ガンダムシリーズBLOG|ガンダム情報のブログ。作品・商品・出版・イベントなど、ガンダムに関する情報を完全網羅! TOP > ■映画 > 機動戦士ガンダムF91 > 機動戦士ガンダムF91 作品紹介

機動戦士ガンダムF91 作品紹介




『機動戦士ガンダムF91』(きどうせんしガンダムエフきゅうじゅういち、MOBILE SUIT GUNDAM Formula 91)は1991年3月に劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。略称は「F91」。配給収入2億7千万円。同時上映は『武者・騎士・コマンド SDガンダム緊急出撃』。前売り券には『機動戦士ガンダム0083』第1話ビデオが付属したセットもあった。
 
物語
『機動戦士ガンダム』の時代から40年以上、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の時代からは約30年経った宇宙世紀0123年が舞台である。大きな戦乱も無く平和な世界、人類はその大半が地球から月までの軌道に設置されたスペースコロニーに移住し、地球連邦政府という国家の枠組みを超えた全地球規模の組織に統治されていた。
しかし、長引く平和の間に地球連邦政府は再び腐敗しており、これに対しマイッツァー・ロナは「人の上に立つべき者は、人々の規範となるような高貴な精神を持つ者でなければならない」とする思想「コスモ貴族主義」を掲げ、地球連邦政府の打倒と理想とする貴族主義社会の実現のために、秘密裏に軍事組織 クロスボーン・バンガード(C・V)を設立していた。
宇宙世紀0123年3月、一族の鉄仮面、ドレル・ロナに率いられた部隊は、スペースコロニー「フロンティアIV」を急襲する。 街を覆う戦火と混乱と容赦ない死の中で、民間人の少年 シーブック・アノーは襲撃から避難するために、友人達とともにコロニーを脱出するが、同行していた内の一人 セシリー・フェアチャイルドはC・Vに連れ去られてしまう。セシリーの素顔はマイッツァーの生き別れの孫娘ベラ・ロナだった。
シーブック達は近隣のコロニー「フロンティアI」に辿り着き、地球連邦軍の宇宙練習艦スペース・アークに保護される。艦内にはF91と名付けられた整備中のMS(モビルスーツ)があった。
一方、C・Vに占領されたフロンティアIVではコスモ貴族主義の実現のための国家「コスモ・バビロニア」の建国が宣言され、セシリーはコスモ・バビロニアの象徴として祭り上げられることになる。
そして、F91に乗って反攻するシーブックと、専用MSビギナ・ギナを与えられたセシリーは、戦場で対峙する。
 
作品解説
元々はTVシリーズの企画であり、『機動戦士ガンダム』の劇場公開10周年に合わせて、そのTVシリーズ用の構想の1クール分にあたるストーリーを劇場用に映像化したものが本作である。時代設定は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の30年後であり、それまでのシリーズに登場した人物は登場しない。
本作の公開当時まで、映像化されたガンダムは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でストップしており、ガンダムブランドは当時映像化されていたSDガンダムで守られていた時期で、新たな時代と人物による新シリーズの立ち上げを目指して製作された。前作のシャアとアムロの対決で、「ニュータイプ」に関しては一応のけりがついたとされ、作品発表に際し本作の物語の主題は「家族論」であると富野は述べた。
『機動戦士ガンダム』を手がけ、富野由悠季とともに『ガンダム』の象徴的存在とも言える安彦良和、大河原邦男の両名が久々に参加している。安彦は『ガンダム』以後の作品ではキャラクターデザインでしか参加していなかったが、「最初の『ガンダム』のように話作りにも参加させてくれるのなら」という条件付きで参加した。しかし、結局はストーリー作りへの参加は実現しなかった。彼は『F91』のアニメーション用アレンジやノーマルスーツのデザイン、それらのカラーリングなども行った。大河原は『ΖΖ』以来の参加で、作品中に登場するすべてのMSをデザインした。『ガンダム』以来久々に富野との話し合いにより作られたMSは、従来から大きく変わったことにより賛否が分かれた。大河原は通常作画の手間を考えて線を少なくすることに注意しているが本作のメカデザインは劇場作であるため、「目一杯線を増やしていい」というサンライズ側の要望があった。
本作に登場するMSの特徴として、従来より小型化していることがあげられる。『逆襲のシャア』までのMSは大型化しており、初代ガンダムの頭頂高は約18mだったのに対し、νガンダムは22mに達している。ところが本作のMSは約15m程度と大幅に小型化しており、富野は「一番大きな理由としては、模型にした時に、同スケールで縮めた人間のモデルとからめやすい、ジオラマなどの情景が組みやすいという点にあります」と『聖戦士ダンバイン』のロボットが小型化されたのとほぼ同様の理由を述べている。富野自身は10m以下のサイズまで小型化したかったが、結局商品展開の都合で15m程度に収まった。
設定上ではMSが大型、肥大化したことによる運用面での不備が出てきたことによるコストダウンのためとされている。現実の理由も同様で、プラモデルなど商品化した際のコストダウンが目的である。実際は、従来のスタンダードである1/144スケールサイズに「1/100」の看板が付いたに過ぎず、ボールジョイント型ポリキャップや色プラ技術、二重関節等の本格導入もあり、スタンダードスケールとしての価格はむしろ高騰している。この設定は従来のファンから受け入れられず、特に模型ファンからの不満の声が多かったため、『機動武闘伝Gガンダム』以降は再び大型化を始め、富野が監督を務めた『∀ガンダム』や、宇宙世紀の最も未来を描いた『G-SAVIOUR』も含め再び18m前後のサイズに戻っている。
難解だった前作『逆襲のシャア』に対し、富野によると本作は「解りやすさ」に重点を置いている。主人公も解りやすいヒーローになり、物語もハッピーエンドになった。『逆襲のシャア』ではニュータイプ論がテーマだったが、本作は「家族の問題」という非常に身近なテーマになっており、新世代の観客には解りやすくなっている。この結果、富野は本作を「ストーリー的には成功」としている。そのため前半はわかりやすく親しみやすくなっているが、終盤は『逆襲のシャア』と同じく戦況は混乱し、ぽっと出の固有名を一瞬しゃべらせるだけで場面の説明をするなど、畳みかけるような難解さと安易さというガンダム劇場版の伝統は受け継がれている。
本作に登場する円盤型の殺人兵器であるバグは「同じ大量殺戮でも、(『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』で使用した)毒ガスより直接的な痛みを感じさせるものが欲しい」という、監督の演出意図に沿って用意された。これは当時、富野が「子供が生のリアルさを失いつつあるのではないか」という強い懸念を持っていたことと関連しており、続いて監督したTVシリーズ『機動戦士Vガンダム』ではさらにエスカレート、生理的嫌悪感を伴う残虐な死の描写を、本来の視聴者である子供に容赦なく突き付けた(しかしそれらの「痛い」演出は視聴者から受け入れられず、以降の作品ではふたたび抑えられている)。
企画書に「F91の続編は絶対に制作します」と記されていたが、企画されていたはずのTVシリーズは制作されなかった。本作のその後は富野原作による漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』である程度描かれている。
劇場公開後、本編フィルム全8ロール中1から6ロールの一部カット修正、7・8ロールに約5分の新作カットを追加して再編集および音声の再ダビングしたディレクターズカット版『機動戦士ガンダムF91 完全版』がビデオ販売された。後に発売されたDVD版では『劇場公開版』と『完全版』の両方が収録されている。なお、DVD版『劇場公開版』は、1から6ロールが『完全版』であり、厳密な意味で『劇場公開版』と同内容のDVDは存在しない。
サンライズの劇場用アニメとしては初めてビスタサイズの動画用紙で作画された作品である。これ以前のサンライズの劇場用アニメはすべて通常サイズの動画用紙の上下を切ってビスタサイズの縦横比に合わせたいわゆる「貧乏ビスタ」で作画されている。
本作以後もガンダム作品の映画は多く製作されたが、これらはテレビシリーズやOVA作品の再編集によるものであり、完全新作のガンダム映画は2010年公開の『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』まで作られなかった。
 
登場人物
シーブック・アノー (声:辻谷耕史)
セシリー・フェアチャイルド(ベラ・ロナ) (声:冬馬由美)
リィズ・アノー (声:池本小百合)
レズリー・アノー (声:寺島幹夫)
モニカ・アノー (声:荘司美代子)
マイッツァー・ロナ (声:高杉哲平)
カロッゾ・ロナ(鉄仮面) (声:前田昌明)
ナディア・ロナ (声:坪井章子)
ドレル・ロナ (声:草尾毅)
シオ・フェアチャイルド (声:大木民夫)
ジレ・クリューガー大佐 (声:小林清志)
ザビーネ・シャル (声:梁田清之)
コズモ・エーゲス(コズミック) (声:渡部猛)
バルド中尉 (声:若本規夫)
ドワイト・カムリ (声:子安武人)
サム・エルグ (声:高戸靖広)
アズマ (声:西村智博)
アーサー・ユング (声:松野太紀)
ドロシー・ムーア (声:折笠愛)
ベルトー・ロドリゲス (声:伊倉一恵)
リア・マリーバ (声:小林優子)
コチュン・ハイン (声:吉田古奈美)
ミンミ・エディット (声:千原江理子)
エルム夫人 (声:峰あつ子)
ロイ・ユング (声:大木民夫)
レアリー・エドベリ艦長代行 (声:横尾まり)
マヌエラ・パノパ (声:鈴木みえ)
ケーン・ソン (声:佐藤浩之)
ジェシカ・ングロ (声:天野由梨)
ナント・ルース (声:大友龍三郎)
グルス・エラス (声:竹村拓)
ビルギット・ピリヨ (声:塩屋翼)
アンナマリー・ブルージュ (声:神代知衣)
クリス (声:遠藤章史)
ローバー (声:田口昂)
ナーイ (声:上村典子)
ボブルス (声:稲葉実)
ストアスト長官 (声:池田勝)
 
スタッフ
原案:矢立肇
原作・監督:富野由悠季
脚本:伊東恒久、富野由悠季
演出:杉島邦久
レイアウト:北原健雄
美術:池田繁美
撮影:奥井敦
編集:布施由美子、野尻由紀子、安藤洋子
編集協力:森田編集室
作画監督:北原健雄、村瀬修功、小林利充
音楽:門倉聡
音響:藤野貞義
キャラクターデザイン:安彦良和
メカニカルデザイン:大河原邦男
設定協力:西野公平
デザイン協力:石垣純哉
ディテールサポート:中沢数宣(RED)
プロデューサー:中川宏徳
企画・製作:サンライズ
製作:山浦栄二
制作委員会
松竹:奥山和由 創通エージェンシー:那須雄治
名古屋テレビ:木谷忠 バンダイ:山科誠
サンライズ:伊藤昌憲
 
主題歌
テーマ曲「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」
作詞:西脇唯/作曲:西脇唯・緒里原洋子/編曲:門倉聡 唄:森口博子
イメージ曲「君を見つめて -The time I'm seeing you-」
作詞:井荻麟・茂村泰彦/作曲:茂村泰彦/編曲:門倉聡/唄:森口博子
元々は「君を見つめて」がテーマ曲で「ETERNAL WIND」は挿入歌の予定だったが、富野由悠季の意向により変更され、「ETERNAL WIND」は挿入歌としても使用されたままテーマ曲となり、「君を見つめて」はイメージソングという扱いとなった。プロモーションフィルムでは「君を見つめて」が使用されている。森口はデビュー曲である『Ζ』後期主題歌「水の星へ愛をこめて」以来のガンダム主題歌になる。この曲は森口にとって、自身最大のヒット曲となり、『紅白歌合戦』の初出演も果たした。
また、公開当時にはそれぞれの曲を使用した数種類のCMが放映されていた。
 


【PR】

世の男性諸君、注目したまえ!!
君はコレを試した事があるか!?
ハマりすぎ注意!!中毒男子急増中!!↓
TE●GA専門店 卸業者直送だから最安値!!

実は女の子の97%が ●●●●しています!! 
それに●●●●は美容に良いって知ってました??
もう使い飽きた商品をこの機会に交換してみては??
女の子の●●●●専用店はコチラ
卸業者直送で個人情報は100%バレない!!





にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ




Powered by RSSリスティング

★ガンダム最新情報はコチラ


Buzzurlに追加Choixに追加Facebookに追加Googleブックマークに追加はてなブックマークに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加Twitterに追加Yahooブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
人気記事ランキング
ガンダム
外部リンク

婚活・恋活の情報サイト

芸能ニュース、芸能人スキャンダル、熱愛報道、有名人

チャットレディーのひとりごとブログ

エンタメスクープ 芸能エンタメスクープ 裏 情報

人気のドライブデートスポット、周辺施設の紹介。

被リンク増やす君
検索フォーム
カウンター
全記事表示リンク


ガンダム