヤマト個人が自らの搭乗機に名付けたペットネームとして描いており、彼の搭乗した主役機であるストライクガンダムとフリーダムガンダムに対して「ガンダム」と呼称された以外では、この言葉を劇中で用いていない。
一部に性的・残虐な描写があり、ベッドシーンを匂わせるシーンについてBPOに一度回答を求められたことがある。 なお、従来のガンダム作品の版権管理は創通とサンライズが共同で管理されていたが、本作より制作局である毎日放送もそれに加わる形となった。しかし、2010年以降よりコピーライト表記から毎日放送が外れ、SEEDシリーズの版権管理は従来通り二社での管理に戻る形となった。
 
物語
コズミック・イラ(C.E)15年、万能の天才として世界中から注目されたジョージ・グレンが自分が遺伝子操作された人間であることを告白。同時に製造方法を公開したことで、世界中で遺伝子操作された新人類「コーディネイター」が誕生した。
各国で遺伝子操作は法律上禁止されたが、子に優れた能力を与えようとする親は減ることはなく、彼らは数を増やしていった。しかし、遺伝子操作されていない通常の人類「ナチュラル」は彼らの優れた能力に対し嫉妬・恐怖を抱き始めた。後にコーディネイター達は、スペースコロニーで政府「プラント」、軍隊「ザフト(Z.A.F.T.)」を組織した。
C.E.70、プラントと地球側との交渉の席で起こった爆破テロを切っ掛けに、「地球連合」はプラントに宣戦布告。農業用コロニー・ユニウスセブンに核が撃ち込まれ、24万名以上にも及ぶ死者が出た。プラントは核攻撃を封じるため、核分裂を抑止するニュートロンジャマー(NJ)を地球上に散布。しかし、核だけでなく、原子力発電も行えなくなったことによって地球上は深刻なエネルギー不足に陥り、飢餓や災害によって数億人の死者が出た。これにより双方の反感情はピークに達し、戦争は激化した。
NJの影響で通信やレーダーが使用不可能になったことで、既存の兵器は弱体化。物量で勝る連合の勝利で終わると予想されていた戦争は、プラントが開発した人型機動兵器モビルスーツ(MS)の登場によって拮抗。11ヶ月が経過した。
C.E.71、工学を専攻するコーディネイターの少年キラ・ヤマトは、中立国オーブの資源衛星ヘリオポリスで平和に暮らしていた。しかし、このコロニー内では連合による5機のMSの開発が極秘裏に行われており、それを知ったプラントはMS奪取のため部隊を送り込んできた。日常は一変しコロニーは戦場へと変わり果てた。キラは逃げ惑う内にMS工場へとたどり着き、ザフト部隊と鉢合わせしてしまう。そして部隊の中には幼少の頃別れた親友アスラン・ザラがいた。
思わぬ形で親友と再会したアスラン・ザラは、戸惑いながらもイージスを奪取。キラは居合わせた連合の士官マリューに促されるまま、残された機体ストライクに搭乗し脱出を図る。待ち構えていたザフトとの戦闘に巻き込まれるが、そのまま敵を撃破してしまう。
キラは無事脱出していた友人達と再会するが、戦闘はまだ続いていた。ストライクはキラにしか扱えないことから、マリューはコロニー脱出のため彼に出撃を要請、キラも友人達を守るため、否応なくストライクに搭乗するのだった。
 
作品のテーマ
監督の福田が公式HPのインタビューにおいて2004年9月25日付で語るところによれば、『ガンダムSEED』シリーズ第1作は、「キラとアスランを主人公に据えて『非戦』というテーマを描いた」とのことである。また同年12月10日、同インタビューで、2作目『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』についてエグゼクティブプロデューサーの竹田青滋も「前作から引き続き非戦ということを訴え続けるつもりである」と述べている。
加えて竹田は、「再選を果たしたアメリカ ブッシュ大統領がファルージャでの掃討作戦を展開し、ますます混迷を深めるイラク情勢」についても述べ、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を観ることで「視聴者が世界情勢を少しでも自分の身にひきつけて考えてもらえるようになれば」とも語っていた。
 
登場人物
地球連合軍/アークエンジェル
キラ・ヤマト (声 - 保志総一朗)
マリュー・ラミアス (声 - 三石琴乃)
ムウ・ラ・フラガ (声 - 子安武人)
ナタル・バジルール(声 - 桑島法子)
フレイ・アルスター(声 - 桑島法子)
サイ・アーガイル(声 - 白鳥哲)
ミリアリア・ハウ(声 - 豊口めぐみ)
プラント/ ザフト
アスラン・ザラ (声 - 石田彰)
ラクス・クライン (声 - 田中理恵)
アンドリュー・バルトフェルド (声 - 置鮎龍太郎)
ラウ・ル・クルーゼ(声 - 関俊彦)
イザーク・ジュール (声 - 関智一)
ディアッカ・エルスマン (声 - 笹沼晃)
ニコル・アマルフィ(声 - 摩味)
オーブ連合首長国
カガリ・ユラ・アスハ (声 - 進藤尚美)
ブルーコスモス
ムルタ・アズラエル(声 - 檜山修之)
 
スタッフ
原作 - 矢立肇、富野由悠季
監督 - 福田己津央
シリーズ構成 - 両澤千晶
キャラクターデザイン - 平井久司
メカニックデザイン - 大河原邦男、山根公利
チーフメカ作画監督 - 重田智
デザイン協力 - いのまたむつみ、宮武一貴(スタジオぬえ)、阿久津潤一(ビークラフト)、大河広行(シンクポート)、大日本技研
美術監督 - 池田繁美
カラーコーディネーター - 歌川律子、柴田亜紀子
撮影監督 - 葛山剛士
編集 - 森田清次
音楽 - 佐橋俊彦
音響監督 - 浦上靖夫
原画 - 中村プロダクション、アニメアール、スタジオ・ワンパック、スタジオ・マーク、スタジオライン、ラストハウス、葦プロダクション、スタジオダブ、ソウルダブ、スタジオ九魔、アリエル、朴プロダクション、イージーフィルム、スタジオ・ガッシュ、アニメTOROTORO、イーグルネスト、TASK、アニメハウス、スタジオムー、スタジオギムレット、アニメーション・プラネット、ネオックス
第二原画 - スタジオ・ワンパック、中村プロダクション、アニメワールド大阪、ウォンバット、スタジオ九魔、エムアイ、スタジオ・ガッシュ、スタジオギムレット、アゼータピクチャーズ、
動画 - M.S.J.、ハヤシ株式会社、アド・コスモ、アニメワールド大阪、スタジオライブ、アングル、ウォンバット、ダブルアール、プラム、中村プロダクション、スタジオ九魔、上海ダブ、スタジオダブ、F.A.I.、エムアイ、じゃんぐるじむ、アリエル、フリーウェル、スノーライトスタッフ、タツノコプロ、スタジオムー、アニメアール、スタジオライン、ヴェネット、Bee Train、カオスプロジェクト、シャフト、スタジオマーク、フロントライン、イマジン、エーライン、スタジオアド
デジタルペイント - エムアイ
デジタル特効 - 長谷川敏生(マリックス)
美術ボード - 丸山由紀子
背景 - アトリエ・ムサ、GREEN、風ANIME、ほわいとまっぷ、中央ムービーエンタテイメント、ECHO FILM
CGI - 永田武士(ユーフォーテーブル)、スタジオイプセ
撮影 - 旭プロダクション、スタジオイプセ
音響製作 - AUDIO PLANNING U
録音スタジオ - APU MEGURO STUDIO
音響効果 - 蔭山満(フィズサウンドクリエイション)
ビデオ編集 - 藤田哲郎(キュー・テック)
オンライン編集 - 宇都宮正記(森田編集室)
広報 - 安藤ひと実(毎日放送)、佐々木新、森田影啓(サンライズ)
プロデューサー - 竹田青滋(毎日放送)、古澤文邦(サンライズ)
制作協力 - ASATSU-DK(第1話のみ) → ADK(第2話以降)、創通エージェンシー
製作 - 毎日放送、サンライズ
 
主題歌・挿入歌
歌詞字幕:なし
オープニングテーマ
INVOKE -インヴォーク-(PHASE-01 - PHASE-13)
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - T.M.Revolution
moment(PHASE-14 - PHASE-26)
作詞 - Vivian or Kazuma / 作曲・編曲 - 土橋安騎夫 / 歌 - Vivian or Kazuma
ガンダムシリーズで初めて外国人歌手が歌ったオープニング曲でもある。
Believe(PHASE-27 - PHASE-40)
作詞 - 西尾佐栄子 / 作曲 - あおい吉勇 / 編曲 - 斉藤真也 / 歌 - 玉置成実
Realize(PHASE-41 - FINAL-PHASE)
作詞 - BOUNCEBACK / 作曲 - 大谷靖夫 / 編曲 - 荒井洋明、大谷靖夫 / 歌 - 玉置成実
 
エンディングテーマ
あんなに一緒だったのに(PHASE-01 - PHASE-26、スペシャルエディションI 虚空の戦場)
作詞 - 石川千亜紀 / 作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - See-Saw
2011年11月現在、『機動戦士ガンダムSEED』以降の毎日放送制作土曜夕方6時枠および後継の毎日放送制作日曜夕方5時枠の歴代アニメーション作品2クールにわたって使用された唯一の主題歌であり、ガンダムシリーズで2クール使用された最後の主題歌。
HDリマスター版では、ReTracks版が使用されている。
RIVER(PHASE-27 - PHASE-39)
作詞・作曲 - 石井竜也 / 編曲 - 渡辺善太郎 / 歌 - 石井竜也
FIND THE WAY(PHASE-40 - FINAL-PHASE、スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙)
作詞 - 中島美嘉 / 作曲 - Lori Fine (COLDFEET) / 編曲 - 島健 / 歌 - 中島美嘉
暁の車(スペシャルエディションII 遙かなる暁)
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - FictionJunction YUUKA
 
挿入歌
静かな夜に(PHASE-07、PHASE-08、PHASE-09、PHASE-14、AFTER-PHASE、スペシャルエディションI 虚空の戦場)
作詞 - 梶浦由記 / 作曲・編曲 - 佐橋俊彦 / 歌 - ラクス・クライン(田中理恵)
水の証(PHASE-36、PHASE-41、スペシャルエディションII 遥かなる暁)
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - ラクス・クライン(田中理恵)
Meteor -ミーティア-(PHASE-26、PHASE-29、PHASE-35、PHASE-47、スペシャルエディションII 遥かなる暁)
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - T.M.Revolution
暁の車(PHASE-24、PHASE-32、PHASE-40)
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - FictionJunction YUUKA
Zips(スペシャルエディションI 虚空の戦場)
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - T.M.Revolution
INVOKE -インヴォーク- (スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙)
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - T.M.Revolution
 


【PR】

世の男性諸君、注目したまえ!!
君はコレを試した事があるか!?
ハマりすぎ注意!!中毒男子急増中!!↓
TE●GA専門店 卸業者直送だから最安値!!

実は女の子の97%が ●●●●しています!! 
それに●●●●は美容に良いって知ってました??
もう使い飽きた商品をこの機会に交換してみては??
女の子の●●●●専用店はコチラ
卸業者直送で個人情報は100%バレない!!





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
あげまんJAPAN
6fKI62Xj
あげまんってホントにいるんだって!
俺にもツキが回ってくるかも!!
http://nD4r9042.agesage.me/nD4r9042/
[ 2012/06/07 06:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム