ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■映画 > 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア > 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 作品紹介

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 作品紹介




『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア、MOBILE SUIT GUNDAM Char's Counterattack)は、1988年3月に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。宇宙世紀(U.C.)の2人の主人公、アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の対決を描いている。英題の頭文字を取り「CCA」、また「逆シャア」などと略されることもある。
ガンダムシリーズのアニメ映画としては初めてテレビアニメの再編集ではない完全新作として制作され、主題歌にTM NETWORKを起用したことも話題となった。なお、サンライズアニメーション作品企画部が用いる共同ペンネーム「矢立肇」のクレジットは使用されていない。監督は富野由悠季。配給収入6億2千万円、観客動員数103万人。DVDは30万枚出荷。
 
物語
宇宙世紀0093年。先のグリプス戦役以降消息不明だった、元ジオン公国軍エース・パイロットで、ジオン共和国創始者ジオン・ズム・ダイクンの息子であるシャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)は、幾多の戦いを経ても旧態依然として地球から宇宙移民を統制し続ける地球連邦政府に対し、ネオ・ジオンを率いて反乱の狼煙を上げる。ネオ・ジオンは小惑星5thルナを地球連邦政府があるチベットのラサに衝突させようとする。かつてのシャアの宿敵・アムロ・レイらが所属する連邦軍の外郭部隊ロンド・ベルの奮闘も空しく、5thルナ落下を阻止することはかなわなかった。
ネオ・ジオンはアデナウアー・パラヤを始めとする地球政府高官と密かに裏取引を行い、スペースコロニー・ロンデニオンにて停戦交渉に合意する。停戦に安堵する地球連邦の思惑と裏腹に、シャアは取引によって得た小惑星アクシズを地球に衝突させるべく再び作戦を開始した。
合意が偽りであることを察していたロンド・ベルは核ミサイルを準備、やがてネオ・ジオンとの間で戦端が開かれる。アムロは自ら開発に加わった新型モビルスーツν(ニュー)ガンダムを駆り、アクシズを目指す。一方、アクシズを内部から爆破して軌道を逸らすロンド・ベルの作戦は成功するかに見えたが、アクシズの一部は既に地球の引力に捉われていた。巨大な岩塊が地球に落下しようとする中、アムロとシャアの最後の一騎打ちが始まる。
 
作品解説
本作は『機動戦士ガンダム』から14年後、宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争を描いている。一連のシリーズで因縁のライバル同士であったアムロとシャアの戦いにピリオドが打たれ、劇場版『機動戦士ガンダム』シリーズの完結編とされている。
『機動戦士Ζガンダム』で可変機構が組み入れられ、『機動戦士ガンダムΖΖ』では巨大化・大出力化が進んできたモビルスーツであるが、本作品ではシンプルな人型の機体が中心となっている。サイコミュ回路を金属粒子に封じ込めて機体のフレームに使うサイコフレームが登場し、ファンネルが、初めて主役機のνガンダムにも装備された。
メカニックデザインは、主役のνガンダムについてはΖガンダム、ΖΖガンダムと同様にコンペ形式で多数のデザイナーが参加、その中で鈴木雅久らが中心になって数多くのラフデザインを提出し、最終的に出渕裕がまとめている。ネオ・ジオン軍MS(モビルスーツ)は出渕裕がデザインしている。その他、戦艦のデザインをガイナックスが担当(ネオ・ジオン軍艦艇は庵野秀明、ロンド・ベル艦艇は増尾昭一)。
スペースコロニーのサイド1・ロンデニオンとスウィートウォーターの描写など一部の映像で、当時としては珍しいCG技術も使われた。CG制作は、トーヨーリンクスが担当している。
 
声の出演
アムロ・レイ(声:古谷徹)
シャア・アズナブル(声:池田秀一)
ブライト・ノア(声:鈴置洋孝)
ナナイ・ミゲル(声:榊原良子)
ミライ・ヤシマ(ミライ・ノア)(声:白石冬美)
クェス・パラヤ(クェス・エア)(声:川村万梨阿)
チェーン・アギ(声:弥生みつき)
ハサウェイ・ノア(声:佐々木望)
ギュネイ・ガス(声:山寺宏一)
レズン・シュナイダー(声:伊倉一恵)
ケーラ・スゥ(声:安達忍)
ララァ・スン(声:潘恵子)
アデナウアー・パラヤ(声:嶋俊介)
カムラン・ブルーム(声:村山明)
チェーミン・ノア(声:荘真由美)
オクトバー・サラン(声:牛山茂)
アストナージ・メドッソ(声:広森信吾)
カイザス・M・バイヤー(声:村松康雄)
ホルスト・ハーネス(声:池田勝)
メラン副艦長(声:石塚運昇)
ライル艦長(声:曽我部和恭)
トゥース(声:戸谷公次)
アンナ(声:丸尾知子)
 
登場機体
地球連邦軍
νガンダム
リ・ガズィ
ジェガン
ジムIII
ネオ・ジオン軍
サザビー
ギラ・ドーガ - 汎用機とレズン専用機
ヤクト・ドーガ - ギュネイ専用、クェス専用
α・アジール
ホビー・ハイザック
ハイ・ストリーマーにのみ登場する機体
地球連邦軍
ジェダ
エグム
カブール・ベルグソン2式 - ゼダ・マンディラが乗る黒いゲリラ戦用モビルスーツ。
ザクに酷似した機体 - 民間用のホビーのザクを改造したもの。
 
スタッフ
企画・製作:サンライズ
企画:山浦栄二
製作:伊藤昌典
原作・脚本・監督:富野由悠季
原案:矢立肇:富野由悠季
キャラクターデザイン:北爪宏幸
モビルスーツデザイン:出渕裕
メカニカルデザイン:ガイナックス、佐山善則
デザイン協力:大畑晃一
作画監督:稲野義信、北爪宏幸、山田きさらか、大森英敏、小田川幹雄、仙波隆綱
作画監督補:恩田尚之、中沢数宣、重田亜津史、小林利充
音楽:三枝成章
撮影監督:古林一太、奥井敦
美術監督:池田繁美
編集:布施由美子
音響監督:藤野貞義
演出補:川瀬敏文、高松信司
プロデューサー:内田健二
製作協力:松竹、創通エージェンシー、名古屋テレビ放送、バンダイ
原画 :小林利充 梅津泰臣 吉田徹 所ともかず 上野けん 菅沼栄治 千明孝一 内田順久 大平晋也 川元利浩 木下ゆうき 北久保弘之 他 
 
主題歌
主題歌「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」
作詞:小室みつ子 作曲・編曲:小室哲哉 唄:TM NETWORK (EPIC・ソニー)
 
補足
本作公開直前に、特別番組が放送された。この特番には、監督の富野由悠季の他、アムロ役の古谷徹、シャア役の池田秀一、クェス役の川村万梨阿に加え、シャアのファンである富田靖子が出演し、番組内で彼女が富野から本作でシャアが着用しているネオ・ジオンの制服をプレゼントされたことが、本作のパンフレットに写真入りで記載された。また、富野は番組の最後で「この作品は35歳以上の方に、特に男性の方に見てもらいたい」と視聴者に向けたメッセージを送っていた。
『逆襲のシャア』というタイトルは、1984年頃に『機動戦士ガンダム』の続編小説企画のタイトルとして一般に告知されたものであった。だが翌年に『機動戦士Ζガンダム』製作が決定したことで、同企画も番組の小説版として『機動戦士Ζガンダム』に改題された経緯がある。また、小説『ガイア・ギア』の連載前予告タイトルは『機動戦士ガイア・ギア 逆襲のシャア』であった(連載後は変更されている)。
公開時のキャッチコピーは「宇宙世紀0093 君はいま、終局の涙を見る…」。
クライマックスで、地球に落下しようとしている小惑星アクシズをνガンダムを始めとするモビルスーツが下側から減速して押し返そうと試みる場面があるが、物理学的には有効な手段ではない。衛星軌道からの落下を防ごうとするならば、後方から斜め上に力を加えて宇宙速度以上に加速する必要がある。
 


【PR】

世の男性諸君、注目したまえ!!
君はコレを試した事があるか!?
ハマりすぎ注意!!中毒男子急増中!!↓
TE●GA専門店 卸業者直送だから最安値!!

実は女の子の97%が ●●●●しています!! 
それに●●●●は美容に良いって知ってました??
もう使い飽きた商品をこの機会に交換してみては??
女の子の●●●●専用店はコチラ
卸業者直送で個人情報は100%バレない!!





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム